アフィリエイト

アフィリエイトの記事が書けないそんな時どうするか

更新日

Pexels / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

 

記事が書けないそんな悩み誰でもありますよね。アフィリエイトで稼ぐためにはどうしてもブログで記事を書かなければいけないというプレッシャーがのしかかってきますがあなたがどのようにして記事を書いていますか。ある程度 Google で検索をしてキズネタを探していると思いますが私自身も行き詰ってき水をかけないということは何度もあります。

錦城閣と言ってもただ闇雲に書くのではなく訪問者の視点になって悩みを解決するということはこれまでもお話ししてきました。訪問者が何に悩んでいるのかということに答えなければ結局のところあなたの自慢話に終わってしまうということは当然です。今回はアフィリエイトの記事が書けない時どのようにしたのかということでお話をしていきたいと思います。

あなたは誰をターゲットにしてますか

 

 

あなたが記事を書く相手は誰ですか?
誰に向かって書いていますか?

あなたが書く相手が誰によっても違ってきますしどんな業種どんな相手男性なのか女性なのかによって全く違ってきます。記事の書き方も男性と女性では全く書き方が違いますのでここは断言できませんがあなたは誰をターゲットにしているかによっても書く内容というのは違ってきます。ですからここの部分に関してはあなたがどのような悩みを持った相手に対して情報発信をしているいくのかっていうのが非常に大事になってきます。

ですのであなたがまず誰をターゲットにしているのかということをしっかり明確化する必要があります。このあたりをしっかりとしていけばアフィリエイトの記事は書けるのではないかと思われます

 

ヤフー知恵袋を使っているか

 

 

このヤフー知恵袋を使っているかどうかで記事ネタというのは非常に多いです。ヤフー知恵袋は悩みが増えることはあっても減ることはないというのが特徴です。まさにアフィリエイターにとってはネタの宝庫ではないでしょうか。私は常に Yahoo 知恵袋から色々なネタを探しその人が何に悩んでいるのかどのように解決すればいいのかを真剣に模索して必死になって書いています。

また似たようなサイトに教えてグーというのがありますがこれも基本的にはヤフー知恵袋と同じようなものです。どちらを使っても構いませんが、 Yahoo 知恵袋の方が私はいいと思います。人が何に悩んでいるのか、どのように解決をすればいいのかなど色々と考えるかもしれませんがベストな答えを出すためにはどのようにすればいいかなど参考になることは間違いないです。

普段の生活にアンテナを張っているか

 

 

普段の生活にアンテナを張っているかどうかによってあなたの記事ネタはおそらく増えているはずですが、私自身は普段からアンテナを張っているのでネットビジネス以外の記事も若干書いています。こういった記事ネタも結構役に立つことはあります。記事ネタと言うと同時でもネットビジネスのブログではネットビジネスのことしか書くなという人もいますが私はそこに普段の生活のことを書いても別に構わないと思っています。それが結果的にアフィリエイトに役に立つ記事であるのであればそれはそれでいいのではないでしょうか。

普段からアンテナを張るということは気づいたことを書くということではなく普段の生活からけじめ他を探すということなのです。何気ないことでも記事にするそれくらいのレベルまで達したらあなたはおそらく切り記事には困らないでしょう。

 

体験談

 

 

一番書きやすいのはあなたの体験談です。これは YouTube をやっている時もお話ししたのですが体験談を YouTube やブログ記事で書くと非常に好感度が分るというのは間違いありません。ブログの記事を書く場合本当にどのような文章構成で書けばいいのか悩みますが YouTube の場合は動画で喋るのでより臨場感があると思われます。体験談と言ってもあなたが体験したことはいい体験ばかりではないと思います。嫌なことでも体験は体験ですのでそれがも書いておけばいいと思います。

そうすることによって共感する人が現れあなたのファンになってくれることは言うまでもありません。体験談を書いてこそ意味があるのではないかと私は思います。つらかったことや楽しかったこともう一度自分の過去に焦点を当てて考えてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

 

ブログの記事が書けない場合きりネタを探すことは非常に大変ですが今回は私があなたの立場だったらという視点で書きました。もちろんこの他にも色々な解決方法はあるでしょう。まず基本的なこととして Google 検索をすることです。検索をして検索ユーザーが何を悩んでいるのかということを考えてから記事を書くということが一番大事です。あなたが落ち込んだキーワードそれに対する答えを記事として書けばいいのですからそれほど難しいことではないと思います。

検索ユーザーが何を求めているのかというのは2歩3歩先を見ることです。これは検索をやる上で大事ですので慣れてくれば分かるでしょうが最初のうちは分からないと思います。とにかくあなたが困っている時にキーワードを打って調べることを思い出してみてください。その時はおそらく焦っていると思います。その時にどのようなキーワードを打ってどのような答えが欲しかったのかということを考えれば逆の立場で考えると困った人の視点に立つということはあなたが困った人に対しての答えを書ける記事をしっかりと書けるかどうかです。ただ闇雲に書くのではなく納得できるような記事を書いてほしいと私は思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です