アフィリエイト

クレーマーを味方にする方法

更新日

braetschit / Pixabay

 

クレームをする人が後を絶たないネットビジネスの世の中で、あなたはクレーマーに対し
てどのような対策を講じているでしょうか。クレーム=主張するという意味で使われてい
ますが、私自身はネットビジネスで色々なクレーマーに出会ってきました。しかしクレー
マーというのは一旦その商品に対して文句をつけてくるといくらでも低評価を付けるとい
うのが特徴です。

クレーマーを何とか排除したい、確かに販売者にとってクレーマーは厄介なものですし売
上に左右するものではありますが逆に見るとどうでしょう。なぜクレーマーはそれだけあ
なたの商品に固執するかということを考えて欲しいと思います。

 

 

改善を求めている

 

 

クレーマーにも様々なタイプがいますが、建設的にあなたのことを批判するタイプというの
はどこか改善すればあなたの売上につながるということで、そういった意見は別に聞けばい
いと思いますが、たちの悪いクレーマーはまず聞かない方がいいでしょう。どんなにあなた
が商品を改善したとしても同じようなことを言う人は大抵その商品に対して嫉妬心があるか
らです。

私は電子書籍も出していますし情報商材も販売している人間ですので色々なクレーマーを見
てきましたがやはり共通点が一つあるとするならば改善してほしいというよりもただの批判
という方が多かったのではないかと思います。

 

 

販売者は悪いのか

 

 

顧客からのクレームが出ている場合販売者は改善しないといけないのは当然ですが、どの
ように対処するかによってあなたのブランディング力がさらにアップするということは間違
いないでしょう。あなたがどんなトラブルを起こしても迅速に解決することができるのであ
ればまさにそれはクレーマーだった人間が顧客に変わるチャンスだと私は思っています。

今まであなたのことをクレームばかりつけていた人があなたの購入者になってさらにリピ
ーターになるということも考えられますのでこの場合は基本的に販売者であるあなた自身
も改善していかないといけないということは間違いないでしょう。日々私自身も色々なこ
とを勉強しますが勉強だけでは足りない部分に関しては実践の中で覚えていくということ
が大事です。

 

 

クレームをチャンスに変える哲学

 

 

なぜあなたにクレームをつけるか先ほども話したようにあなたの商品に興味があるからこ
そ改善を求めて間接的にクレームをつけているのかもしれません。つまり期待されている
ということですね。もちろん全てが全てではありませんが私自身は期待されているという
ことを知らなかったのでほとんどクレーマーといえば悪質な人間ばかりを想像していました。

もちろん悪質な人間もいますがやはりそこで大事なことはそういった意見を聞いてみると
いうことをも大事です。これはブログに例えるならばコメントを見てどう思うかというこ
とでしょう。あなたのブログの内容がお粗末だったとしたらどうでしょうか。またあなた
の商品がとんでもないものだったとしたらどうでしょう。お金を返せとおそらくその人達
は言うのかもしれませんがその時こそクレームをチャンスに変えるということをやらなけ
ればいけません。言われるのは確かに辛いですがその辛さを乗り越えて一歩一歩前に進
むことが大事です。

 

 

商品の改善を図る

 

 

情報販売者を通じ商品の改善を測らなければいけません。私もそうですが商品はとにかく
新鮮なまま使えなければ意味がありませんし、個人的には色々な意味でも商品を新鮮なま
ま使うということが一番大事ではないかと思っています。クレームされるということは逆
にチャンスと捉えこれからのネットビジネスはクレーマーももちろんいますが悪質な人間
を覗き色々な意見が聞けるということであなた自身も改善に取り組んで行ってはいかがで
しょうか。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

2 thoughts on “クレーマーを味方にする方法”

  1. とろりと申します。FC2ランキングから来ました。
    最近はクレーマーというと恐ろしいイメージが付きがちですが、
    意見を聞いてみて必要に応じて対応することで、チャンスにつながるということですね。
    勉強になりました。

    1. とろりさんコメント有難うございます。

      最近はクレーマーが多いのは事実ですが味方にすればいい人もいますのですべての人を敵
      に回す必要はないです。コメントの方は少しスタイルが変わっていますがGDPRに準拠して
      いますのでご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です