社会問題

お金がない時あなたならどうするか

更新日

PublicDomainPictures / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

 

世の中お金の話をするときりがありませんが本当にお金がないと言えばお金がないかもしれません。しかし本当にお金のない時ほど喧嘩が絶えない世の中だと思いますが、あなたならこの状況をどのように乗り越えるでしょうか。どんなに仕事をしても仕事をしても収入が増えないこれは色々な人によって違いますので何とも言えませんが私自身は少しでもお金に余裕があるのであれば増やす努力をするべきだと思います。

ネットビジネスで無一文の状態かな這い上がる人もいますのでその人から比べればまだアルバイトをしている人はお金があるというだけでもラッキーだと思わなければいけません。ネットビジネスをやっている人は自由を得る代償を代わりにお金を自分で作っていかなければならないと言う大変さを選んでしまったということです。しかしそれでも諦めない諦めてしまっては負けてしまうということが私は今後あなたが成功するかしないかの重要なターニングポイントだと思っています。

 

無駄なお金を使っていないか

 

 

無駄なお金とは何かそれは人によって違いますがあなたが明らかに無駄なお金を使っているのであればそれらを全部なくすことです。無駄なお金を使うということはつまり逃避ですね、この動機の部分をしっかりと理解しなければいくら稼いでも浪費があれば意味がありません。浪費を減らすことからまず始めていけばいくらでも貯金が増えていくでしょう。

但ししてよほど浪費を削っても限界があります。そこはそこできちんと収入を増やすということを考えていかなければいけないでしょう。

 

ネットビジネスをやって報酬を増やす

 

 

ネットビジネスをやって報酬を増やすということは大変かもしれませんがコツコツ頑張っていけば間違いなく報酬は増えていくと思います。あとはあなたがやるかやらないかの問題だけです。努力をしてとにかく稼いでいく、ネットビジネスは待ってくれません。人一倍稼ぐということにフォーカスしてあなただか急いで行かなければいけないということを言ってください。

アフィリエイトもそうですが簡単に稼げる世の中ではありません。お金がないからと言って即金ビジネスに手を出してしまうと余計なことに巻き込まれてしまいます。ですので地道に稼いでいくということをしておくと便利でしょう。

 

 

電子書籍で収入の柱を作る

 

 

電子書籍で収入の柱を作るということは今の時代簡単にできます。個人的にいるならば電子書籍で収入の柱を作るということが一番望ましいやり方だと思います。 Amazon Kindle でどんどんと電子書籍を出していく、私自身が5年間やってきた経験の中でどんなに酷評されようとも少なくとも5000円から1万円ぐらいは確実に稼げるでしょう。 Kindle Unlimited にあなたの電子書籍が登録してあれば2段階の講習がありますので出せば出すほど報酬の額も上がってくると思います。

電子書籍で収入の柱を作るには簡単ではありません。しかしよく考えてみてください個人が作家になれる時代ですがなぜか電子書籍を出すのをためらってる人が非常に多いのは逆に言えばチャンスじゃないでしょうか。私は電子書籍を出すことをお勧めしていますがアフィリエイターがここに算入すると飽和状態が続いてしまいます。電子書籍の収入の柱と考えるならばフロントエンド商品としての電子書籍と考えるべきだと思います。

 

不用品を売る

 

 

一番オーソドックスなのは一過性ではありますが不用品を売ることです。私はこの方法が一番いいのはお金がない時に昔はよく行っていたからです。ただこれを継続的にあるとこ物とみなされるので一度っきりにすればいいと思います。不用品を売ってしまえばだいたい2万円から3万円はなりますので飯代には十分になるでしょう。ですからこの方法はあくまでも不用品が周りにある場合にヤフーオークションなどを使って売るなどということをすればいいと思います。

ただし私はメルカリを全体に使えません。やはりメルカリは信用できないからです。最近はテレビでもよくメルカリの話を聞きますが転売など不正行為があるところには必ずと言っていいほどメルカリがあるのであまり疲れたくはないです。どうせなら信頼があるヤフオクを使うといいと思います。

 

政府や行政をあてにするな

 

 

政府や行政をあてにしても今は支援してくれません。私は政府や行政の言うことを絶対に聞かない人間ですから当然ながら自分で稼いでいくという道を進んでいます。ですので大事なことは自責思考の念を持ちそして稼いでいくんだという努力が大事です。自分で稼いで行くということは非常に大変かもしれませんが今よりも少しでも豊かな生活になりたければとにかく稼いでいくこれに尽きるのではないでしょうか。

少しでも稼いでいくではなくもっともっと稼いでいくという欲を持ってもいいかもしれません。人は欲の記憶があるからこそ原動力があるのではないかと思われます。政府や行政などはもはやあなたのことを支援なんてしてくれないということを頭に入れておいてください。お金がない時は自分でつくるこの意識を持ってはあなたも行動せざるを得ないでしょう。人はアドバイスはしてくれますがあなたのことは助けてくれません。この世は綺麗事では生きていけないということを覚えておいてください

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です