アマゾンビデオダイレクト

ユーチューバーがアマゾンビデオダイレクトを嫌う理由はここにある

更新日

Sannyuu

こんばんは植田雅俊です。

今や YouTube といえば巨大な動画投稿サイトとして有名ですがユーチューバーは本当にたくさんいると思いますが彼らがたった一つだけ手を出さないところがあります。それは Amazon ビデオダイレクトです。 Amazon ビデオダイレクトは2016年5月に日本に上陸してきました。なぜこの Amazon ビデオダイレクトに絵画が手を出さないのかわかりませんがほとんどのユーチューバーはこの Amazon ビデオダイレクトを理解していないのです。

Amazon Video Direct と YouTube の収益の違いを基本的に書きますが私はまだ参入していないので分かりませんが予定としては来年あたりから参入しようと考えています。では何が違うのかということを具体的にお話しして行こうと思いますのでぜひ参考にしてください。

 

動画を出せる地域が全世界か日本か

 

Amazon ビデオダイレクトの場合は動画を出せる地域がまず日本か全世界かのどちらかを選べますが YouTube の場合は基本的に日本のみとなります。この辺りが正直違う点ですが要するに Amazon ビデオダイレクト場合は全世界にあなたの動画が出せるということなので言ってみれば字幕を入れなければいけないというデメリットがあるのですがこの部分に関しては日本で出す場合のみに限っては字幕はいらないそうです。

逆に YouTube の場合は日本でアカウントを作っている場合は日本のみしか発信できませんので基本的に言うならばアカウントを作った地域ということになります。つまりこういうことです

Amazon ビデオダイレクト→全世界に動画を配信する事ができる、または日本のみでも可能

YouTube→日本でアカウントを作っている場合は日本のみ

お分かりでしょうか。 Amazon ビデオダイレクトの方が圧倒的に有利だということは言うまでもありませんが基本的には動画を出せる地域が決定的に違うのは YouTube と Amazon ビデオダイレクトではこれだけの違いがあるのであなたはどちらを選ぶかよく考えていただきたいと思います。

 

動画の審査がある

 

基本的に YouTube の場合は動画の審査はありませんが Amazon ビデオダイレクトの場合は一本一本の動画に審査があります。これは Amazon Kindle をイメージしていただければ分かると思うのですが Amazon ビデオダイレクトの場合は一本一本の動画に違法性がないかということを調べられるのでいわばこれらをやっているのでまずユーチューバーのようなアホな動画が上がることはないでしょう。

しかし YouTube の場合は何でもありの動画が上がってしまうのでここが YouTube と Amazon ビデオダイレクトの決定的な違いだと思います。 Amazon ビデオダイレクトは一本一本の動画には必ず審査がありますが YouTube はその審査がありません。審査があった場合動画のアップロードするまでにどれだけ時間がかかるだろうということで本当に面倒くさいですね。さすがに Amazon のようにはできないでしょう。私自身は Amazon ビデオダイレクトの方が好きですし早ければ今年の12月ぐらいから参入したいというわけですが、今のところはとにかく準備中なので遅かれ早かれ参入することがおすすめだと思います。

 

手続きが面倒くさい

 

Amazon ビデオダイレクトは基本的に Amazon Kindle のように税に関するインタビューや銀行口座の作成など本当にめんどくさいことが色々ありますがおそらくユーチューバーの大半はこういったところを嫌って参入していない可能性があるのではないでしょうか。私自身は Amazon Kindle をやっているのでこのあたりに関してはそれほど面倒くさいとは思っていません。やることは一緒なので Amazon Kindle と同じように何もなければ書くことは同じなのでそれほど難しいとは思っていません。

一方 YouTube はアカウント登録してから一定の収益化までに時間がかかります。チャンネル登録者1000人、総再生時間4000人ということで本当に面倒くさいです。どちらかといえば Amazon ビデオダイレクトはこのような収益化を外したりすることがありませんので私はどちらかといえば Amazon ビデオダイレクトの方がめちゃくちゃいいと思います

 

動画を販売できる

 

YouTube の場合は動画を販売することはできませんが Amazon ビデオダイレクトの場合は動画を販売できます。これって魅力的じゃないでしょうか。これほど魅力的なものになぜユーチューバーの大半が参入しないのか私は理解できません。おそらく税金関係の問題にものすごくめんどくさいのではないかと思いますがそれも一理ありだと思います。

YouTube は動画を販売できない点がデメリットでありスーパーチャットなどはありますが、よっぽどのことがない限りはなかなか投げ銭というのはやってくれないでしょう。それであれば私自身は Amazon ビデオダイレクトに参入するといった選択肢が一番いいと思っています。 YouTube のアカウントも停止疲れたらということを考えればリスク分散のためにはちょうどいいのではないでしょうか。そしてあなたが Amazon Kindle をやってるのであればアカウントの作り方や税に関するインタビューなど一度は行ったことはあることなのでそれほど難しくはないと思います。

 

 

著作権侵害の心配がない

 

Amazon ビデオダイレクトは動画一本一本に審査があるため著作権侵害が全くないわけではありませんがもし不適切な動画がある場合はその時点で削除される可能性があります。 YouTube のようになんでもかんでも動画を投稿できるわけではないので当然ですが動画投稿にものすごく時間がかかるのが Amazon ビデオダイレクトのデメリットです。また権利関係になると非常に厳しいのは Amazon の一番の嫌な部分と言ったらいいかもしれませんがそれでもしっかりとした動画を出すのであれば Amazon ビデオダイレクトは私はお勧めできるでしょう。

ほとんどのユーチューバーが手を出さない Amazon ビデオダイレクトにあなたが参入して先行者利益を得た場合かなり有利になるのは間違いありません。私は参入するべきだと思っていますが著作権侵害の心配がほとんどない理由はきちんとした審査があるからです。仮に著作権侵害があった場合は本人の申請がない限りは対処してくれませんがまずそれがないようにな動画をしっかりと作るべきでしょう。ほとんどのユーチューバーが参入していない子のブルーオーシャンの Amazon ビデオダイレクトあなたも参加するべきです

 

いかがですかあなたも Amazon ビデオダイレクトに参入しませんか

 

Amazon ビデオダイレクトのことばかりを話してきましたが私自身は Amazon ビデオダイレクトの方がやはり効率性があると思ってます。もはや YouTube が収益化を外したりするって言っている以上馬鹿げたユーチューバーがこれ以上出て欲しくありませんので YouTube 離れの進むでしょう。私自身は YouTube を辞める覚悟はいつでもあります。自分の電子書籍に書いてありますしそれ自体は嘘ではありません。

Amazon ビデオダイレクトで自分自身が成功したいし Amazon Kindle に参入した頃の自分を思い出すとちょうどその頃はユーチューバーとして自分自身が駆け出した頃と同じ時期だったので本当に Amazon ビデオダイレクトに参入するかどうかはこれから考えて早ければ早いほど良いので年内に参入することができればいいなという風に思っています。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です