ブログ

バカにされた人間はハングリー精神がつく

更新日

 

おはようございます植田雅俊です。

ネットビジネスをやっていてあなたは一度でもバカにされた事があるでしょうか。そういう人はおそらくいないということはないでしょうがそういう時こそハングリー精神を持って何があっても稼いでやるという風に言った人は大抵稼いでいます。馬鹿にした人間というのはプライドにしがみついている人間であり何もできないと言っても正しいでしょう。

俗に言うマウンティングタイプと言われる人間というのはこの手のタイプです。この手のタイプは本当に質が悪いと言えば質が悪いです。例えば Amazon のレビューにしてもマウンティングタイプの人間というのはとことんがあなたのことをバカにしてくるでしょうし才能がないとか電子書籍作家もどきとか言いますがこういう人に限って必ず共通しているのは何も実行していないということです。

まさにこのような人に近づいてはいけません。私が経験した一番たちが悪い人間というのは何でもかんでも首を突っ込むということでしょう。まるで学校教師のような人間でしたがとんでもない話です。これほどいらぬお節介を受けたというのはまるでありませんがこういう馬鹿にしてくる人間がいるのであればあなたがハングリー精神を見せる時です。

 

こういう時こそあなたの見せるとき

 

マウンティングタイプの人間ほどあなたのことを見下すのは言うまでもありませんがこういう時こそあなたがハングリー精神を見せて何があっても稼ぐその気持ちがなければネットビジネスは成功しません。ネットビジネスで成功するには絶対にこのようなハングリー精神を持っていなければなりません。稼いで当たり前の世界でハングリー精神のない人間というのは必ず稼げないというのは常識です。

最初の頃は苦しいかもしれませんが何があってもこの世界で成功したいゆたかになりたいと言うのであれば絶対に何を言われようともまっすぐ愚直に進むのが一番いいですね。愚直に包んだ人間というのは何をやっても成功します。逆に成功しない人間というのは邪魔をしたり文句を言ったり馬鹿にしたりそういう人間は絶対に成功しないでしょう。

 

粘り強くアフィリエイトをやる

 

粘り強くアフィリエイトをやるということは非常に大変かもしれません色々なセミナーや高額塾があります。本当にきりがありませんが私自身は何より大切にしているのは粘り強くアフィリエイトをやるということではないかというふうに考えます。アフィリエイトをやるということは非常に大変かもしれませんがとにかく粘り強くやるこれは非常に今の時代に重要なことだというふうに考えます。

成功する人というのはどんな時も諦めない1円もお金がないからと言ってそこでやめるそれはないですね。ハングリー精神があるのであれば絶対にアフィリエイトを辞めないのは言うまでもありません。ブログを書き続けるそれだけでもまだまだ止めてはいないぞうという風に私は非常に思います。ブログを書き続けるというのは非常に大変かもしれませんがあなたがやり続けている限りは成功し続けるでしょう。

 

マインドばかりの話をしているとどうしていいと思われるかもしれません

 

いつも私はマインドの話をしていますがそれは一番大事なことを繰り返して話すことによってあなたが稼げない時ももう一度原点に立ち戻ってほしいということで書いているのです。書く内容は若干違いますが言っていることは結局同じことです。アフィリエイトで稼ぐというのは簡単ではないということです。日々私も改善はしていますが私自身もアフィリエイトで稼げなかったこれは日々改善の繰り返しでした。

こういう風にして嫌気がさすときもたまにありますが、それでも頑張っているという証拠を見せなければ何も始まりません。とにかく頑張ってアフィリエイトをやるこれが一番今の時代重要なことではないかという風に思っています。継続しなければ誰もあなたにお金をくれません。アドセンスが悪いとかいいとかそれはもはやどうでもいい話です。やる本人が決めればいいだけの話だと私は思っています。

 

3ヶ月で稼ぎたいのであれば何があっても作業量を増やす

 

あなたがどうしても3ヶ月でアフィリエイトで稼ぎたいのであれば作業量を通常の2倍から3倍に増やすということをしなければいけないです。これは言うまでもなく作業量が少ないとアフィリエイトで稼ぐのは無理です。どんなアフィリエイターでも作業量を増やしていないアフィリエイターであればまず稼げないというのは当然でしょうし言うまでもなく私自身もブログ記事を毎日更新しています。

毎日更新しているからこそアフィリエイトで結果を出せるのは言うまでもないです。結果を出している出していないは別としてもまずやるべきことは何かそれをしっかりと考えるべきではないかという風に思います。とにかく言えることは完璧を求めずにまずできることからやってみるここがスタートラインです。3ヶ月で結果を出すのであれば作業量を2倍3倍とやるのが一番いいのかなという風に思いますがもちろん健康を害しては意味がないですね。とにかく馬鹿にされたと思ったらハングリー精神を持ってアフィリエイトをしてください。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

2 thoughts on “バカにされた人間はハングリー精神がつく”

  1. こんばんは♪ランキングから訪問しました。アフィリエイト勉強中です。
    馬鹿にしている人ほど、実は興味があったりしますよね。
    それを実行できていないから、実行してる人が羨ましいのではないかと考えてます♪
    ポジティブに成功するまで頑張ります。
    ありがとうございます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です