メディア

田村耕太郎氏「頭にきてもアホとは戦うな」から学んだこと

更新日

 

ネット社会の誹謗中傷というのは本当につまらないものですね

匿名をいいことに色々な人を誹謗中傷している人はどういう心の闇があるのかはわかりませ
んがネットビジネスをやっていると誹謗中傷というものは避けられないものです。そんな時に
出会った本があります。田村耕太郎氏の本「頭に来てもアホとは戦うな」という本でした。

ずっと読んでみて思ったのは田村耕太郎氏は政務官まで勤め上げた政治家ですがここで言って
いることは要約すれば誹謗中傷する人間なんか別に相手にするなということです。時間の無駄
であると言った方がいいでしょう。なぜ誹謗中傷する人はこんな事に時間を割くのでしょうか
私自身も分かりません。

 

 

ネットで誹謗中傷する人は本当に暇人なのか成功者じゃないのか

 

 

結論から言うとどちらにも当てはまるでしょう。ネットで情報発信をやっていればどちらか
に当てはまる人間に当たってしまうということは仕方がありません。しかしこのどちらかに
当てはまってしまうとどうしても誹謗中傷の涙止まらずに同じ相手から誹謗中傷を受けてし
まうということは非常に胸糞悪いかもしれませんね。

そんな時このようなアホと戦っても仕方がないということは言うまでもありません。相手が
アホですからね。私自身はこのようなアホと戦う暇があるんだったらネットビジネスをしま
す。その方が楽しいですし自分のスキルアップにも繋がるのでネットビジネスをやるほうが
よっぽどましだという風に結論付けました。

もし田村耕太郎氏の方に出会っていなければいつまでもこのようなアホを相手にしていたか
もしれません。

 

 

成功者は絶対に誹謗中傷しない

 

 

成功者が誹謗中傷なんてしますか。絶対にしないと思いますね。しかし世の中というものは
本当に分からないところが多いので私自身はこのような成功者になるべく色々と努力をして
いますがなんせ色々なことがありますので誹謗中傷の的にされてしまうということはあるで
しょう。

しかしそんなことに負けても意味がありませんし個人的には馬鹿馬鹿しいと思っています。
そんなことに負けてどうするんですか。本当にやりたいことをやるということが私自身のミ
ッションですから何より大切なことはしっかりとしたことができるということをやらなけれ
ばいけないという風に思っています。

 

 

アンチがいればいるほどあなたのファンは増えている

 

 

どれだけアンチが言おうと私には関係ありませんがアンチの意見というものは本当に聞いて
も無駄だと思います。まともな常識を持たないアンチがいっぱいいるのであれば困った話で
すが私自身も対処する方法は分かりません。しかしあなたがまともにアンチと家にあったと
ころで何の意味があるでしょうか。

ほとんど意味が無いと思います。ですから私自身はしっかりとしたビジネスを確立するとと
もにとにかくやるべきことはしっかりとやって行こうと思っています。

 

 

Amazon レビューの低評価バカ

 

 

最近私自身も Amazon レビューの低評価バカに悩まされてきましたが、この低評価馬鹿に関
しては本当になんでもかんでも1をつければそれでいいのかという風に思い出すね。どんなに
良い商品を出したとしても気に入らないからというだけで低評価を付けまくっているのです
から明らかなねとクレーマーではないですか。このような誹謗中傷をやっている人間こそ人間
のクズだとしか思えません。

田村耕太郎氏の本を何度も読むっちにわかったのはこのようなクズを何とかしなければいけな
いということではなく相手にするなということです。冒頭にも書きましたように私自身も色々
と苦労した人間ですから本当に失敗というのは人生で何度もありますが Amazon レビューの低
評価バカにはなりたくありませんのでもしあなたもそのようにならないでください

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です