社会問題

NHKの受信料それなりのコンテンツ作っているか

更新日

NHK=受信料問題というイメージがありますが日本ではまさにNHKは
どこの国の放送局でしょうか。本当に私はどこかこの国はボッタクリの
国に成り下がったのは言うまでもありませんが、しかしあえて言えば
払いたくはないです。

[—ATOC—]
[—TAG:h1—]

 

NHKは一体どこに行こうとしているのか

NHKは少なくとも言えることは国民の方向は向いていません。政権の
方向を向いているのは間違いないでしょう。なぜネットからの受信料を
取るのでしょうか。

2520円が高いのかどうかはわかりませんが半強制です。この料金を
やすいとい人もいるかもしれません。確かに何かを我慢すればいい
だけです。しかし投資する側がもし馬鹿げたコンテンツを出すのであれ
ばどうするのでしょうか。

私はまず払わないしこんなことはしません。払いたくない人の多くは
コンテンツが気に入らないからでしょう。ですからコンテンツビジネス
であるNHKはもっと考えるべきです。

 

受信料の不払いは今後も増える

 

なぜ受信料の不払いは増えるのでしょうか。誰もNHKに払いたくはない
ですね。

  1. アホ番組を作っている
  2. ニュースでもウソを平気で言う。
  3. 政権とべったりの放送局
  4. インターネットとテレビの融合からネットからも受信料を取る

こんなふざけたことをするのです。あなたはこのままNHKに受信料をしはらい
ますか。おそらく100人いれば50人は払わないというでしょう。つまり2人に1人
です。ですからあなたがなぜこんなNHKに受信料を払っているのかもう少し
考えてほしいと思います。

 

訴訟されても戦う

 

仮にNHKから訴訟をされても払う理由などないということをはっきりといいま
しょう。またNHKは姑息な手を使ってでも契約を取ってくるのでいろいろな
意味で私自身は本当に呆れています。

NHKの集金人は強引でヤクザまがいだということはきいたことがありますが
本当に許されないですね。これじゃプライバシーもクソもありません。ですから
泣き寝入りせずに裁判でも争うことをしましょう。

 

NHKをぶっ壊す! 受信料不払い編

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です