リセールライト

リセールライト初心者でもわかり易く説明

更新日

MichaelGaida / Pixabay

 

リセールライトビジネス御書初心者でも分かりやすく言うのならば情報商材を加工して
再販売できるということでしょう。リセールライトと付いていますので当然ですが普通
の情報販売とは違い権利ビジネスになりますのでやはり権利関係が絡んでくるというの
が一番大きいかもしれません。

しかし一度購入したリセールライト商品を違う形でカスタマイズすれば全く違った意味
であなたのオリジナル商品になるでしょう。日本ではリセールライトビジネスと言うと
どこか偏見を持たれてるかもしれません。しかしリセールライトビジネスは立派なビジ
ネスなので多くの競合するリセラーよりもどのようにして稼ぐかということがポイント
になってきます。

 

ライセンスを理解する

 

リセールライトには大きく分けていつつのライセンスがありますがこれは私の公式サイト
にも書いてありますのでそちらをご参照いただければわかります。このリセールライトラ
イセンスをしっかりと理解しないとまずは何も始まらないのでどのようなメリットデメリ
ットがあるかそして自分にどのような活用方法があるかということをしっかり理解しましょう。

ライセンスビジネスとはいえやることは同じです。要するに情報商材の販売ですからそこに
リセールライトというライセンスがあるだけでその人も購入すれば再販売できるというメリ
ットがあるので普通の情報販売者とは明らかに違うということなのです。

 

リセールライト商品から新しい商品を作り込む

 

リセールライト商品をたくさん持っている場合、そこから新しい商品の開発というものを
考えてもいいと思います。例えば時代にそぐわないリセールライト商品がある場合少し考
え方を変えれば色々なリセールライト商品に生まれ変わるのです。ですから個人的な意見
で言えばリセールライト商品を作るためにはまず大切なことは何か、それは顧客の視点に
立ってどのような商品が作れるかということではないでしょうか。

顧客が常に求めているリセールライト商品を作り込むということは非常に大変ですがやはり
そこにはきちんとしたリセールライト商品を作り上げていくと言う職人が滝のようなこと
も大切ですね。

 

プライベートラベルライトは大きな戦力になる

 

プライベートラベルライト商品に関してはまだまだ理解されない点が多いですが簡単に言
うならばその商品を編集できるという権利です。 プライベートラベルライト商品を PDF 形式
に変換して自己利用限定で販売することも出来ますし他にもブログやメルマガのコンテンツ
として使うこともできます。また著者としてなのれるというメリットもありますので著作権
は名乗れませんが著者として名乗ることができるというところが非常にメリットかもしれませんね。

このプライベートラベルライト商品がいかに戦力になるかということはまたこれから書いてい
くと思いますが記事を分割して使えば結構楽なので私自身はプライベートラベルライト商品を
色々な活用方法として使っています。

 

他のリセラーに負けない度肝を抜いたマーケティング手法

 

リセールライトをやるということはあなたの他にも同業他社がいるということなのです。
つまりあなた自身も同じことをやっているリセラーに対してどのようにしてマーケティング
を組みそして稼いでいくかということを考えないといけません。簡単には稼げないとは思い
ますが非常にここは難しいところですね。でも基本的に大事なことは何かと言えばしっかり
としたマーケティングをできる環境にあるかどうかです。

圧倒的な得点で勝負するのかそれとも地道にコツコツとリストを集める方法なのかそれは
私自身も分かりませんが色々なやり方を模索していくこれこそが一番重要ではないかと思
います。

 

リセールライトに関する相談に乗っていますリセールライトでわからないという方がいれ
ばお気軽に相談に乗りますのでこちらのフォームに必要事項をか書いていただき送信してください。
3日以内には回答させていただきます。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です