YouTube

YouTubeで感じたいろいろなこと

更新日

YouTubeで感じたいろいろなこと

YouTube をやって5年になりますがこれは何度も話ししたことですが最近の YouTube は非常に厳しくなったということは言うまでもないですかユーチューバーは本当にいつまでたっても私に言わせてみれば何をやってんのかという風に思いますが彼らは本当に私のようなネットビジネスをやっている人間とは全然関係ないので私のビジネスではユーチューバーはいらないということは動画でお話ししました。

しかし YouTube というのは使い方を正しくやればものすごく良い方向に行くのは間違いありません。金田のような馬鹿な使い方をすればアカウントはに停止されてしまうのでクロームブックも使えなくなるというようなことになってしまっては何の話にもなりませんね。 YouTube を正しく使うためにはどういう風にすればいいのかまたは YouTube を使って色々と感じたでたらめなど今日はシェアしていきたいと思います

 

 

 

 

毎日動画投稿をする必要はない

 

YouTube と言うと毎日動画を投稿しなければいけないという考え方がありますが基本的にその必要はないです。理由はひとつで私自身も色々な動画を投稿してきて思ったのですが YouTube は一つの検索エンジンと考えれば観てくれる人は観てくれます。ですから向こうから勝手にチャンネル登録をしてくれるケースがあるので私自身はあまり動画を投稿していません。また最近動画を投稿していないサブチャンネルに関しても勝手にチャンネル登録者が増えています。

下手な鉄砲数撃ちゃ当たるという風に言いますが私は別に YouTube をそんなに重要視していないので好きな時に投稿するというふうに行った方が一番いいと思ってやっている次第です。何でもかんでも投稿すれば良いのかというわけではなく本当に色々と話したいことがあるという感じて投稿しているので最近は顔出しをしなくなりました。顔出しをしない方がチャンネル登録者逆に増えるのかもしれませんね。

 

アホ動画を観なくて済んだ

 

最近は歩道がが非常に多いので観なくて済んだというのは非常に助かっている部分もありますがこのようなユーチューバーはいずれ排除されるでしょう。あなたがやるべきことは何かということをしっかりと考えていけばまずは色々な視点で考えて自分自身がやるべきことをしっかりとやらなければいけないのです。アホ動画を観ても意味はないです。そんなことをしても単に再生回数を稼ぐといったようなユーチューバーの私利私欲のためにあなたが利用されてしまうと馬鹿馬鹿しいですね。

日本国民がユーチューバーに迷惑を被っているのは間違いないでしょう。本当の意味で使うのであればネットビジネスで使うと言ったところが私は非常に良いのではないかと思います。

 

コメント欄を閉鎖したことによってスパムから解放された

 

ユーチューバーのコメントなんて聞いても大して意味がないですが本当にろくでなしの人間地雷のユーチューバーがものすごく多いのはこれまで書きました。人間地雷のユーチューバーはとにかくろくでもないやつばかりであれやこれやと親切心で近寄ってきて私自身が色々と意見をすれば突然地雷が爆発したかのように反論するというようなタイプの人間もいました。このようにたちの悪いようなユーチューバーというのはあなたの身の回りにもいるかもしれません。

このような人間地雷のユーチューバーに引っかからないためにはコメント欄を閉鎖するべきです。閉鎖をしておけば二度とこのような人間地雷のようなユーチューバーと関わることもなければあなたのビジネスを邪魔してくることはないでしょう。ですのでまずあなたのビジネスを邪魔してくるユーチューバーがいるのであれば徹底的な愛情をお勧めしたいと思います。

 

YouTube で食っていくことは無理

 

YouTube が厳格化されている中でずっとユーチューバーで食っていくというのは100%無理です。それは別の言い方をすれば You Tuber つまり YouTube の犬になると言っているようなものです。別に自分でブログを作って情報発信していくというのも生き残る手段としてありますし私は複数のブログを持っているのでローテーションでブログを常にメンテナンスしています。 YouTube は資産として残らないです。しかし正しい使い方をすればいつまでも使わせていただけるというのはありがたいことかもしれません。

今のユーチューバーたちの真似なんてやっても単なるアホがうつるだけであるので私自身は自分のペースで動画を作ったりしていますので誰からも内政干渉を受けることはないというふうに考えています。このような YouTube の使い方をあなた自身に実践してみてください

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です