YouTube

将来のことを考えてYouTubeをやっているのか

更新日

 

(2018年10月24日更新)

おはようございます植田雅俊です。

あなたは将来のことを考えて YouTube をやっていますか。私は将来 YouTube はどのようになるか分かりませんが今のままというのはまずありえないと思います。今は YouTube といえばユーチューバーと言われるぐらいアドセンスで稼ぐことばかり考えていると言ったことですが YouTube は年々規制を厳しくしているということはこれまでお話しした通りです。

しかし将来的に YouTube がどのようになるのかアドセンス収入が剥奪がいた時のことを考えているのかというなるとほとんどのユーチューバーは考えていないでしょう。一つの収入源に依存しすぎると必ずと言っていいほどその収入源が断たれた時の事を考えたら非常に強いですね。私は複数の収入源を作りましょうと言っているのにもかかわらずほとんどのユーチューバーがききませんでした。もはやアホと言ってもいいかもしれません。

 

今のうちに複数の収入源を作っておく

 

YouTube だけの収入というのは非常に危険でありなおかつ私自身は YouTube を情報発信ツールとして利用していますがユーチューバーの大半は事務所に所属したりして安全と言われているそうですが裏を返せば自分で稼ぐ力がないということですね。もう一つ私がユーチューバーを毛嫌いしている理由というのは社会問題を引き起こしているということです。はっきり言ってユーチューバーだけで稼げるなんて思わない方がいいです。

Google側に場所をレンタルさせてもらっているということはつまりルールが変わればアカウント停止になってしまうことは言うまでもないです。この削除リスクを全く知らないからこそ私自身は他の収入源をきちんと作りましょうと言いました。しかし本当にユーチューバーはアホという以外にないですね。収入源を作る所かユーチューバーだけでも食べて生きるって言っている人間がいるのですからたまったもんじゃありません。

 

削除されるまで自分が使うだけ

 

別に YouTube にこだわる必要はないと思っているのが私自身の考え方ですが、本当に YouTube だけで稼いで行くというのは非常に難しいですし正直言うと問題を起こしすぎているユーチューバーが増えすぎると規制がきつくなっていくというだけです。ブログで稼いでいる人間であれば自分が管理するということと相手に管理されるということはすぐわかりますね。

しかしユーチューバーの大半は自分で管理しているのではなく相手に管理されているというのが正しい答えです。このようなことが理解しないまま YouTube を続けていても最終的にはあなたのアカウントが停止されてしまった場合のことを考えてどのようにするかというところですが私自身は基本的にアカウント停止になったとしてもそれはそれで終わったなということで別の動画投稿サイトに移ると思います。 ですから削除リスクを考えるならばアカウントが停止になるまで使わせていただくという風に私は考えています。

 

突然の変更に対応できるようにしているか

 

YouTube が突然収益化のプログラムを変えてきたのは言うまでもありませんが私は結構馬鹿を見たなという風に思いました。それは真面目にやってきた人間に対して収益化の剥奪というのはまさにユーチューバーの身勝手な行動が引き起こしたものであり世界中のユーチューバーも結構迷惑しているでしょう。つまり身勝手なユーチューバーに対して 何の対応もできなかったサポーターやトップコントリビューターにももちろん問題はあります。

ただそこに責任をいくら押し付けても無駄でしょう。彼らには権限はありません。最終的にジャッジを決めるのは YouTubeですから YouTube が最終的に決めたことを遵守しなければいけないというのがユーチューバーの悲しい定めですね。私自身は Amazon ビデオダイレクトに移るつもりですがもはや YouTube に希望なんてありません。将来のことを考えるのであればあなた自身も今のうちから YouTube の使い方をもっとしっかりと考えておくべきでしょう

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です