YouTube

YouTuberはどうして身勝手な人間ばかりなのか

更新日

 

こんばんは植田雅俊です

最近思うことがあります。私自身はユーチューバーは何か苦手な存在だという風に思ってるのですが、子供がなりたい職業第6位のユーチューバーという風に言われていますが個人的にユーチューバーが仕事として成り立つと言うかといえば成り立たないと思います。やはり社会問題を巻き起こすユーチューバーが果たして仕事になるのか、逆に言うならば子供に悪影響を与えかねない YouTuber  はもう終わっているのでで私自身は仕事というよりも迷惑な人間が一人でも減ってほしいというふうに思っています。

 

 

なぜユーチューバーがこれだけ目立ちたがりなのか

 

 

ユーチューバーは収益化のためにしか働いていません。もし収益化がなければ YouTube でやってもデイリーモーションでやってんだそれは大して変わらないのです。今収益化のガイドラインが結構厳しいのはユーチューバー自体がその原因を作り逆に言うならば私自身は身勝手なユーチューバーがこれ以上増えてほしくないなという風に思います。

本来ユーチューバーという言葉は YouTube の公式の言葉ではありませんが別に使おうと使わないそれは自由です。しかし迷惑なユーチューバーが増えすぎると一番困るのは私自身せっかく収益化を目指しているのにまだ収益化が伸びてしまうという可能性があるのではないかと思います。結局足を引っ張るユーチューバーがいるお陰で一部の人間が得をする真面目な人間がバカを見るようなことにならないようにしてほしいと思います。

 

 

他の収益権を考える

 

 

私は常々 YouTube でもお話ししていますが他の収益源を考えるということが大事です。 YouTube にゴマをすったところで何の意味もありませんし個人的には他の収益源をきちんと作っていくということが大事でしょう。なんでも無料で済ますのは完全にネットビジネスをやっていない人だと思います。そして自分が無料で済ますと言うをもらい根性が結構付いているのでこういう人は結構ダメな人だと言うルーム私自身は思います。

他の収益源を考えるならばまず投資をする、当たり前ですが投資をしなければ全然意味がないのです。私は投票するということは非常に重要ですし個人的にはネットビジネスで登記していくということがこれからも重要になってくるのではないかと思います。

 

 

アドセンスの収入だけでは厳しい

 

 

アドセンスの収入なんていくらかは言えないのですが本当にこういうことを言うのはあまり好きではないですがユーチューバーの収入というのはひとつの収入源にすぎません。ですので複数の収入源を持つということをまず考えましょう。あなたが複数の収入源を持てば持つほどネットビジネスでは成功するというのです。しかし多くの人は複数の収入源を持つという考えよりも一つの収入源ばかりを作ろうとするからです。

確かに一つの収入源を集中して作るということは間違いではありません。しかしあなたがある程度一つの収入源で利益を得ているのであれば次の収入源を作っていくということも考えなければいけないのです。アドセンスの収入はたかだか知れています。しかしあえて今回は申し上げませんが別の言い方をするならば飯代ぐらいはあるでしょう。

 

 

アフィリエイトの収入

 

 

一番考えてほしいのはアフィリエイトの収入です。私自身もアフィリエイトをやっている人間ですがアドセンス収入だけでは結構きつい部分があるのでアフィリエイトをメインにやっているとある程度楽になるということは間違いないです。アフィリエイト収入がやはりあればあるほど生活も楽になるのでどんどんと作業をこなしていくということが大事ですね。

私自身はこのブログをメインにどんどんと更新して行こうと思っています。それは言うまでもなくあなたに伝えたいことがたくさんあるからです。サブブログは一日一記事更新にシフトします。少し話はそれましたがどうしてユーチューバーがこのように身勝手な人間なのかといえばお金の事しか考えてないんですねそれではダメです。観る側の人間のことをしっかりと考えないと報酬は得られないと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です