YouTuberとして人から感謝される動画を作りましょう

Henatyoko

おはようございます植田雅俊です。

私はユーチューバーとして今年一年は非常に厳しい年になるかなというふうに思っています。それは言うまでもなくヘイトスピーチや YouTube のアカウント停止祭りが非常に多かったことと、ネトウヨ系のユーチューバーのアカウント停止など様々なことが一年の前半でありました。もちろんこのようなヘイトスピーチなどは許されることではありませんがなぜ人から感謝される動画が作れないのでしょうか。

私は収益化をすること自体が悪いとは言っていませんが収益化されるということはやはり厳格な審査を通って言うからこそでしょう。ユーチューバーの中にはビジネスと言いますが私の中ではビジネスなんて思っていません。ビジネスならば最低限のルールを守るこれが当たり前の人間のやり方です。ビジネスでユーチューバーをやっているというのであればやってはいけないこと、そして守るべきことをしっかりと考えてやらなければいけないでしょう。今のユーチューバーはビジネスというよりも味噌糞の動画をただ単に投稿している人間の塊です。

本当にビジネスでやっているという人は1割程度しかいないのではないでしょうか。私はユーチューバーとしてネットビジネス関係の動画を発信している人間ですが YouTube の活用方法をすら知らない人間がビジネスで使っているというのは非常におかしいです。こういったところからもはやユーチューバーとしてのモラルが問われるのではないかと私は感じます。

 

人から感謝される動画とは

 

人から感謝される動画とは何でしょう。それは人が困っている時にあなたが動画にして解決することを指します。しかし多くの人は欲望のままに自分の私利私欲のためにと私自身はそんないい加減なユーチューバーの動画を見ているとただお金の為なら何でもするルール違反を平気で守らないこのような動画を見てきてそれは果たしてビジネスなのかという風に問われることもあります。

これは人に感謝されるような動画ではありません。人に迷惑をかけているような動画であり、言うならば最低の動画を作っているに過ぎないのです。私の動画もつまらないかもしれません。しかし数の論理で世の中のパワーバランスが決まってしまうというのは非常におかしな話です。数の力こそ正義というようなユーチューバーがいる限りこの世がおかしな方向へ行ってしまいます。

一番大切なことはたった一人の人に感謝される動画が作れるかどうかです。たった一人の人に感謝されるような動画が作れないのであればチャンネル登録者が100万人いようが200万人いようが私の中では非常に関係のない話です。あなたが人から感謝されるような動画を作れるのであれば別問題ですがたった一人のに感謝される動画を作れた時必ずあなたは良い方向に行くのは言うまでもありません。

 

きちんとした情報発信ができているか

 

我々はきちんとした情報発信ができているかどうかをやるべきだと思っていますがどこかユーチューバーは気持ち悪い動画とかを発信している人もいます。人から恨みを買うような動画を作るなといつも私自身もいっていうのは自分に問題があるからこそその問題部分に気づいていないユーチューバーが非常に多いからです。あなたがもしその部分に該当するのであれば今すぐ改善することをお勧めします。どんなにチャンネル登録者が多くてもそれに比例してアンチも多くなることでしょう。

アンチはあなたを潰すにかかります。あなたが嫌いだからです。しかしまともな情報発信をしていればそんなことはまずあり得ません。私自身もしっかりとした情報発信をしているのでとにかくはっきり言えることは私のチャンネルでは人に感謝されるような動画を作ることまた人に役に立つような動画を作ることなどを心がけて情報発信をするようにといつも言っています。自分の欲望のために動画を作るのではないということです。

 

1日1本から2本の動画に思いを込める

 

1日1本から2本の動画に思いを込めるということはその人に対する感謝の言葉を言うように動画を作るということです。非常に難しいかもしれませんが私自身はこのようになってきました。動画を作るということはユーチューバーにとってかなり難しいと言われていますが。技術的な部分よりも動画に思いがこもってるかどうかの部分が私は重要視されるべきであると思います。

しかし最近の動画はどうしてもヘイトスピーチや人の嫌がるような部分が露骨に出ているので私は観る気がしません。また意見の違いなどから色々とその人のコメントを潰そうとしている人間もいますが私にとってはそのような人間の意見を聞く理由なんてどこにもないです。今回のアカウント停止祭りはまさに言論弾圧だという人もいますがおそらく漁夫の利を得た人間だっているんじゃないでしょうか。本当に誰がこのようなことを知ったのか本当にこれで良かったのかということを真剣に考えた時に私自身は一本一本の動画に思いを込めるということの原点に立ち戻ることができました。自分の目指すところは小さいですがひとつひとつこなしていけば必ず成功すると思ってます。人の悩みを解決するために YouTube というところがあるのではないでしょうか。

 

悩みなどに答えられる動画が作れるか

 

YouTube では様々な悩みを持っている人が動画を観ていることは言うまでもありませんが,あなたがその悩みに対して応えられるかどうかがポイントになってきます。ですから大事なことは何かといえば悩み系の動画を作るかまたは人から喜ばれる動画を作るこれは今までも行ってきたように人から感謝されない動画をいくら作ったところでそれは恨みを買うことになるでしょう。

人から喜ばれる動画は必ずいいことが起きます。例えばチャンネル登録者が伸びない時どのように苦労してチャンネル登録者を伸ばしたのかということを話すのもいいですしまたは色々な角度からアドバイスするというのもいいと思います。人は捉え方次第で色々な方向性に向いているので私自身はチャンネル登録者を増やす方法など色々と模索しています。いかに悩みに答えられるかという動画を作れるかここがポイントになるのではないかと思われます。ですのであなた自身も悩みのある動画がある場合は積極的に作っていきましょう

 

まとめです

 

今後 YouTube がどのようになるから私も分かりませんがはっきり断言できることは、厳しくなっているということ以外はわかりません。どっちみち厳しくなるのであれば私自身はそれに従うしかないでしょう。個人的に言うのであれば今後の YouTube がいい方向に行って欲しいと思いますがこれ以上ユーチューバーの不祥事が起きたりするのであればまた収益化のプログラムが変わったりするという可能性は十分にあるのではないでしょうか。

今のところは全く皆目検討がつきません。ただ一つだけ言えるのは誰もがルールを守って YouTube をするということ、そして YouTube がビジネスという風に言うのであれば間抜けな週刊誌の記者のような動画を作り続けることはやめたほうがいいと私は思っています。

 

 

YouTube Perfect Guidebook改訂第4版 基本操作から活用ワザまで知りたいことが全部わかる! [ タトラエディット ]

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です