マーケティング

楽しくない記事をいくら量産しても無駄

更新日

 

アフィリエイトにおいて記事作成というのは非常に大切ですが、どうしても役に立つ記事
を書こうと思う反面楽しくない記事になってしまう場合があります。この場合私にとっては
あまり楽しくないと思った途端にやめてしまうこともあります。それはなぜでしょうか。
あなたにとってアフィリエイトが楽しくないからです。

まだこの記事を読んでいる人もおそらく楽しくないと思います。私自身も記事作成で結構
失敗してきた人間ですがどのような記事を書けばいいのかと言うと楽しい記事を書くという
ことです。これは数稽古をしないとわかりませんがあなたもきっと成功すると思います。

 

記事作成は常に数稽古

 

アフィリエイトにおいて記事作成というのは常につきまといますが大事なことはとにかく書く
ことです。どれくらいかいたらいいのか文字数はいくらなのかそれはあなた自身が決めることであ
って私が決めることではありません。私自身は700文字以上というのを常に心がけていますがいつ
も大事に思っているのは役に立つ情報を書くことです。そしてそこに楽しみがなければ意味があり
ません。

 

なぜ楽しみがないといけないのか?

 

それは格がありとっても楽しみがあるほうがいいですし正直読む側にも楽しみがあって
お互いが楽しめるからです。ですので記事作成は最初はうまくいかないかもしれませんがとに
かく書き続けることです。

 

役に立つ情報とは

 

役に立つ情報とは何か、それは色々な意味であなたの経験などを書いてみるのもいいかもし
れません。私自身は今までの経験を何度もこのブログで書きましたが反応はそれぞれです。
はっきり言えることはその人にとって役に立たない 別の人にとっては役に立つ情報かもしれない
ということです。

ですのでまずは記事を楽しく書くということが大事です。私の場合は失敗してきましたが
ここまでなんとかかくことができました。だからこそ役に立つ記事というのは非常に大事
だと思います。

 

売り込みをしない。

 

売り込みの記事を書いて誰が喜ぶんでしょうか。売り込みの記事を書いたところで何の意味がある
んでしょうか。私自身は役に立つ情報を書くことが優先しますし何よりも大切なのはその人にとっ
てのお役に立つコンテンツを配信することが大切ではないかなと思います。

今あなたが何かを売りたいという場合でもひたすらコンテンツを書き続けることです。まずは
コンテンツです。そして楽しいと思えるようになるまでひたすら書き続ける、 これは大事では
ないでしょうか。楽しくない記事を書いても誰も読みませんし購入もしてくれません。ですので
楽しい記事をどんどん書きましょう。

情報商材のレビューは下記ブログへどうぞ

Masatoshi Factory

https://lifework.tokyo 

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

4 thoughts on “楽しくない記事をいくら量産しても無駄”

  1. ブログランキングから訪問させていただきました。
    自分が楽しくない記事を書いても
    読み手にもそれが伝わってしまいますね。
    参考になりました。
    また訪問させていただきます。

    1. 葵産コメントありがとうございます。

      楽しくない記事は正直イヤですね。読み手の立場になって書くことが大事です。個人的には

    2. るなっちさんコメントありがとうございます。

      記事を楽しく書くことは当然ですがやはり売り込みの記事はあまりしないことです。
      相手の視点になって書くことです。

  2. こんばんは

    ランキングからきました。
    るなっちです。
    記事を楽しく書く
    売り込みをしない。
    とても大切なことですね。
    勉強になりました。

    また訪問させていただきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です