YouTube

YouTuberで成功する条件

更新日

Seikou

こんばんは植田雅俊です。

ユーチューバーで成功するためにはどのようにすればいいでしょうか。私は小手先のテクニックで成功するのではなくやはり思いを込めた動画を作るべきだという風に言い続けていますが最近のユーチューバーは小手先のテクニックだけに依存しすぎていないでしょうか。動画作りも確かに大事ですかより動画の内容にこだわらないと炎上系のユーチューバーのように完全に敵を回したような動画を作ってしまうとそれは単にアンチを作るだけであり YouTube がとしても迷惑な動画として取り扱われるに過ぎません。

私から見ればバカ動画と言ってますがそんなバカ動画を端に増やしても何のメリットがあるのでしょうか。あなたが実社会で人を罵るようなことをやったらどうでしょう。名誉毀損で訴えられますね。それと同じように動画は量より質をこなせなければいけないということはこれまで話してきました。つまり質の悪い動画なんてもう必要ない時代になってきているということなんです。

私が求めるのは思いを込めた動画、つまりは人から感謝される動画です。人から感謝されない動画を誰が作って誰が喜ぶんでしょうか。そんな憎まれ口のような動画をいくら見たところで人は不愉快になりやがては憎しみを生むでしょう

 

まともな動画を作れるユーチューバーがいないのか

 

私にはまともなユーチューバーが本当にいないのかというふうに思いますが、最近の YouTube の運営を見ているとどうしても特定のユーチューバーを贔屓したりしているところもあります。言うまでもありませんが特定のユーチューバーを併記したりすると頑張っているユーチューバーにとっては迷惑な話だと思います。そして小手先のテクニックで YouTube 動画をいくら作ってもチャンネル登録者も総再生時間も増えません。

これは今までお話ししてきたように何のためにあなたが動画を作っているのかという目的が分からないからです。動画を作る目的もう一度考えてみましょう。あなたが YouTube を始めた目的は何ですか。お金目的でしょうか。ユーチューバー=お金確かにそのような図式が成り立ちますがそれではいけないんです。そのためなら何でもしてもいいというのは法律違反を犯してもいいというわけではありません。

どうせ作るのであればまともな動画を作ってほしいということではないでしょうか。近年のユーチューバーは非常に達の悪い動画を作り続けるということで本当に問題視されているということですが、私自身は人から感謝されるような動画を作りそしてこれからもいろんな面で人から愛されるのような動画を作っていこうと思っています

 

アカウント停止になる YouTube のタイプ

 

アカウント停止はユーチューバーにとって誰でもあることだと思いますがこれまでブログでもお話ししてきましたようにどのようなユーチューバーの動画がアカウント停止になるかは分かりません。私もある程度予測をしているブログに書いていますが最近は予測のつかないことすら起きているのが現状です。ヘイトスピーチのような動画が確実に削除されたとしてもその巻き添えを食らったという現状があります。つまりどういうことかといえば現在のアカウント停止祭りがまだ続いているということではないかと思われます。

特定のユーチューバーを潰す、多勢に無勢とはよく言ったものですが本当にタチの悪いような連中があなたのアカウントを停止させるまで通報してくるでしょう。しかしいわれなき通報は異議申し立てをすれば大抵の場合は元に戻るはずです。それにしてもなぜかこのアカウント停止祭りがまだ続いているということ自体が強いですね。私は不要なことには関わりたくないのでアカウント停止祭りに巻き込まれることはないと思いますが首を突っ込みすぎるとターゲットにされてしまうのでこれ以上は言いません。

ただひとつ言えることはこういった連中が必ずターゲットにするのは気に食わない人間だと言えることではないでしょうか。まるで粗探しをして通報する、このパターンは本当にあるみたいです。私はこのようなやり方をあまり好きではありませんがただヘイトスピーチがなくなるんだったら普通に通報すればいいじゃないかというふうに思うのですがなぜか多勢に無勢のようなやり方をする日本人はどうしようもないですね。

いい動画ほど人から愛される

 

いい動画は人を感動させます、しかし悪質な動画は敵を作るだけに過ぎません。たったこの違いを知らないユーチューバーが非常に多いことに呆れるだけです。あなたの周りが敵ばかりとだとしたらそれは完全なる四面楚歌でありなおかつ私自身はきちんとした動画を作るべきではないかと思われます。動画作りの基本はいつも話してるように、人の役に立つ動画を作る、感謝される動画を作る基本はこの二つに過ぎません。

人の反感を買うような動画を作れば少なくとも意味をないようにアンチがついてきます。言うならば自分でアンチを作っているようなものです。ですから大事なことはアンチを作らないように動画を作るということが大事ではないでしょうか。絶対にアンチを作らない方法なんてこの世にありません。アンチは絶対についてしまうんです。 YouTube 上ではアンチをブロックする以外で対処法はありません。彼らのような承認欲求の強い人間ほどあなたのチャンネルを潰そうとするのは言うまでもないですが、彼らの意見は聞かないそのようにするべきではないでしょうか。

 

逆に悪い動画はアンチを作る

 

悪い動画を投稿すれば投稿するほどアンチを作るということは言うまでもありません。なぜアンチができるのかといえば悪い動画を作っているとしか思えないからです。あなたの周りにアンチが多いということは自然にできているのかそれとも動画の内容に対してなのかは人それぞれですが私は逆に言うとアンチを作るような原因を作っている動画をあなたが作っているのではないかと思います。

これはあなた自身の問題ですので私が何とも言えませんがいい動画を作ればいい人が寄ってきて悪い動画を作れば悪い人しか寄ってこない法則というものがあります。要するにそれに当てはめてみればいいだけの話です。ユーチューバーは常にいい動画を作ってこそ意味があると思いますが最近は本当にアンチが多い動画を作りすぎているせいかアカウント削除も異常に多いですね。こういう動画はろくな動画じゃありませんので作らないことをお勧めします。

 

ユーチューバーの収入よりも人の役に立つ動画を作る

 

ユーチューバーの収入はもちろん大事ですがユーチューバーの収入大切なことは人の役に立つ動画をいかに作れるかということです。現在のユーチューバーは人の役に立つ動画を作るというよりも欲望のままに言って自分のやりたい放題の動画を作って収益を得ている人間が多いです。これでは人の役に立つ動画というより欲望のままに生きているような人間ばかりが本当に目立ちますね。これではいけないんです。大切なことは人の役に立つ動画をいかに作れるかということです。

そうすることによってチャンネル登録者が増えますし収益化も自然にできることでしょう。あなたが収益が目的で作るのであればどうなる安房な動画でも人は視聴するかもしれませんが逆に言うならば不愉快な動画を作って人生が楽しいと言える人はおそらくいません。はっきりいってくだらない動画を作るより人の役に立つ立つ動画を作るビジネスマンであればこのくらいのことをやっておいてもいいのかもしれません。ユーチューバーがビジネスというのであればきちんとした動画を作って収益を得る当たり前の話です

 

まとめ

 

話とはずいぶん関係のない方向に記事を書きましたが異常が作ればいい人が来ます。逆に悪い動画を作れば悪い人しか来ません。実にシンプルイズベストでありなおかつ動画の作り方さえ間違えなければ YouTube は楽しい場所になるのは言うまでもないでしょう。私がユーチューバーを目指している時本当に色々ありましたがとにかく言えることはいい動画を作ることに徹するということです。悪い動画は消して作らないようにしていただきたいと思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です