YouTube

Masatoshi Liveをやって思ったこと

更新日

Free-Photos / Pixabay

 

(2018年8月11日)

 

こんばんは植田雅俊です。

 

私はユーチューバーとしてMasatoshi Liveを やっていますが基本的にライブをやるには週に1回程度しかやりませんが6月ぐらいには頻繁に行っていました。Masatoshi Liveは 現在140階をやっていますが 個人的にはチャンネル登録者はこれで増えたということが増えたと思いますが 自分自身がライブをやって思ったことはいろいろあります。 ただライブをやって思ったことは あまり自分の話していること関心はないなということが非常にわかってきました。

自分がネットビジネス系のライブをやっているのになぜか 雑談でもしろと言ってるような感じで 話してくる人もいますが私はそのようなことには絶対に乗りません。 自分のコンセプトを曲げるということは 人の都合でなんでもかんでもやれと言っているような人間と同じにされたくないからです。Masatoshi Liveは 常に色々なことをお話ししますが自分の話すことは常にネットビジネスに関する医学に立つ情報です。 役に立たなければチャンネル登録を解除すればいいだけの話ですからそれだけで事が済むのであれば誹謗中傷もいらないでしょう。 ですので私自身がこのライブを通じて色々なことを感じたことが ありますのでそのことについてお話ししていこうと思います。

 

ライブをするのが怖かった

 

 

最初ライブをするのが私自身は強かったのですが普通の動画投稿をやっていましたがチャンネル登録者がなかなか増えなかったということで本当に頭打つしていた時でした。 その時にある方がコメントでこのように言いました。

「 ライブやるべきですよ」

確かにライブをやらなければいけないというのは言うまでもありませんがユーチューバーの大半はライブをやっています。 自分だけがやらないというのは結構矛盾をするかもしれませんが私自身はライブをやりました。 スマホのカメラアプリを使ってライブをやりましたが基本的にあまり観てくれる人はいませんでした。 それでもチャンネル登録者というのは自然に増えてくるものだなという風に感じました。 中では馬鹿にする人間もいましたがそれでも私はめげずにチャンネル登録者を増やすために ライブをやったことは事実です。 6月から7月の3日月で約100人のチャンネル登録者が増えたことは事実ですが確かにこれは効果がありました。 しかし現在の少し停滞していますが 伸びるように頑張りたいと思っています。

 

コアなファンが増えた

 

 

自分自身がライブをやって思ったことはコアなファンが増えたということは間違いないと思います。 そして何よりをはっきりしていることは 幅広い層の人に見られていたということが言うまでもなくあったのではないでしょうか。 個人的にはアンチも多いですが それでも自分はライブをし続けたということは事実ですしやはりやめなかったということが何よりも良かったのかなという風に思います。

どうしてもアンチは 存在するものですが基本的に私自身はアンチがいようと何をしようと ライブを続けるということの意味がようやくわかったような気がします。 やはり知らない人とネットで繋がってるということ自体が 不思議な時代ですから とにかく自分自身がどれだけアピールできるかということを知りたかったのでどんどんとライブをしました。 もちろん全てが受け入れられたかといえばそうではないと思いますがそれでも私は 自分の信念を貫き通しそしてネットビジネスに関する情報を発信してきました。 だからこそここまで諦めなかったのかなという風に思います。

 

もちろんアンチをもいる

 

 

ライブやだ中で思ったことはアンチもいたということですがそれでも私は諦めずにやりました。 アンチについては散々お話ししたように自分自身が アンチから逃れられないということを常に言っているので それほど強くはなかったと思いますがそれにしても本当にライブをやるというのは勇気がいると思います。 普通の動画を出すのであれば別に誰だってできますが YouTubeでライブをするとなると 困った話ですが色々な妨害工作に会うでしょう。

でもそんなアンチに負けてはいけません。 アンチもいてもいいですけども 別にアンチのためにライブをやってるわけではなくコアなファンを作るためになっているのでありなおかつ情報発信ツールのためにライブをやっているのです。 私の基本的なコンセプトはそこにあると思います アンチが何人いようとも関係ありません。 基本的にやるべきことはひとつです。 それはコアなファンとチャンネル登録者の獲得です。ですからアンチのために私は動画を作ったりライブをやったりしているわけではないのでそのあたりはわきまえるようにしないといけないと思います。

 

まとめです

 

 

自分のライブを振り返って思うことはいろいろありますが基本的にはライブをやるほうがいいに決まっています。 やはりライブをやってチャンネル登録者を増やすというのは王道だと思いますが ただうまくいくかどうかは正直わからないというのが私の現状の考え方です。 多くのユーチューバーがライブをやっているということはそこにライバルがいるということなので個人的に言うのであれば どのようにしていくライブをやって チャンネル登録者を増やしていくのかっていうところが勝負ですね。

とにかくひとつだけはっきり言えるのは 自分自身が youTube ライブをやって思ったことをただひたすら言うだけかもしれませんね。 いろいろとやって思ったのは とにかくチャレンジすることそれだけだと思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です