Amazonは次に何を狙っているのか?それを先読みする力があればあなたも成功するでしょう

アマゾン

Sharing is caring!

 

(2018年10月18日更新)

こんばんは植田雅俊です。

世界最大のグローバル企業アマゾンが何をしようとしているのかあなたは考えたことあるでしょうか。 Amazon といえば様々なサービスをやっていますね。

ネット通販
Amazon ビデオダイレクト
Amazon Kindle
Amazon パントリー
Amazon GO(日本は数年後かもしれない)

などなどアマゾンはすでにたくさんのサービスをやっていますが Amazon によって潰された会社もありますしもちろんアメリカのシアトルといえば Amazon の本社があるところなので豊かになったという人もいるのではないかと思います。世界最大のグローバル企業 Amazon が次に何をしようとしているのかあなたはご存知でしょうか。私も正直わかりませんが一つだけ言えるのは Amazon GO が日本にやってくる可能性というのは非常に高いと思います。

ここ最近キャッシュレス化が進んでいる中で Amazon GO が日本にやって来る可能性というのはオリンピックまでには数店舗はやってくるでしょう。かつてマクドナルドが東京銀座に一号店を出したかのように Amazon GO も六本木あたりに15点を出すのではないかなというふうに考えます。

 

アマゾンの投資は半端ではない

 

日本の Amazon だけでも大体年間1兆円は儲かっているという風に言われていますが個人的に言うのであればそれだけ利益を出しているので日本の Amazon だけでも相当な利益が出ているということはお分かりでしょう。あなたは Amazon を使うと言っても Amazon プライムだけをイメージされるかもしれませんが、ネットビジネスをやっている人ならば Amazon アソシエイトや Amazon Kindle、 そしてアマゾンビデオダイレクトなどが有名ですがこの Amazon ビデオダイレクトに関しては私自身も非常に関心がありますがこの Amazon ビデオダイレクトがもしかすると YouTube と同じような仕組みを作ってくるのではないかなという風に思われます。

Amazon の投資家ハンパじゃありませんのでそれくらいのことはやってくると思いますが私自身が一番持っているのは YouTube のような収益化プログラムを Amazon が既にやろうとしているのかもうやっているのかどちらかです。簡単に言うならば Amazon 版ユーチューバーと言ってもいいでしょう。今このような仕組みがどんどんとてきつつあるのならばやがて日本にも来るのではないでしょうか。私はそれが非常に楽しみですね。

 

Amazon 銀行の誕生の噂

 

日本経済新聞を始めとした色々なメディアが Amazon が次に狙っているのは銀行業ということであるという噂が立っていますがこれはどうやらまんざら嘘でもなさそうです。ただ Amazon が本当に銀行業をやるかどうかは別としても現実に Amazon Pay というのがあります。また Amazon には無人の Amazon GO が現実にありますのでそれとリンクさせて Amazon 銀行というのを作ろうとしているのではないかなという風に思われますが実際のところはわかりません。東南アジアにに投資しているという噂がありますがそれはインドだそうです。

ただ Amazon GO が現在着々とアメリカ国内でも4店舗ありますのでもちろんアマゾンのノウハウだと不可能ではないでしょう。しかしもし Amazon 銀行が日本にやってきた場合日本の銀行の大半がどうなるかご存知でしょうか。一言で言うならば潰れてしまうでしょう。あの天下の Amazon がまさか銀行業なんてやるなんて誰も予測できなかったということよりも今噂であるぐらいですから将来的には Amazon が銀行をやる可能性というのはなきしもあらずです。

 

Amazon GOが日本にやってくるのは東京五輪の後ぐらい

 

私の推測に過ぎませんが Amazon GO が現在展開しているのはアメリカだけであって将来日本にあってくるとするならば東京五輪が終わった後ぐらいではないかという風に思っています。確たる根拠はありませんが現在ローソンでは Amazon GO の決済をしている会社が試験的に導入するということはテレビで言っていますのでおそらく近いうちに Amazon GO が日本にやって来るのは間違いないでしょう。ただ正式な発表がない以上は憶測に過ぎませんし私自身もいつやってくるのかわかりません。ただ一つだけ言えるのはこの Amazon GO が確実に日本にやって来るというのは間違いないです。

一番タイミングがいいとすれば東京五輪の真っ最中なのかその前なのかそこはよくわかりませんがとにかく Amazon GO がやってくるとどのような社会が待っているのかよく分かりませんかキャッシュレス化に向かってどんどん進んでいることは間違いないでしょう。現金主義の日本にとってやはりキャッシュレス化というのは多少抵抗感はありますが私は基本的にキャッシュですかというのは微妙なところですね。

 

まとめるとこうです

 

Amazon が次に狙っているのは何かわかりませんが正直言うと Amazon 銀行が一番有力ではないかなという風に思いますがこれらは正直日本でどうなるかって言うよりもまだアメリカでも色々な噂がある程度にすぎません。しかし実現される可能性というのは高いです。ただ一つはっきり言えることは Amazon という巨大なグローバル企業ですから絶対に行ってくるということは間違いないでしょう。その観点から考えるならば Amazon GO が一番近いのではないかなという風に私は思っています。ですからあなた自身が何を想像するのは自由ですが個人的に言うのであれば Amazon は非常に色々な会社を買収していますので将来的にどのような展開があるのか分かりません。

とにかく今言えることは何かと言えば Amazon のサービスがどんどんと充実しているということかもしれません。 Amazon ビデオダイレクトがもう少しパワーアップして YouTube のような使いやすいサービスになったとしたらユーチューバーがみんな Amazon に民族大移動のようにするのではないかという風に思われますが現状ではそれはないでしょう。色々な視点から見るとやはり Amazon GO が日本にやって来るのが早いか遅いかということが一番考えられるのではないかと思われます

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です