インターネット

嫌われたって情報発信をする

更新日

Kirai

こんばんは植田雅俊です。

情報発信をするということは常に嫌われるということを覚悟しなければいけません。あなたの情報発信に対していろいろなコメントがあると思いますがその中に嫌いな人間が必ずいます。所謂アンチコメントどうしてくる人間でしょうか私自身も非常にアンチコメントをされる人間なので何とも言えませんが一つだけ言えることはあなた自身が嫌われても別に影響はないということです。嫌いな人間は嫌いな者同士集まればいいだけの話でありなおかつをそんなことにいちいちこだわっては話にならないということです。

ネットビジネスの世界は常に進化しています。その進化についていかないといけないのは言うまでもないでしょう。ですからあなたがエッジの効いた情報発信をしていると必ずと言っていいほど誹謗中傷されたりするものです。私が共感しないような情報発信をしていれば重箱の隅をつつくような人間が必ずと言っていいほど出てきます。このような情報発信はダメだと言わんばかりにダメ出しをするような人間情けない話ですがこのような奴は相手にしない方がいいですね。

 

情報発信は常にエッジの効いたことを言う

 

私は尖った情報発信をするのが好きではありませんが時々とがった情報発信をすることが多いです。それは目立とうとかそういうことではないですがやはりダメなものはダメという風に言うときもありますがそれが癪に障る人間がやはり多いのかもしれません。しかしダメなものはダメだという風にはっきり言わなければいけないのは当然です。有益な情報とは何かということを考えた時に私は非常に色々な情報を発信していますが YouTube の活用方法を一つ見ても日本はまだまだ英語圏に比べてもまだまだ偏っている部分があります。

例えばピンタレストを知りませんという人が非常に多い日本ですが私自身はピンタレストをやっている人間ですので自分がやっていることに対する情報発信をきちんとやっています。日本のマーケッターは色々と情報発信をするなかでもはぐらかすようなコメントをする人もいるでしょう。そのような人に嫌われても別にいいんじゃないかなという風に思ってます。嫌われるぐらいのことがなければ駄目です。日本で言うところのキラキラ起業女子はもう朝に嫌われないようにするための努力ばかりしているので私は嫌ですね。

 

嫌われるということは見られているということ

 

逆に考えてみてください嫌われているということは常にあなたが見られているということです。見られているというのはいいことですよ。嫌いなのになぜ見るのでしょうか。普通はそんな暇があるのであればネットビジネスをやっていればいいのにという風に思いますが基本的にそういうことを理解しないまま人の粗探しばっかりをやっている人がまた同じことを言うのかという風に思うと情けないですね。私は基本的にこういう人間が一番大嫌いなのはネットビジネスをやっていて稼げないことを棚に上げてこういうことを言うのかという風に思いますがそれで1円の数にもならないことをやって時間の無駄人生の無駄そんなことをやっていいのかという風に思いますね。

常に私は進化する人間ですのでそんな時間の無駄をするぐらいであればもっと他のことをやるべきだという風に思います。あなたのやっていることがいかに無駄かということを私はこのまで言いたいですし電子書籍が私自身のネットビジネスに関することでやたらと誹謗中傷してきた人間もそうです。本当に馬鹿ばっかりですね。

 

自分が愚かだということに気づいていない

 

嫌われても私自身はネットビジネスをこのようにして行っているのはあなた自身が稼げないから自由ではないからどんな理由が知りませんが私よりも不自由であるということは間違いないですね。どんなに才能があろうとも頭が良さそうでも結局この程度のレベルかという風に同じことばかりを言ってくる人はネットビジネスをやる資格はありません。私がユーチューバーを排除した理由はどんな情報発信をしても結局のところ関係のないコメントばかりをしてきて自分はやりたくないというようなアホみたいなこと言う奴がいるでしょう。

だから排除したのです。そんな人に教えることは一切ないと言わんばかりにユーチューバーを排除して何か悪いでしょうか。もちろんユーチューバーから見ればこのような奴は気に入らないという風に思いますね。でも自分はそういう人間だからこそ情報発信をしていき YouTube を使って色々な活用方法の動画を作ったりブログで情報発信をしたりという風にしています。嫌われるということが怖いのであれば初めから YouTube やブログをやる必要なんてないんです。むしろプラスに変換する方がまだ楽しいというものではないかと私は思います。あなたはいかがでしょうか

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

1 thought on “嫌われたって情報発信をする”

  1. 初めまして。
    「努力は人を裏切らない」
    高校時代の恩師がよく口にしていた言葉を再度、想い出しました。
    私は最近アフィリエイトを始めたのですが、
    情報発信に対してまだ抵抗がありました。
    そうですよね!
    嫌われることを怖がってばかりいては自分の求めるものも手に入れることはできませんよね!
    改めて気付かせて頂きました。
    ありがとうございます(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です