ブログを毎日書き続ける事

ブログを毎日書き続ける事

 

こんばんは植田雅俊です。

ブログを毎日あなたは書いていますか。もしあなたがブログを毎日書いているのにやればそれは素晴らしいことです。ほとんどの人はブログを毎日更新するということはさすがにできませんし生活環境も全く違いますのでそうはいかないとは思いますがブログを毎日更新するこれはアフィリエイトで成功するための最低条件だという風に思っています。なぜ私がブログを毎日更新するのかといえばアフィリエイトで継続するということを言う人に限ってブログで継続するとは言いませんよね。

ブログを使ってアフィリエイトするのであればブログを更新し続けなければいけません。つまり土台の部分を言わずにアフィリエイトで継続しましょうなんて言っても私から見れば説得力のない言葉だという風に思います。「ブログで夢を叶える」という電子書籍を出した私自身ですがこの中でも書いたのはブログを書き続けることによってあなたの夢が叶うつまり仕事を獲得できるというような感じで書きました。ブログを書き続けるというのは非常に大変ですしネタ切れをすることは間違いないです。そんな中でも私がやっている方法を教えたいと思います。

 

記事ネタというのは何もアフィリエイト以外のものでもいい

 

よくセミナーに言って聞かれる言葉がこうでしょう。

「アフィリエイト以外の記事を書くな」

雑記ブログは作るな」

などなど言われることは色々とありますがここでひとつ言えることがあります。私は記事ネタというのは常に情報発信のためにやっているので役に立つ記事があれば書いています。セミナーなどでよく言われるのはアフィリエイトと関係のないことを書くなという風に言われますがそれは論外です。確かにアフィリエイトと関係のないことを書くと駄目だという風にこれまで私も思っていましたが全くはそれは違っています。そんなものは全く関係ありません。

逆に言うのであればアフィリエイトと関係ない記事でも人にとって役に立つ情報であればそれはそれで結構良いのではないかなという風に思います。つまり役に立つ情報であればアフィリエイトだろうと何だろうと私は別にどちらでもいいのではないかなという風に思っています。役に立つ情報はどこでも転がっていますし個人的にはアフィリエイト以外のことを書くなというセミナーのアホさ加減がどうしても理解できないというところがあります

なぜこんなことを教えているのだろうかという風に思うとその人たちの考えというのはおそらくアフィリエイト以外の記事を書くなというような感じでしょうか。ビジネスに関係のない記事ということはハードルを高くしているようなものであり私自身も本当に書けなかったときがありました。それであれば役に立つような記事を書けばいいだけの話なのです。人が最も知りたい記事とは何か役に立つ情報とは何かを自分で調べて自分で書くこれが常套句です。

 

私のブログはアフィリエイト以外のことももちろん書きます

 

私のブログはネットビジネスに関することしか書かないとはいっても役に立つ情報とかを書いていけばいいのではないかと思って最近はコメント欄をよく見てやはりもっとわかりやすい情報の方がいいのではないかという風に自分自身が今まで経験したことに加えて社会で役に立つ情報はないかという風に探して色々と情報発信をしています。このようなことはアフィリエイトとは全く関係ないではないかと言われるかもしれませんが私はそんなことはないと思っています。本当にアフィリエイトと関係ないんであれば別に書く必要はないのです。

私は自分の経験してきたことを書いていますがそれはその人の捉え方であり役に立ったら人もいれば役に立たなかったという人もいるので全員が全員役に立つということではないと思っています。ただし書いて間違いはなかったという風に自分は思っているので何が役に立つのかどの記事が役に立ったのかなど色々と分析しながら書いていくという風にしています。

 

記事ネタはどこにでも転がっている

 

例えばあなたがコンビニに行ったとします。そこでいろいろな気づきがあると思いますが私は常に色々な気づきをスマホのメモ帳などに残してブログの記事ネタなどにします。例えば定員の態度が悪かったらこの店はどうなるのだろうかというふうに考えたり自分が店長だったらどのようにするかなど色々な視点を持ってコンビニに行ったりして半分妄想の部分もありますが「このラーメンだったらいくらで売れば売れるだろう」かという風に勝手に価格をつけたりして自分の中で楽しむということもあります。

