YouTube

YouTuberは職業として成り立たない理由

更新日

472301 / Pixabay

 

子供がなりたい職業第1位がユーチューバーということはご存知かと思いますが私は
ユーチューバーが職業として成り立たないということを言いたいと思います。これを
言うと周りから反発を食らうかもしれません。しかしその根拠は年々 YouTube の規制
が強化され一部のユーチューバーのみが稼げるようになるという仕組みになっていると
いうことは YouTube はいつでも規約を変えられるということです。

ただでさえ2月20日の収益化プログラムが大きく変わり YouTube の収益化に至るまでに
チャンネル登録者1000人、総再生時間4000時間と言う途方もない努力をしないといけ
ないのは間違いなしにスタートしたばかりのユーチューバーにとっては大変でしょう。

 

 

YouTube は検閲されている

 

 

今週起きたアメリカの YouTube 本社の銃撃事件ですが私はユーチューバーが不満を持ってい
るというのはいたって分からないではないと思います。一説に YouTube は検閲をしていると
いうことは以前から言われていましたが日本ではどうでしょうか。アカウント停止を食らって
いる人大半の動画が検閲を食らっているという可能性はないとは言えないのです。

つまりあなたの動画も私自身の動画も検閲を食らっていないということはありません。日本の
法律では検閲は禁止されたとしても YouTube はアメリカのグローバル企業ですから法律は当然
治外法権になるでしょう。私はユーチューバーが悪いと言っているわけではありませんがプラ
ットホーム型依存というのは非常に危険だと言っているのです。2年後3年後あなたは YouTube
で稼いでいますか。おそらくそういう人はいないと思います。

 

 

真面目な者が馬鹿を見る時代

 

 

せっかく収益化したのに新しい収益化プログラムでまた外されたという人はいるかもしれ
ませんがそれは正直者が馬鹿を見ると言った言葉で本当になんだったんだと言いたいぐらいか
もしれません。 YouTube で収益化をするというのはそれだけ大変ですがこのような事態を引
き起こしたのは紛れもなく You Tuber です。ユーチューバーの軽はずみな行動が連帯責任とし
て返ってくる、他のユーチューバーは自己保身に走っているため結局は底辺ユーチューバーと
いう言葉をすぐに使ってしまうのではないでしょうか。

このようなユーチューバーになってはいけません。そしてユーチューバーは私は職業として成
り立たないと言った根拠はまさに収益源が一つであるということです。 YouTube 本社の襲撃事
件を起こしたあの女性ユーチューバーはチャンネル登録者が6000人ぐらいいたと言われますが
至って普通の動画を投稿していたそうですがかなり検閲されていたという言います。

 

 

動画の削除はさじ加減

 

 

YouTube がわかさじ加減で動画を削除するのは仕方がありませんが我々は何も言えないでしょ
う。なぜならばプラットフォームを無料で使わせてもらっている以上 YouTube 側の規約に従
わなければいけないのです。しかし大半の人は収益化が外されほとんど不満を持っている人
がいるのではないでしょうか。どんなに You Tuber だと言ってもメディアが優勝がユーチュー
バーで稼げるなんて一言も言っていません。所詮は一過性です。

ではユーチューバーはなぜ Amazon ビデオダイレクトに参入しないのでしょうか。もし自信
があるのならば Amazon ビデオダイレクトに参入すればいいのです。私はそこか不思議でたま
らないので仕方がないのですがユーチューバー以外だったら Amazon ビデオダイレクトももの
すごい収入源になるはずなのになぜ参入しないのかというのが不思議です。

 

 

別に収入源を求めるのならばYouTubeは手段にすぎない

 

 

先程話した通り YouTube は手段に過ぎません。稼ぐという意味では YouTube はハードルが
非常に高いので何年先に収益かんなるかということは私自身も予想がつきませんのでここ
では断言できませんが YouTube でできることを自分で模索するとすれば非常に良いコンテン
ツを提供するということです。つまり収益化のことならばいくらでもできるということです。
そのように考えたとき YouTube の活用方法というのがたくさんあります。

収益化以外にもあなたの商品をセールスするなど無限の活用方法がありますが利用規約に引
っかからない程度にしないければいけません。ですのでユーチューバーにならなくても別に
活用方法があるのでアカウント停止さえなければいいのではないでしょうか。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です