YouTube

YouTubeであなたが観たいのは不快な動画ですか。もう一度考えましょう

更新日

JanBaby / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

 

YouTube はひとつのインターネットメディアとして言われていますがあなたはインターネットメディアをどう感じますか。これをテレビに例えるならば私は非常に今の YouTube は不快な動画を投稿しているのに等しいと思います。なぜならば YouTube の実にアホな動画が結構多いのは有名ですがヘイトスピーチなどの動画がどんどんと削除されていく中で思うのはこれをテレビに当てはめてみるということです。

テレビのチャンネルをつけたとたん「韓国人出て行け朝鮮*出て行けと」いうようななチャンネルがあったらあなたはどうするでしょうか。 BPO に申し立てをしますよね。それくらい YouTube はひどい動画を垂れ流してたということになります。YouTube というのは本当に健全になるべきだと思っていますし私自身もそのように望んでいます。

 

今 YouTube がやるべきこと

 

 

今 YouTube がやるべきことは不快な動画を排除していくことはもちろんですが、やはりユーチューバーが犯罪を犯してしまうとそのとばっちりがが帰ってくるのは言うまでもないです。本当に誰のためにあるのかということを考えた時に You Tuber というのが職業だと言えるのか、そして YouTube はなんで職業じゃねーよという風に言う人もいるのかもしれません。

私はユーチューバーというのは職業というよりもメディアが作った印象操作だとしか思っていないです。自分自身はブロガーという風に名乗った方がいいのかもしれませんし元々は電子書籍作家という風に名乗っていますのでユーチューバーというのはあくまでも名乗るときとならないときがあります。ですので今はユーチューバーという言葉は名乗っても別に大した意味はないので個人的にはやはりどちらでもいいと思っています

 

収益化プログラムがまた変わる可能性

 

 

このままユーチューバーの不祥事が起こってしまうとまた収益化プログラムの可能性がどこかで変わるかもしれません。 YouTube の気まぐれなんて私自身は信用していませんしサポーターの信用していません。結局のところ YouTube 本社の言うことだからという風に片付けてしまえば何でもそうですが進むのかという風に思うと自分自身は逃げ口実にされてしまうのでおそらくはこのままユーチューバーの不祥事が立て続けに起きればまた何かあるのではないかとにらんでいます。

だからこそユーチューバーの不祥事がこのままではないで欲しいのですが、確実に健全化されるまでにはどれくらい時間がかかるのでしょうか。正直そのあたりもわからないのが謎です。

 

なぜ増えるバカ動画

 

 

YouTube 上に増えるバカ動画の大半は私は胸糞悪いんで観ていませんが、本当にこのような動画は有害以外のなんでもないです。個人的にいえばこんな動画を排除しろといいたいのですがなかなか通報をしてもYouTube側は排除してくれないのが現実です。ですからあなた自身も結構悩んでいるのではないでしょうか。こういう場合はあなたが不快だと思った動画はあ積極的に通報するべきでしょう。

誰が見ても不快な動画というのは通報しても問題はないです。ただし削除されるかどうかは YouTube 側の判断ですのでここまでは何とも言えないと思います。

 

不快な動画を観て楽しむ人は誰もいません

 

 

あなたは不快な動画を視聴したいですか。誰もそんな動画を観たいとは思いません。しかしユーチューバーのほとんどがそのような動画を投稿してお金になるというだけの理由で他人を不快にしてまで金儲けをするというのはいかにもおかしいでしょう。

私はユーチューバーが悪いとは言っていませんが不快な動画を投稿してまで金儲けをしろということは言った覚えはありませんのでこういった動画を投稿するのであればユーチューバーはやめたほうがいいのではないかと思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です