ブログ

ブログが書けない、そんなときどうしたか

更新日

ブログが書けない、そんなときどうしたか

 

こんばんは植田雅俊です。

ブログが書けない私はこのようなことはよくありますが昨日もさすがにブログが書けませんでした。こういったことはよくあります。ブログ記事が時々書けない時ほど無理に書こうとして頭に一旦パソコンから離れるというのが一番いい方法だと思います。

ほとんどの人は無理に書こうとしますがあれは本当に間違っているやり方です。私は完璧でなくてもいいと思っていますし毎日更新できるという風になるとは限っていません。個人的に言うならば毎日更新できるのがベストですがやはり毎日更新できない日もあります。ただ自分自身のやり方が間違っていたのかなという風に思うのならばブログの更新方法を考えネタ探しももっと考えるべきでしょう。

 

シンプルなネタから始める

 

昨日も書きましたがブログのネタは何もネットビジネス関係だけではないです。私は普段の生活の中でも役に立つ情報というのは常に書いていますがさすがに昨日はかけませんでした。人間というのは完璧を求めると止まってしまうという風に言われていますがまさにその通りでした。完璧を求めるのではなく一旦パソコンから離れてどのようにすればいい情報が書けるかということを考えるこれも必要だなという風に思いました。

常に学習をしていく私はそのようにずっと考えるそして実行するということが必要だという風に思っています。完璧な記事を書けと言っても絶対に書けないのは当たり前です。電子書籍が出せない人に共通する点は完璧なものを出そうというふうに考えているからでしょう。記事が書けるようになれば電子書籍は自然に出せます。またブログも楽しくなってくるでしょう。そのためにはシンプルなネタが一番いいのです。

 

角度を変えてみる

 

角度を変えてみるというのはひとつのネタを二つ三つという風に記事ネタの角度をどんどんと書いていけばまた違った記事ができるでしょう。例えばラーメンというキーワードで記事を書くとします、そうするとラーメンの他に何のキーワードが出てくるでしょうか。

地名

ラーメンの中に入っている具

頑固おやじ

こだわりのラーメン

種類

などなどこれらを記事にするということはとても大切なことですしやろうと思えばできます。実際に食べてみるのが一番いいですがインスタントラーメンでも別にいいと思います。私の場合だとサッポロ一番の醤油味が一番好きなので醤油味の何が良かったかということをたまにデビューしようかなという風に思いますが角度を変えてみるとこのように記事ネタというのはたくさん出てきます。ですのでネットビジネスばかりの記事を書いているとどこかどん詰まりしてしまう可能性があるのは間違いありません。

 

アドセンスをおすすめしない理由

 

ブログのアドセンスおすすめしない理由の一つが書く事を結構制限されてしまうことです。私もアドセンスをやろうとしていましたが規約がものすごく複雑で何を書いてはいけないのか正直わからない部分もありますしブラックボックス的な部分もあるので個人的にはやはりアドセンスはお勧めはしません。

それに最近のアドセンスは非常に厳しくなっていると言われていますしかなり落とされている人が多いそうです。中には審査に7回も落とされたという人もいるそうですが アドセンスはそんなに厳しいんでしょうか。私はおそらくアドセンスはやらないほうがいいとおもいますしアカウント停止になってしまっては意味がないので結局のところはやめた方がいいのではないかという風に思います。やるならば YouTube でいいのではないかという風に思っています

このように記事ネタというのは自分の角度を考えればいくらでも出てきます。そして無理に書こうとせずに人に役に立つ情報であればそれでいいと思います。何のネタでも役に立てばそれでいいので無理にかっこいい記事を書いて目立とうという風にするとぼんくらセミナーのようなことになってしまいますのでアドセンスはお勧めはしませんがあなたがブログを継続するのであれば簡単な記事ネタの探し方としてはあなたの身の回りのものでネタになるものがあればすべて記事に書いてください。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です