YouTube

なぜ日本のユーチューバーはこんなにクソなのか

更新日

JuralMin / Pixabay

 

こんにちは植田雅俊です。

私はユーチューバーのことを本当に尊敬しているのかといえば尊敬は全然していません。子供が憧れる職業としてユーチューバーは確かに人気があると思いますがその反面でユーチューバーの不祥事は絶えません。なぜでしょうか。ろくでもないユーチューバーばかりがいるからです。

彼らはお金のためなら何でもやります。ヘイトスピーチでもルール違反でも彼らの中にあるのは数の力です。権力というものは排出するものであり、昔から腐敗と隠蔽と弾圧がありますがユーチューバーがすべてこれに当てはまるかどうかはわかりませんが少なくとも腐敗しているということは間違いないでしょう。

 

なぜ YouTube がは規制を強化しているのか

 

 

今年も YouTube 側の規制は非常に厳しくなってきていますが本当にアカウント停止がものすごく多いです。これはこれで歓迎されるべきなのかどうかは私はわかりませんが少なくとも言えることは YouTube バーは弱者に対してもっと救済するべきではないでしょうか。 YouTube がが公平公正に会っていないのは言うまでもありませんが彼らも利益のために多少のことは黙っているのです。

ウームのようにマネジメント契約をしているところもありますが本当に YouTube 側も、ユーチューバーのやりたい放題というのは言うまでもありません。このような状態が起きてしまうとろくでもないことはずっと続きます。ユーチューバー同士の罵り合いです。

 

物申す系 YouTuber は基本的にうっとうしい

 

 

もし子供が物申す系ユーチューバーになれば最悪ですね。私の場合はこのような物申す系ユーチューバーになってはいけないと言っているのは日本の教育に非常に悪いからです。なぜならば悪口を言ってお金儲けをするような輩が増えてしまうと大人社会がこのようにして馬鹿から学んだとしか思えないことを言ってしまうかもしれないのです。そして YouTube が非常に強い媒体ですから私自身も迂闊な情報発信はできません。ですから責任ある情報発信をしているのです。

しかし多くのユーチューバーは無責任な情報発信をしてあーだのこーだのと言っています。本当にこういった無責任なユーチューバーがいるおかげで私自身は非常に迷惑被っています。もしこれが原因でユーチューバーの不祥事が起きた時また規約が変更になった誰が得するのでしょうかそして誰が損をするのでしょうかあなたは考えたことがありますか。

 

真面目なものが淘汰されてしまう

 

 

真面目なものが淘汰されてしまうような時代になってはいけないということは書きましたが私自身はコツコツと動画を作り上げているのでこのような糞ばかりのゆう人間どもはさっさと排除して欲しいと思っています。自分自身も本当に胸糞悪いですしやはり気分にはなれません。誰だって同じだろうと思いますがユーチューバーとして本当に頑張っている人に対して罵倒したり暴言を吐いたりするようなユーチューバーは私は排除して欲しいですね。

そんな人間を未だに YouTube でもばらししている状態であるということは公平公正会などどこに行ったのやらという風に思います。結局 YouTube がも自分たちのことしか考えないで強者を守り弱者を切り捨てるような政策をやっているのと同じではないかと思います。

 

あなたにはまともなユーチューバーになってほしいです

 

 

YouTube のサポーターもあまりあてにならないということはご存知でしょう。彼らは所詮 YouTube の本社にであるアメリカから言われた通りのことしかできないのです。それほど権限がないので私自身は何とも言えませんが個人的に言うのであれば彼らの特権がもうちょっと大きくなれば彼らのアカウントを一発で削除することぐらいはできるのではないかと思います。

しかし所詮はサポーターです。 YouTube Japan も本当に我々のようなユーチューバーのことを考えているのかといえば全然考えていないと思います。私は本当にどこか YouTube 側に不信感を持ったような気もしたところでございます

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です