YouTube

YouTuberで食べれられることはない

更新日

YouTube で食えるかどうかは正直わかりませんがユーチューバーはほとんど食べられないでしょう。一部のユーチューバーを除けばほとんどの場合アカウント停止ということが常にリスクになっているのでユーチューバーは常に削除リスト隣り合わせと言っても過言ではないでしょうね。しかしそれでも稼げると言っている人間がいるぐらいですからね危ない動画でも作らない限り無理でしょう。

しかしそのような動画を規制しようという動きがどんどん YouTube 上でもある中でユーチューバーがこの先稼げるかどうかというのはほとんど無理だと思っています。このようなことを言うのもなんですが私自身もユーチューバーではありませんが YouTube で情報発信をしている人間として言えることは確実に YouTube で稼げない時代がやってくるということです。単純に言うのであれば氷河期みたいなものがやってくるということは間違いないでしょう。 YouTube はどんどんと規制を厳しくにしていますしアドセンス収入ですがなぜこのように厳しくなっているのかすら分かりません。もはや私自身も YouTube のアカウントが削除されることはないという風に言えませんが一つだけ言えるのは安全なアカウントを作ってという風にならなければいけない時代が来るのではないでしょうか。

 

とにかくまずやるべきことはアカウントを守ること

 

アカウントを守るということは常に YouTube の削除というのはあり得るということなのです。あなたのアカウントが削除されたら何も残りません。何が残るのでしょうか。今まで作った動画が全て削除されてしまうとせっかくの努力がパーになってしまいます。これじゃ馬鹿らしいと言っても過言ではありませんし正直 YouTube で何のために動画を作ってきたのかという風に私自身も思ってしまいます。

もちろん相手にコントロールされるのですから当然相手のルールに従わなければいけないというのは当然でしょうね。ルール原理主義を言うようなトップコントリビューターもいるぐらいですからそのような人間にごちゃごちゃ言われる筋合いはありません。確かにルールは守らなければいけません。しかし本当に YouTube はルール通りにやっているかどうかは不明です。もちろんアカウントを削除されたユーチューバーも中には不満を持っている方がいらっしゃるのではないかと思います。

 

過激な動画は作らない

 

過激な動画を作ってしまうとアカウント停止になってしまう可能性があります。最近の YouTube のパターンは確実にアカウント削除をしてくる可能性があるので下手な動画は作らないということが重要ですね。何より大切なことは健全な動画を作っていれば安全です。健全な動画を作ってもアカウントを停止されるということはあなたがどこかでとばっちりを受けた可能性があります。油断しているとそのようなこともありますのでぜひ気をつけましょう。

物申す系ユーチューバーと言われる人間というのはアカウント削除があったとしても乞食のように媚び売るので私は嫌いですね。本当にユーチューバーというのは一旦人気になればブレーキが利かないダンプカーと同じぐらい質の悪い人間がどんどん出てくるということであり社会問題を起こしているというのもうなずけます。過激な動画を作らないことが一番いいのではないかと思われます。

 

アカウント停止祭りから見えたこと

 

半年前にアカウント停止祭りがあってから本当に今もあるのかどうかは知りませんが正直言うとこのアカウント停止祭りがユーチューバーを追い詰めたと言っても過言ではありませんが私自身はヘイトスピーチのユーチューバーの動画が結構削除されたというのは言うまでもなく本当にここまで削除されるべきなのかという風に思いますが中に遊び半分でやっているような人間もいますね。いずれはこのような連中も裁かれることでしょうが本当にアカウント停止に巻き込まれたユーチューバーもいるのではないでしょうか。

一番かわいそうなのは関係のないユーチューバーまでアカウント停止くらったかもしれないということです。もちろん YouTube 側としてはこのようなことを利用してアカウント停止に追い詰めたいというのは当たり前の話ですがあまり私は感心しないですね。外部の力を利用して自分たちの手柄にする、いわゆる漁夫の利を使ってこのように得をするというのは個人的なやり方としては好きじゃありません。アカウント停止祭りはまだ続いているかもしれませんがこのような連中に巻き込まれないようにするためには関わらないことが重要です。

健全な動画を作れ

 

先ほどもお話ししたように健全な動画を作っていればアカウント停止は絶対にありえません。それでもアカウント停止をされたのであれば異議申し立てをすればいいと思いますが ほとんどの場合は通らないというのが現状でしょう。健全な動画を作ってもアカウント削除される場合はもはや YouTube 自体が機能していないという可能性がありますね。

私自身は現在 YouTube を使って5年になりますがその先のことなんてわかりません。ただ一つだけ言えることは YouTube が今置かれている立場というのはおそらく何か改善しようとしていることは間違いないでしょうし、 YouTube のシステムそのものが変わるわけではありませんがルールが変わろうとしていることは間違いないですね。そんな中でユーチューバーがどのようにして生き残るかまさに私自身は健全な動画を作っている人間こそが生き残るのではないかと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です