マーケティング

検索するワードの考え方

更新日

diwou / Pixabay

 

欲しい情報がある時大抵の人は検索エンジンを使います。 Google や Bing を使って色々
な検索エンジンでキーワードを打ちますが必要な情報が出てくるとは限りません。先月私
は腰痛で本当に立てないほど一か月ほどはネットビジネスができませんでしたがスマホや
タブレットで色々な検索をかけていました。そこで気づいたことを今回は書きたいと思
います。

 

 

検索する側に回って思ったこと

 

 

腰痛になった時に真っ先に思いついたのは「腰痛、原因」というキーワードでした。
しかしこのようなキーワードで探しても色々な情報が出てくるので一つ一つの情報を精
査しないといけないというのが非常にめんどくさかったです。どれが正しくてどれが悪
いのかというのは本当に分かりませんが私自身も一つ一つその情報が正しいのかどうか実
践してみました。しかしほとんど役に立たない情報ばかりだったので他の検索ワードを使
って色々と調べました。

腰痛ということは他にも原因があるのではないかということで例えば「腰痛 原因 改善」
という三つのキーワードで色々と調べましたが情報がまばらでした。このように検索ワード
で色々調べても情報がはっきりしないものもありますしどれが正しいかは取捨選択だと思い
ます。

 

 

YouTube を使った

 

 

一番わかりやすい方法としては YouTube を使って腰痛を改善するということでした。最近は
動画を見て問題を解決する方法がベストですが同じように「腰痛 改善」というキーワード
で調べたところ色々な東洋医学の医者がこのような原因でなっていますよというような動画が
出てきます。また改善法についても個人的な意見としてはどれが正しいのか本当に迷いました。

毎日が苦痛だったので大変だったのですがとにかくいろいろやってみました。しかしなかなか
改善させたいので最終的には病院に行かなくてはいけないのではないかと思いましたがツボをつ
くことを私は考えました。

 

 

最終的にたどり着いたキーワード

 

 

最終的にたどり着いたキーワードが「腰痛 改善 ツボ」という三つのキーワードでした。
この三つのキーワードを使って腰痛改善のツボを探しましたが個人的には一番ベストだった
キーワードだったと思います。ですのでこのキーワードが一番正しかったとは思いませんが
ただこれを実践したことで自然に腰痛が改善してきたのかなと思います。

もし病院に行っていたらどうでしょうか。ヘタをすれば入院をしていたかもしれませんし歩
けなくなった可能性もあるでしょう。少し話はそれましたがいざとなった時どのようなキー
ワードで検索するかというのは本当に突発的なものだったので今回は良い経験となりました。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です