誹謗中傷を争うのは人生を無駄にしている行為

Mijinena

こんばんは植田雅俊です。

ネットの誹謗中傷って止まらないですよね。 でもそんなことに時間費やしている暇があったら私はどのようにすればいいのかっていう風に綺麗に考えますがあなたはどうしていますか。 大抵の人はムキになって裁判まで起こすぐらいですから裁判なんか起こしたところで意味があるでしょうか。 確かにその人達にとってプライドを傷つけられた、 名誉毀損だ そう言われてしまえばそうかもしれませんが私自身は無駄なお金と時間を使いたくないのでもはやこういったタイプは無視をします。

逆に言うならば誹謗中傷してきた人間にとって思うツボです。 時間の無駄と あなたのネットビジネスを邪魔することがこういった誹謗中傷する人間の愚かさの骨頂なのです。 つまりあなたの邪魔さえすればそれでいいのですから裁判されようがないされようが あなたを潰すためにやっているだけなのです。

ムキになる必要はありません。 一番いいのは相手にしなくていいのですから私自身も散々言われてきましたがもはや相手にしていません。 なぜ相手にするのですか? 逆に知りたいのはそこです。。

 

弁護士費用がかさむだけ

 

ネットの誹謗中傷というのは たまったもんじゃないですが このようなことに関わってしまうと結局のところは言いたい放題のところですが 日本はどうしてもこういったことに対しては疎いです。 ですからこのようなことを名誉毀損で訴えたとしても 弁護士費用がものすごくかかるの が一般的であり 尚且つ時間の無駄というのが当たり前の話です。 それであればこのようなことをするような連中をなぜ刑事罰で捕まえられないのかが不思議でたまりません。

特にユーチューバー同士の誹謗中傷というのは近年増加傾向にありますが、 私は関わらないようにしています。 関われば関わるほどなぜかろくなことはないということはこれまでもお話しした通りですが 馬鹿馬鹿しいんじゃないですか正直。 それであればこういうことをしているユーチューバーに対して何が一番痛いのかといえば 二度と関わるなということです。 やればやるほど弁護士費用がかさんでくる それは当たり前のことだと思いますよ。

 

マウンティングタイプの人間は治らない

 

マウンティングタイプとは人を見下すような人間のことを言いますがこのような人間が急に治ることは100%はありえません。 それは言うまでもなく私自身もマウンティングタイプの人間に コテンパにやられるぐらい Amazon Kindle でレビューされましたからね。 正直言えばたまたまじゃないですか自分自身がやられていう気分になるでしょうか。 絶対にそんなことはないと思います。

私はそのようなことは一切やっていませんし自分はレビューをする時には必ずと言っていいほどその作者に対する敬意を払う ということをまずやります。 マウンティングタイプの人間は人を見下すことしか考えないからこそいけないです。 本当にこのタイプの人間に関わってしまうと そのコミュニティからも抜けられないですし 色々な意味で厄介なことになってしまいますので私は嫌ですね。

 

あなたはそれでも裁判をしたいですか

 

ネットの誹謗中傷は確かに社会問題になっていますがそれでも裁判をしたいでしょうか。 私は基本的に無視をすればいいだけの話なのになぜか裁判をしたいという人達は本当に多いです。 政治家や ある程度お金に余裕がある人ならともかく お金に余裕がない人ほどやはり裁判が受けられないというのは不利益でしょう。 だったらこんなくだらないことにいちいち関わらないことが大事です。

貧乏マインドに浸っている人間というのは必ず このような悪口をずっとかき続けます。 それはあなたの成功が嫌いだからです。 あなたが成功すればそれほど 誹謗中傷のレベルというのが上がってくるというのは言うまでもないですがどんなことを書かれようが無視をすればいいと思います。 時代と共に我々は忘れる権利という言葉も知り合いに持ち始めるでしょう。 いい加減な社会の中で生きてきた人間はこうしてネットでしか悪口をかけない愚か者の言うことに振り回されるのではなく無視をすることが一番いいのです。 ですからあなたも無視をすることが一番いいでしょう。

 

誹謗中傷は避けられないけどもあなたにとってはチャンスと考える

 

誹謗中傷は避けられないですがあなたにとってチャンスと考えることがあります。 なぜその人達は見るのでしょうか。 どうでもいいようなことに対して見るということはあなたにとって関心があるからです。 わざわざ関心のないようなことに対して人は見ません。 時間の無駄だと思って 他のことをしますがあなたに関心があるということはあなたを潰すために色々なことを考えているのではないかと思いますがそう言った人が いる以上は 逆にチャンスに変える方法はいくらでもあります。

こういった貧乏マインドを持った連中は相手にしなくてもいいですしあなたを理解してくれる人はたくさんいます。 貧乏マインドに浸っている人間なんて言うのは大抵は 成功しない人間です。 悪い言い方をしますが私は基本的に成功をマインドを持った人間としか付き合わないことが一番いいと思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です