病気

ギャンブル依存症はまさに怖いもの

更新日

ギャンブル依存症はまさに怖いもの

おはようございます植田雅俊です。

ギャンブル依存症というのは非常に怖いものです。カジノ法案を通ってからの方が曲がりギャンブル国家になろうとしていることは間違いないでしょうが、このようなギャンブル依存症が増えてしまうと確実に不幸になるのは間違いありません。なぜならばギャンブルなんて胴元が儲かるだけですから絶対に勝てるということはありえないのです。なぜギャンブル依存症にかかる人が多いのでしょうか。

彼らはお金の使い方を知らないからです。お金をもらえば自分勝手に使う、つまりマニュアルがないといったところでしょうか。お金の使い方に関するマニュアルなんてどこにも聞いたことがありませんし私自身もそんなものは存在しないと思っています。しかしこの世からギャンブルがなくならない理由の一つがギャンブルをやって行かないと困る連中がいるからです。

ギャンブル依存症は治らない

 

ギャンブル依存症が絶対に治らない理由の一つは一度ギャンブルにはまってしまえば覚せい剤を塗るやるよりは怖いと言われているぐらいですのでこのギャンブル依存症から抜け出すためには絶対にギャンブルをしないということが条件です。当たり前ですがパチンコ依存なんてとんでもない話です。一度やってしまえば永遠にパチンコ依存になってしまうということを言うのではないでしょう。

世の中を不幸にして誰が喜ぶのでしょうか。世の中か幸せになってもらっては困る連中がいるのでしょうか。私は非常にギャンブル依存というのが自分自身も怖くてこのような事件が起きてしまう可能性というのは十分にありえるからです。せっかく稼いだお金もギャンブルにつぎ込んでしまえばどうでしょう、あなたのお金も結局のところは無駄なお金になってしまうということになってしまうのですから溜まったものじゃありません。

仮想通貨も同じこと

 

仮想通貨とは文字通り通貨がないということが前提になりますのでそこにお金を投資するということはギャンブルをやっているのと大して変わらないのです。ネムの問題で仮想通貨に関する規制が厳しくなると思いましたがもはや無責任な連中が自分が投資したお金に対して返せ返せのオンパレードというのはどうでしょうか。私はそれは非常に無責任だと思っています。これじゃまるでギャンブルで負けたお金を返せと言っているようなものです。

都合のいい時は仮想通貨を勧めておきながらいざネムが破綻したら被害者面するというのはいかがなものでしょうか。世の中というのは汗水たらして働いたお金ことが私は大事ではないかと思いますが ギャンブル依存症というのは仮想通貨にでも言えることだという風に私は非常に思っているというところです。

 

カジノ法案で不幸になる人間はどれだけいるのだろうか

 

カジノ法案で不幸になる人間は必ず出てきますしギャンブル依存症の問題なんてどこに行ったやらという風に思います。世の中からギャンブル依存をなくすためにはどのようにすればいいのかということを考えなければいけないのになぜかギャンブルを進める日本のこの質の悪さというのは悪質でたまったもんじゃないでしょう。今の政府は確実にギャンブルをやろうとしているということは間違いありませんが統合型リゾートと言われても私はピンと来ません。

はっきり言うと降らないギャンブル依存を作るための口実に過ぎないとしか思っていないのです。ですからこのようなでたらめを言うような政治家に騙されてはいけないということです。我々はどんどんと貧困になっているそれを言うまでもなく貧困にさせられているということに気づかなければいけないということでしょう。しかし多くの人は政治家の言うことが正しいというふうに思っていますがギャンブル依存はとんでもない話ですがあなたを不幸にします。

 

全てを奪うギャンブル依存恐ろしいですよ

 

人生も何もかも終わってしまうギャンブル依存というのは本当に怖いです。このような法案を作った今の政権に対してなぜ誰も何も声を上げないのか不思議でたまりません。しかし一つだけ言えることがあるとすれば私はこのような政権に対して憤りをすごくを感じているということは確かです。ギャンブル依存症という言葉を聞いて他人事みたいに思うことが多いかもしれませんがあなたの身近な問題でもあるということに気がつかなければいけません。

せっかくネットビジネスを始めたとしてもギャンブル依存の家族がいればあなたのネットビジネス収入がすべてそちらに行ってしまうとするととんでもない話ですが私は非常に不幸だという風に思ってしまいます。ですからそのようなことにならないためにもギャンブル依存にならないということが非常に大切ではないかという風に思っています。

 

ギャンブル依存対処法

 

ギャンブル依存の対処方法はいろいろありますが基本的にギャンブル以上の人間にお金を持たせないということは大切でしょう。しかしギャンブル依存の人間はお金を持たせないと凶悪化すると言われていますので適切なお金の管理はいいかもしれませんが基本的に第三者がお金の管理をするのが一番良いのではないかと思います。

ただこれが財産権の侵害と言われてしまえばたまったもんじゃないですが私は基本的にギャンブル依存にならないためには第三者がきちんとした管理をしなければいけないというのは言うまでもないです。第三者が関与するというのはあまりいいことではありませんがそれでもギャンブル依存にお金を使ってしまうと何のために支給されたものかっていうことが分かりませんのでこのようなことはあまりやりたくないでしょうがまずギャンブル依存を減らすためにできることからやりましょう。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

1 thought on “ギャンブル依存症はまさに怖いもの”

  1. ランキングから来ましたtakeshiです。
    ギャンブルに限らず、人は何かに依存して生きるものですね。
    アルコール、喫煙、色々あると思います。
    でも、人間やっている以上、これもしかたない
    事なのでは、とも思います。
    また訪問させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です