YouTube

コアなファンを増やす意味

更新日

Koa

こんにちは植田雅俊です。

私自身がコアなファンを増やすといった方針転換をしたのは昨日ですが YouTube ではもはや収益化よりもコアなファンを増やしてコツコツとやっていくという方法をとりました。これは何故かと言えば自分が発信している情報に対して全く反応しないというのかやる気を起こさない人に対して無駄な努力をしている自分がそこにいたからです。無理にチャンネル登録を増やしても結局のところ努力をしない人間に対して何を情報発信すればいいのかなんてわかりません。

それであればコアなファンを増やしてインターネットビジネスで成功したいという方向けに情報発信をすればいいのです。ユーチューバーの大半は数の論理ばかりを追い求めますがそれははっきり言ってアホなやり方だと思ってます。このようなアホな論理にすぐに騙されるのが私は気に入らなくて今は少数精鋭でもいいのでとにかくチャンネル登録者は少しでも増えてくれればというふうに思っています。数の論理ではありませんコアなファンを増やすという方がまだマシです。

 

単なるチャンネル登録者であれば興味がないだけにすぎない

 

単なるチャンネル登録者であれば YouTube がもチャンネル登録者の調整をしてくるでしょう。しかしコアなファンであればネットビジネスに対しての熱い思いや色々なことがあるので積極的なコメントもしてくると思いますが中にはそういった人はまず私のチャンネルではいませんでした。

本当に不思議な話でチャンネル登録者が多いのでコメントがあまり活発的にないというのはおかしいですしもはや言うならばもはやチャンネル登録をしているのが高齢者ばかりという現実を見た時に悪い言い方をしますが老害だなっていうふうに自分自身に思いました。このままではチャンネル登録者が増えるどころか減るばかりであるということは言うまでもありませんが自分自身も一度言ったことは取り消すつもりはありません。それくらい決断した人間ですのでコアなファンを作るということは非常に大変かもしれませんが頑張らなければいけないということです。

 

ネットビジネスに関する情報発信をしています

 

私の YouTube のメインのチャンネルはネットビジネスに関する情報を発信していますが個人的に言うのであればネットビジネスと関係のないことを発信するということはよくないと思っているので動画は削除しているのですがもったいないとか言う人もいるでしょうが別に自分のチャンネルをどうしようとそれは人の過程である余計なお世話だというふうに私は思っています。

チャンネル登録者が1000人になるまで正直いろいろ頑張ってきましたがそこまでもうこだわる必要もないなと思ったのはいろんな情報発信をしたとしても結局茶化すような人間がいるということではないかと思います。つまり同じフィールドでは勝負しないということで自分自身は自分自身のフィールドで戦うということが一番大事でしょう。そんな人が成功すると思いますか。私は成功しないというふうに思っています。大切なことは何かと言えばもちろんチャンネル登録者を増やすことも大事ですがコアなファンを作っていくということです。今コアなファンが作れないのにただ単なるチャンネル登録者ばかりを増やす数の論理だけで勝負するとろくなことはありません。

 

興味のない方はチャンネル解除お願いします

 

私は YouTube 上でこの言葉を使っている理由はネットビジネスに興味が無い方が観ても面白くはないでしょうしどうせならばチャンネル登録をさっさと解除してくれという方がすっきりします。本当は使いたくないのですがやはり興味がない人はどんなに主張してんのネットビジネスに関することであればおそらく観ないでしょうし、個人的にはこういったことに関しては本当に情報発信する人間としてもどこか情けないなという風に思いました。

でも大事なことはこの辺で踏ん切りをつけるということではないかと思われます。きちんとした情報発信をしてネットビジネスに興味のある方は今すぐ実践したい方向けに YouTube 運営をしていくというのは非常に私は大事だと思っています。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です