リセールライト

ワードトゥウェブページを検証する

更新日

FirmBee / Pixabay

 

 

私は色々なリセールライト商品を使っているのですが中でも ワードトゥウェブページは
最も使い物にならないツールだということがわかりました。もともと アドセンス向けに
作られたツールでワードファイトを HTML 化すると言うツールなのですが現在はこのツ
ールはほとんど使えないという状況になっています。

ではどのように活用するかというところがポイントですね。現在このツールに関しては様
々な活用方法を模索しています。ひとつだけ使えるとすればサイト作成の初心者が練習用
に使うという方法が一番いいでしょう。

 

 

考え方はひとつではない

 

 

常に考え方はひとつではありません。多方向から考えるということが一番大事なので
はないでしょうか。サイト作成ツールというのは常に多方向から考えるということが大
事ですが私の場合は使えないツールでも基本的にどのような使い方があるかを色々な視
点で検証しています。

せっかく自分の中にあるツールを活用できないというのは非常にもったいないと思いま
すしあなたにもおそらくこのツールが他にもどのような使い方があるかということがご
理解できないのではないかと思います。 アドセンス 向けに 作られたツールですがそも
そも私自身は 向けではないのがワードトゥウェブページナノではないでしょうか。

 

 

実際の動画を観てもらえればわかる

 

 

色々なやり方がありますが このツールに関しては wordファイルを HTML 化した後には
編集をしないといけないのですがホームページビルダーなどで編集するしかありません。
ソースコードはかなり汚いという風なイメージがありますが結構汚いですね。

 

 

見ていただければわかるように 結構ソースコードが無茶苦茶でありますし並大抵のソース
コードではないと思います。初心者の方に本当に向くのかどうかということも疑問に思う
のですが現時点で言えることはこのツールはサイト初心者向けに練習として使うのであれ
ば十分なのではないかと思います。

 

 

なぜ価格は3000円なのか

 

 

インフォカートで売られているので3000円というのは確かに安いかもしれませんが
私自身はこの価格にした理由のひとつはこの商材がリセールライト商材だからです。
つまりあなたが購入するとあなたにも再販売権利が与えられるということなのです。
これがリセールライトビジネスのいいところですね。

日本ではリセールライトビジネスに関してはほとんど理解されていない部分もありま
すがもちろんこのツールを使いこなしてオウンドメディアとしての情報発信というも
のも考えてみてはいかがでしょうか。私の場合はこのツールをもっともっと活用する
方法をこれからこのブログを通じて随時発信して行こうと思ってます。現時点では以上です。

 

ワードトゥウェブページについてはこちら

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です