メディア

目的と手段が履き違えていないか

更新日

geralt / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

 

昨日のサッカー結構痺れました。ワールドカップロシア大会ポーランド対日本、この試合は確か
に日本は負けたけどもセネガルとはいろいろなきポイントの僅差で決勝トーナメントに進出した
のですが日本では賛否両論の雨あられ、どこかいい気持ちはしません。

なぜこのような事態になるのでしょうか。勝つことは手段でありどんな勝ち方でも勝ったことに
は間違いはないでしょう。しかしネットでは色々な意見が交わされていますが私はこういった意
見は無意味だと思っています。結果的に勝てたのだからそういう意味じゃないですか。完璧主義
を求める人ってこういうことを言うんですね。これをネットビジネスに置き換えてお話をしてい
きたいと思います

 

日本は勝って当たり前

 

 

日本は勝って当たり前というような考え方がありますが西野監督はそこまで考えていなかったで
しょう。当然相手がポーランドだからどのような攻撃をしてくるかはわかりませんが一つだけ言
えることは、ポーランドもただでは転ばないということです。やはり相手も強いですからこのま
までは勝てないとわかったのでしょうか。

「勝って当たり前」

このような発想があるからこそ逆に言うならばプレッシャーがかかったのではないかと思いま
す。選手は色々と賛否両論の意見に流されていますがやはり結果的にかけたわけですから私は
結果を出したことには違いないと思っています。これをネットビジネスに置き換えるならば完
全なる完璧主義を求めている人間と同じでしょう。

 

不完全でもいいのでスタートをする

 

 

今回のサッカーの結果を見て思ったのはネットビジネスでも言える事が一つだけあります。そ
れは不完全でもいいのでスタートをすることだと言えます。しかし日本人は完璧主義を求めす
ぎて何もできないまま終わってしまうということは非常にもったいないですね。これは日本人
の一番の悪い癖です。稼げる人は基本的に不完全な状態から始めて少しずつ修正を加えていく
のが王道です。

ですから大事なことは何かといえば、今回の試合を通じていろいろと賛否両論はあるとは思い
ますが目的と手段を履き違えてはいけないということです。サッカーワールドカップロシア大
会の目的は何でしょうか。決勝トーナメントに進出することじゃないですか。しかしその勝ち
方に問題があったり完璧主義を求めたりすると目的と手段が全然入れ替わってしまうというこ
とになります。完全でもいいのでスタートすることがあり一番大事ですし周りの無責任な意見
を聞く必要もないと思います

 

 

 

無意味な議論のプロセスを

 

 

無意味な議論をいくらしたところで何も答えが返ってくるわけではありません。今回の試合から
わかることは目的と手段を履き違えてはいけないということです。これはネットビジネスに置き
換えるならばネットビジネスは稼ぐことでありボランティアではないのです。ネットビジネスが
ボランティアになってしまったらただ働きと同じではないでしょうか。

このように目的と手段がはっきりとしていない時、履き違えた考えを持った人間が情報発信をし
てしまうと非常に強くなりますね。だからこそしっかりとした情報発信をしていて目的と手段を
きちんとわきまえた上で言うべきではないかと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です