インターネット

漫画村という違法サイトが消えましたが貴方はどう思いますか

更新日

aixklusiv / Pixabay

 

日本政府が漫画村を強制削除したというのは最近ニュースで知りましたが、これは Google
でミレニアム著作権法という法律を使って Google の検索エンジンからすでに消えていますが
実際はどうでしょうか。確かに漫画村のような違法なサイトがあるというのは出版社にとっ
て大ダメージを受けるのは当然な話です。

お金を出して買えば済むことをわざわざこのような違法なサイトでなぜにいるのでしょうか。
私は不思議でたまりません。たった電子書籍が1000円も2000円もするのであれば買わなきゃ
いいだけの話ですがそんなにするんでしょうか。漫画村の問題にはもう一つ政府がブロッキ
ングというやり方したと言う問題があります。

 

プロバイダーは反発している

 

 

確かにプロバイダーからしてみれば今回のブロッキングというやり方は少し強引なやり方か
もしれませんが漫画村では野放しにしていいのかといえばそうではないでしょう。このよう
な違法サイトがいくらでも出来上がっているのであれば確かに今回のやり方はあまり歓迎はで
きませんがこうしてまでも削除しなければいけないのは出版社が一番ダメージを被るのは当
然です。

私自身も Amazon Kindle で電子書籍を出しているのでこのような被害をあった時にどのよう
な気持ちになるかというのは痛いほど分かります。出版社を通していないので個人で出版し
ている人間として言えることは出版社はものすごくダメージを受けるのは確かです。

 

 

ブロッキングに関して検閲ではないかという声もある

 

 

憲法で保障された言論表現の自由が悪用されるのではないかいや弾圧されるのではないか
と言う心配が上がっていますね。これは確かにそうかもしれませんが日本では検閲は禁止
されています。政府はやむを得ず漫画村に対してこのような措置を取ったとはいえ他になか
ったのかと私は思います。

もしこのブロッキングが悪用された場合あなたのブログが検閲され最悪の場合は削除されて
しまうという可能性はあるのです。しかし日本ではこのようなことは絶対に起こしてはいけ
ません。もちろん漫画村に関して言うならば著作権侵害というのは一番やってはいけないこ
とですが私自身はこのようなブロッキングというやり方がどうも納得できないのです。

 

 

だからといって著作権侵害を許すわけにはいかない

 

 

漫画村をはじめとする著作権侵害のこのようなサイトは氷山の一角にすぎないでしょう。
おそらく出版社にとってこのような漫画村を一つ削除した程度ではまだまだ出てくる可能
性はあります。 YouTube でもそうですが著作権侵害の動画というのはどんなに取り締まっ
てもまたアップロードするという繰り返しがあるのですからたまったもんじゃありません。

なんでもタダで見れるそんなオイシイ話がどこにあるんでしょうか。合法的にすれば済むこ
とを本当に人間というのはお金を出さずにただ読みするというのはどこか私は質が悪いと思
いました。たった数百円程度のことがこのような大きな事件に発展するというのは非常に残
念です。どうせならば Amazon Kindle などにの巨大なプラットフォームで出す方が安心でし
ょう。水と起きないことを願いたいと思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です