YouTube

もはやYouTuberは厳しい時代になっている

更新日

mohamed_hassan / Pixabay

 

最近 YouTuber という言葉がよく耳にしますが、ユーチューバーで稼ぐというのは非常
に難しい時代になってきています。 これはなぜかと言うと1月17日に収益化のプログラ
ムが大きく変わると言うメールが来て2月の20日にチャンネル登録者1000人以上、総再
生時間4000時間以上というハードルを越えなければ当然ですがユーチューバーになるこ
とはできません。

何が発端なのかが私は YouTube の人間ではないので分かりませんけども色々なユーチュ
ーバーの不祥事が重なってこのような結果になったことは言えます。結局はユーチュー
バーが犯した不祥事の積み重ねがこのようにして真面目な ユーチューバーにも跳ね返っ
てきたのではないでしょうか。

 

 

真面目なものが馬鹿を見る時代

 

 

正直者が馬鹿を見るともいいますがユーチューバーが本当に馬鹿を見るような時代にな
ってきたのは私自身思うのですが真面目に動画をコツコツと投稿しているのにどうして
自分も収益化を外されなきゃいけないのかということです。本来ならばアカウント停止
などの措置をすればいいのに YouTube を管轄する Google は厳しい措置を取りました。

それが収益化プログラムを大きく変えてきたということなのです。当然これは世界中で
すから日本も当たり前になってくるでしょう。真面目な者がバカを見るような時代になっ
てはいけないのです。せっかくあなたが収益化したものがなくなってしまうこれは他のユ
ーチューバーがやったことに対してあなたが連帯責任をとるようなものですね。

 

 

ユーチューバーにはなれないのか

 

 

冒頭でもお話ししたようにユーチューバーになるためには収益化の新基準に到達しないとい
けないということがまず前提です。チャンネル登録者1000人、総再生時間4000時間この二
つの条件を満たさなければいけませんし仮にこの二つを満たしたとしても YouTube側でガイ
ドライン違反などがあるかないかなどのいわば二次審査のようなものがあります。

これに合格して初めて収益化ができるというものです。ですからあなたの収益化はこれか
ら先長くなるでしょうかとにかく諦めずに収益化をすることが大事だと私は思います。

 

 

動画を投稿し続けること

 

 

動画を投稿し続ける事っていうのは非常に大事なことです。これから先動画を投稿し続
けなければいけないのはチャンネル登録者ももちろんですが総再生時間が4000時間=つ
まり1分巻に換算すれば24万分以上の動画を観られないといけないということです。この
ハードルは非常に大きいかもしれませんがあなたにとってはチャレンジする価値はものす
ごくあると思いますよ。

 

 

ここでやめるか前に進むか

 

 

せっかくあなたが YouTube を投稿してどれくらいになるかは分かりませんが1年やって
すぐに辞めてしまうというものはもったいないですね。私は5年やりましたそれでも自
分自身はここで諦めてたまるかということで動画をコツコツと投稿し続けています。チ
ャンネル登録者の伸び悩みというものはありますが、ここは工夫次第だと思いますね。

とにかくチャンネル登録者を増やすためには動画を毎日更新することこれに尽きると思
います 。諦めないことユーチューバーとして成功するためにはもはやこれしかないですよ。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

2 thoughts on “もはやYouTuberは厳しい時代になっている”

  1. はじめまして、ランキングよりきましたさわと申します。私はユーチューバーではないのですが、ネットビジネスの一つとしてとても参考になりました。ありがとうございます。継続は力なり、ですね。

    1. さわさんコメントありがとうございす。

      YouTuberは本当に厳しい時代になっていますが、一番いいのは貴方自身が稼ぐということです。
      ネットビジネスは継続です。これが一番ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です