アフィリエイト

商売の鉄則2顧客は何を知りたいか

更新日

mohamed_hassan / Pixabay

 

商売の鉄則ですが、顧客は何を知りたいのかをあなたは考えたことありますか。
ネットビジネスでもそうですが顧客が何を知りたいかを考えずにアフィリエイトをや
って全く稼げないのは当然です。ネットの向こうの人が何を考えているのかわかりませ
んがどういった需要がありそういった供給があるか考えないといけないのは当然です。

これが分からなければどんなに良いコンテンツを書いたとしてもネットビジネスでは成
功しないでしょう。

 

 

お客様は神様です

 

 

この言葉は現在のパナソニックのの創始者として有名松下幸之助氏の言葉です。かつて
松下電器と言われた時代から松下幸之助氏はお客様は常に神様であるとお客様あってこ
その商売だということを言い続けました。顧客が何を求めているのかそれを常に考えな
ければいけません。現在のネットビジネスはプロダクトランチを始め色々なやり方があり
ますかもちろんそれらも大事でしょう。

しかし顧客は何を求めているのかそれをまず第一に考えなければいけません。ここは日本
です。花梨英語圏のプロダクトランチを持ってきたとしてもそれが日本人に受け入れられ
ることはまずないと思います。日本人は日本人らしい商売をやればそれなりに売れると思
います。お客さんを大事にするこんな当たり前のことが今の時代はできないのです。だから
こそ私は購入してくれた人を大事にするというのはこれはアフィリエイトの世界でも同じで
はないかと思います。

 

 

徹底的に尽くす

 

 

現代の言葉で言えばサポートの部分にあたりますが、これは購入者に対してしっかりと
サポートをするということです。このサポートを怠ればその人からの信用がもうなくなる
のと同じです 。ですから大事なことはまずサポートをしっかりと行うことこれに尽きるん
ではないでしょうか。アフィリエイト特典だけ渡して終わりというのではなく一定期間サ
ポートするということをしっかりとやればあなたもある程度は稼げるでしょう。

そしてリピーターもまた増えます。あなたのサポートがよければバイラル的な効果を生み
ますのでこの辺りはしっかりとやりましょう。

 

 

情報発信の積み重ねが大事

 

ブログで何度もお伝えしていますがまずやるべきことがある情報発信をすることが大事です。
稼ぐための鉄則は情報発信をしていくことが基本的に大事ですがあなたにとって一番ベスト
な情報発信はブログです。現代はオウンドメディアと言われている時代ですから誰でもブロ
グを持つことができ情報発信ができます。

しかしそこにアフィリエイトリンクがやたらめったら地雷のようにあったらどうでしょうか。
そんなものは誰も買いません。アフィリエイトリンクを踏んで結局購入して得するのは誰か
それはアフィリエイターと販売者ぐらいです。アフィリエイトをするのであればしっかりと
した情報発信をしてある程度信用を得てからでも遅くはないと思います。私もこのブログを
立ち上げてからまだ一週間も経っていませんが情報発信に力を入れています。ですので商売
の鉄則というものは 顧客さ何を知りたいかということを常に考えてそして情報発信をして
いく信用を得るという順番に沿っていけばあなたもきっと稼げるのではないかと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です