YouTube

YouTubeを安全に使うためにも徹底的に解説します。

更新日

OpenClipart-Vectors / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

 

最近 YouTube 界隈でアカウント停止が特出していますがあなたはネットビジネスとして YouTube を使っていますか。ネットビジネスとしての YouTube であれば問題はありませんが最近の YouTube は非常に厳しくなってきています。ヘイトスピーチをはじめとする不愉快なコンテンツはどんどんと削除されていますし物申す系ユーチューバーのどんどんと淘汰されているでしょう。

このような時に気を付けなければいけないのは言った言わないの水掛け論に巻き込まれることです。こういったことになってしまうとあなたのアカウントまでは最悪停止になってしまい何のために YouTube をやっていたのかの手が問われてきます。私はこのようなことになってほしくないためにあなたに事前に言っておきたいのはこのような連中とは絶対に関わるなということです。

なぜこのような連中と関わってはいけないのかそのことについて具体的にお話ししていきますがあなたのアカウントを守るためにも今回は徹底的に書きたいと思いますのでぜひ最後まで読んであなたのアカウントを守っていただきたいと思います。

 

関わってはいけない理由その1 あなたもアンチにターゲットをされる

 

 

物申す系ユーチューバーの動画のことに関わってしまうとあなたもそのアンチにターゲットにされることでしょう。昨日は大物ユーチューバーがアカウント停止になってしまったということで色々なユーチューバーが動画解説をしていましたが私にとってはどうでもいい話です。やはりヒカルが絡んでいたということも問題だったと思いますし個人的にはアンチにターゲットにされたのでしょう。

このケースで考えられる点はあなたが余計なことに首を突っ込むということです。普通に動画を投稿していれば YouTube は消して削除することはありませんがあなたがアンチに向かって自分が目立ちたいという理由だけで動画を投稿しているとアンチはあなたの方向へ必ず攻撃をしてきます。アンチはそもそもルール違反を平気で犯してもいい連中としか思っていません。個人的に言うならばアンチが何をしようとあなたを潰しに来ることしか考えていませんので私自身はアンチのターゲットにだけはされないようにとネットビジネスに関する動画をどんどんと発信しています。

ですからこのような物申す系ユーチューバーなどとか変わってしまうとあなたもターゲットにされてしまうというのは言うまでもなく逆にアンチに嫌がらせを受けたりするケースはあるとは思います。物申す系ユーチューバーの大半はチャンネル登録者と総再生回数が常に多いので言える数の論理だけで何でも偉そうにしているケースがあります。ですからこのような連中とはまず関わらないことが私は重要だと思っています。

 

関わってはいけないケースその2 不快な動画を作らない

 

 

これは先ほどの続きにもなりますが不快な動画を作れば必ずアンチはできてきます。アンチを増やす原因はあなたにもあります。ですから不快な動画を作るということはあなたにもアンチが必ずついてくるということです。どんなに真面目な動画を作ってもアンチができる場合は仕方がありませんがそれはあなたの価値観がよっぽど気に入らない人間でしょうし私自身も低評価をつけたがる人間が非常に多いのでそれらは無視しています。

あなたが動画上で言いたいことはよくわかりますがまず言わないことが大事です。他のユーチューバーのように YouTube というプラットフォームをどのように使うかによって天国と地獄を見るというのは言うまでもなく YouTube は確実に規制を強化しているのは言うまでもありません。不快な動画を作って誰が楽しいんでしょうか。私は楽しくありませんし自分の情報発信することに集中しておけば必ずいいことは起きます。 YouTube というプラットフォームは確かに理不尽でしょう。しかしそのプラットフォームを使っているあなたも利用規約そしてコミュニティガイドラインを守らなければいけないという義務があります。この二つを守れないのであればユーチューブを止めていただくっていうのがそもそものルールではないでしょうか。

