SNS

SNS規制とGDPRの関係

更新日

 

こんばんは植田雅俊です。

最近ソーシャルメディアの規制が非常に厳しくなっていますか これは私自身が思うのですがヨーロッパデータ保護規則によってかなり規制が厳しくなったのではないかなと思います。私自身は本当に個人的にいうのであればどこか twitter や Facebook などをはじめとするソーシャルメディアが非常に厳しくなった理由の一つは 莫大な課徴金を払いたくないということでしょう。

そうするためには利用規約を変えなければいけないというのは当然ですが アカウント削除をしている理由の一つは ヨーロッパデータ保護規則に引っかかる可能性が強いということで個人情報の取り扱いの問題の観点から言うと間違いなく 言えるのではないでしょうか。 twitter のアカウントの凍結はおそらくかなり続くと思いますが もちろん全てがそういうわけではないと思います。 ただしこれだけは言えるでしょう。 今後はソーシャルメディアとの付き合い方を考えなければいけない時期に来ているということです。

 

ヨーロッパデータ保護規則の規制がある

 

ソーシャルメディアの規制が厳しくなっている背景にはヨーロッパデータ保護規則の規制があるのではないかと言われています。 これは言うまでもなくヨーロッパデータ保護規則が5月25日に施行されてから日本でも Twitter のアカウントが凍結したという事例があります。 13歳以下の Twitter の使用には親の同意がいると言われていますがまさに ヨーロッパデータ保護規則の 影響が日本にも 出てきているのではないかと私は思っています。

確実に言えることは何かと言えばこれは間違いなしに SNSを使う環境がずいぶん変わってきているなという風に感じました。 それを言うまでもなくあなた自身もわかっていると思いますが今までのように自由に使えなくなってしまうということです。 別に言論の自由を奪うということではありません。 いま本当に厳しくなっているのはシリコンバレーの企業がほとんどの場合このヨーロッパデータ保護規則によって 何かの規制をかけてきているということは間違いありません。

 

ツイッターのアカウント停止は しばらく続く

 

ツイッターのアカウント停止はしばらく続くでしょう。 ユーチューバーの大半は twitter を使っていますが中には複数アカウントを持っている人間もいるのでおそらく複数アカウントのあぶり出しをして 永久停止をしているのではないかと思われます。 無知というのは本当に 情けないものだなという風に私は思うのは今回の Twitter の規約変更がいかに 厳しいものかということは言うまでもありません。

私は事前にこのようになるということはわかっていましたし自分自身のツイッターでは発言を気をつけようという風に思っています。 当然ながら今回の規約変更に関しては 色々な意見があるとは思いますが本当にこれで言うのかっていう風に思うこともまれにあります。 ですので全てが正しいとは言いませんがとにかく言えることは今の規約が本当に正しいのかどうかです。 ヘイトスピーチなども含めた措置というのは以前から取られていましたが、私は今回ばかりは流石に 昨年よりかは厳しいのではないかという風に思っています。

 

対策はどのようにすればいいのか

 

対策をどのようにすればいいのかですが、 私自身は基本的に規約を守るのが一番いいのではないかと思います。 それ以外にないと思うのはこれからどんどんとソーシャルメディアの規約が変わっていく中で どのように付き合っていくかということがフォーカスされるでしょう
私自身も色々な ソーシャルメディアを使っていますがいつアカウントが停止になるか分かりません。 どんなに正しい使い方をしたとしてもソーシャルメディアが規約を変えてしまえば
それまでです。

ですから大事なことはまず脇役を変わらないようにすることが重要でしょう。 そして何よりも対策をきちんと講じるということは大事ではないでしょうか。 今の日本はほとんどがソーシャルメディアにしても何にしても ハチャメチャな状態ではないかなという風に私は思っています。 しっかりとした規約を守りそして twitter や Facebook などを使うべきではないかと思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です