まあこれらは記事ネタにはなるかもしれませんがそれにしてもコンビニなどは記事ネタの宝庫です。ビジネスに参考にもなりますし私自身もコンビニがよく行くので色々なことが学べるのは言うまでもありません。とにかく言えることは何かと言うとブログを書き続けるということが大事です。どんなセミナー講師やコンサルタントも絶対にブログを毎日更新するということはできないでしょう。あなたはそれをやればいいのです。あなたはそれをやり続けることによって実績が生まれるというものです。

 

なんちゃってコンサルはなぜアメブロを使っているのか

 

なんちゃってコンサルに限ってなぜアメブロを使っているのかわかりませんね。そういう人ほどコンサルと言っている意味が分かりません。本当にコンサルタントをなるのであれば WordPress Blog を使うのではないでしょうか。そして毎日役に立つ情報を更新するそれは言うまでもなく私は基本的に WordPress を使うのが当たり前です。しかし稼げましたというような動画を発信している人間に限ってなぜ WordPress を使わないのですかという疑問がそこで浮かんでくるのはなぜかと言うとなんちゃってコンサルに限ってくだらないことに投資しているのではないかという風に思います。つまりこのようななんちゃってコンサルにはろくでもない奴がいるということです。

WordPress ブログに投資することはそんなに難しいことではありませんし今時1万円も出せばお釣りが返ってくるぐらいです。アメブロなんて使っている人はもう完全にバカとしか言えないと私は思っています。こういう人にはあまり近づかないという風に私は言いたいと思いますね。

 

一年間毎日ブログを更新してみてくださいあなたが稼げる人間になりますよ

 

とにかく一年間毎日ブログを更新してみてください。ブログを更新しなければアフィリエイトなんて絶対に稼げません。ブログを更新できない人間がアフィリエイトをやったところで継続できないのは当たり前です。ブログアフィリエイトというぐらいなのでブログが継続できない人間がアフィリエイトをやったところで何の意味もないです。セミナー講師やコンサルがきちんと教えているでしょうか。教えているのであれば問題はないでしょう。私は教えていないのであればやめたほうがいいですよという風にいつも言っているのは一年間毎日ブログを更新できるということの意味を理解してほしいということです。

つまりここで言いたいことは何か、それは書くことが好きな人間になってほしいということです。書くことが嫌いな人間がブログを更新できるわけないと思いますけどもそれはアフィリエイトだって同じことです。アフィリエイトが大嫌いな人間に対してブログを更新しようというような論理は働きません。ですので大事なことは何かまずはブログを1年間更新してみることです。そうすればあなたの方向性だって見えます。

 

書く事が好きな人は電子書籍だって出せる

 

書くことが好きな人は電子書籍だって出すことができます。それは言うまでもなくあなたの電子書籍を読みたいからでしょう。私が著述業と名乗っているのは自分が電子書籍をたくさん出しているので書くことが好きなんですね。逆に書くことが苦手な人間ほど電子書籍は出しませんしブログの更新もしょぼいです。いくら100万円稼ごうが200万円稼ごうがブログの更新がいい加減なものであればその人から学ぶことは何もありません。

ブログの更新がやはり一番大事なことは庶民感覚の視点できちんと見ているかどうかです。最初にお話ししたようにあなたが一歩外に出てみれば色々な情報が入ってきます。その情報をいかにブログ記事に変換できるかそれができる人とできない人の決定的な違いだと思います。ですのでブログ更新ができる人は電子書籍も出せますし書くことが好きなのでメルマガも出せるのではないかなという風に思います。あなたも書くことが好きな人間になってなんちゃってコンサルやなんちゃってセミナーから卒業しましょう

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

One Reply to “ブログを毎日書き続ける事”

  1. ランキングから来ましたakeshiです。
    毎日記事を更新する。大変な作業だと思います。
    でも、毎日書くことにより、習慣化していけば
    書き続ける事が「快」となり書かない事が「痛み」
    と感じる様になる。とある心理学書に書いてありました。
    何事も習慣化さえできれば「苦」になりませんね。
    次回の記事楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です