私は YouTube のサポーターもあまりあてにならないので自分のことは自分で守るということが一番重要だと思っています自責思考のに常に持てと言っているのは不快な動画を作れば自分に跳ね返ってくるということをこのブログで知ってほしいのです。つまりどういうことかと言えば人から感謝される動画を作るということが重要なのです。

 

 

 

人に感謝される動画を作れるか

 

 

私は常々人に感謝をされる動画を作れるかどうかを YouTube でお話ししていますが人に感謝される動画を作れるということはあなたに恩恵をもたらすということは言うまでもありませんが今のユーチューバーは人に感謝されない動画を作ってただ楽しんでるというよりも報酬目当てで誰かを傷つけてお金を儲けているような人間達です。それって仕事と言えるでしょうか。ビジネスと言えるでしょうか。

ビジネスとは言えませんね。それがビジネスと言えるのであれば物申す系ユーチューバーはみんな街角で言いたいことを言って被害者から訴えられることでしょう。ネットの世界だからこそこのような当たり前のことができないような連中が増えているということなんです。 YouTube を使う以上はビジネスで使うのであれば問題はないはずなのになぜ彼らは人に感謝される動画は作れる人に不愉快な動画を作り続けるのでしょうか。この一点を考えるだけでもあなたが今まで作ってきた動画は不愉快な動画だったとしても次の一本からは感謝される動画を作ることでしょう。

このような感謝されない動画をいくら量産したところで YouTube はアカウントをバッサリと削除します。そこに正義はありませんし日本の法律云々かんぬんではないです。 YouTube が決めたルールの中で従ってそれに従えないものはアカウント停止ですよという話なので我々はそれに従うしかありません。ですから大事なことは何か YouTube の利用規約そしてコミュニティガイドラインを守る以外ないのです。

今ユーチューバーの大半がこのコミュニティガイドラインを守れない連中ばかりがいるので結局のところはアカウント停止になったら騒ぐこの程度のレベルの人間ばかりがいるんです。はっきり言って目障りです。

 

YouTube サポーターは果たして役に立つのか

 

 

YouTube サポーターの人たちは本当に役に立つのかそれは私自身も分かりませんが少なくとも YouTube のために働いていると言っても過言ではないので個人的には別に何も言うつもりはありませんが、 YouTube を健全化していこうというのであれば別にそれはそれでいいと思います。ただヘイトスピーチだけではなく違法アップロードの動画もありますしすべてを健全化しようと思えば大変だと思います。やはり 最終的に決めるのは Google 本社ですが YouTube はあくまでも Google の傘下会社ですので Google の方針に従わなければいけません。

今後はまた利用規約やコミュニティガイドラインが厳しくなるということは十分考えられるでしょう。しかしこれを引き起こしたのはユーチューバーでありユーチューバーがきちんと利用規約を守ったりコミュニティガイドラインさえ守れば別に問題はないのです。確かに収益化のためにユーチューバーになるというのはどこか問題があったのかもしれませんが私は収益化すること自体は悪くないと思っています。ただし手段と目的を履き違えてしまうと必ず痛いしっぺ返しを食らうということは言うまでもないですが忘れないで欲しいと思います。

 

本日のまとめです

 

 

YouTube を安全に使うためにはこういった馬鹿連中と関わらないことが大事です。つまりどういうことかと言えば私自身はネットビジネス関係の動画を発信していますが余計なことに関わってしまうとアンチがついてしまうということは事実ですし正直言うならばこういったアンチに1度巻き込まれてしまえばあなたもアウトです。以下の3点に気をつけていただければ YouTube のアカウント停止にはならないと思います。

1 余計なことに関わらない
2 あなたのチャンネルの情報発信をする
3 人に感謝される動画を作る

この3点をしっかりと押さえて動画を作っていけば仮にあなたのチャンネルのアンチがいたとしてもそれほどダメージはないと思います。一過性なので気にするほどでもないですか、物申す系ユーチューバーのアンチは非常に質が悪いのでとにかく関わらないことが大事です。是非覚えておいてください

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です