電子書籍

電子書籍は無料で出版できる。稼ぐのは二の次

Javier-Rodriguez / Pixabay

 

電子書籍に関してはこれまでもお話しした通り アマゾンキンドルを例に挙げれば アマゾンキ
ンドル無料で電子書籍を出すことができます。 国内の アマゾンのマーケットプレイスに出して
いれば余計な税金関係のことも悩まずに済みますので本当に最近は 電子書籍に算入される方が
多くなりました。 ですからあなたもどんどんと電子書籍を出すべきだと思います。

 

 

電子書籍を出す第一の目的は稼ぐことではない

 

 

電子書籍を出す第一の目的はもちろん稼ぐことにありますが まずあなたを知ってもらうという
ことから始めるべきです。 別の言い方をするならブランディングですね。 電子書籍を出すとい
うことはあなたがブランディングされるということなので アマゾンという巨大なプラットフォ
ームに出せるわけですから 当然ながらあなたの 電子書籍が 売れる売れないに関わらず知っても
らえるきっかけになるのではないでしょうか。 私自身を電子書籍を100冊以上出していますが
個人的に言うならば ブランディングする方を狙っています。 もちろん売れたらいいことには越
したことはありませんがやはり知ってもらえるだけでもありがたいです。

ですのでまずあなたがやるべきことは電子書籍を一冊でも多く出すことではないでしょうか。
難しいと考えるよりもまず作業をやってみるそこから始まりだと思います。

 

 

あなたの思いを書く

 

 

これはブログでも何度も説明したようにあなたの思いを電子書籍にすればいいのです。 普通
の書籍ならばぼつになってもおかしくはないのですが、 電子書籍は個人が出しますのでその
概念はありません。 ですので個人的な意見としてはあなたが電子書籍を出すということに集
中すればいいのです。 あなたが伝えたいこと、 あなたが経験したことなどを真剣に書いてい
くということが非常に大事ではないかと思います。 私自身も自分の思いを電子書籍に書いて
いますが もちろん全てがうまくいっているわけではありません。

しかし何もしないよりも電子書籍は出した方が 絶対にメリットがあります。 先ほどもお話し
したようにあなたのブランディング力をつけるのであれば電子書籍はおすすめです。 利益を
得るという点ももちろん大事ですがあなたのブランディングを活かして他のビジネスに 応用
するのであれば電子書籍は有効でしょう。

 

 

税金関係はずいぶん楽になった。

 

Amazon Kindle といえばやはりはアメリカの会社ですので税金関係がどうしても難しかった
というイメージがあったと思います。 しかし今はずいぶん変わり 日本のアマゾンに出すだけ
であれば 課税されなくなっていますしTINナンバーもいりません。 この辺りが参入者を大き
く減らしたメリットではないでしょうか。 昔は紙のやり取りで色々やっていたので本当に大
変でした。 しかしペーパーレス化され 税に関するインタビューも今では少し変わっています
ので アメリカのアマゾンに出版して売れない限りは 壁されないみたいです。

この部分だけでも結構楽になったので 私自身は本当に 助かりました。 おそらく電子書籍をこ
れからやりたいあなたも 税金関係で結構悩んでいたのではないでしょうか。 日本国内のマー
ケットプレイスに出すのであればTINナンバーはいりません。

基本電子書籍は無料で出せます市税金関係も本当にクリアーになったのであなたもぜひ電子書
籍に挑戦してみてください

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です