分析

レシートを持って帰らない日本人おかしいよね

更新日

janjf93 / Pixabay

 

こんにちは植田雅俊です。

 

スーパーでよくレシートを持って帰らない人がいますがレシートはまさに個人情報がたくさんあるあなたの購入履歴が書いてあるのですが本当にこのレシートを持って帰らない人が多いです。どういう意味が分かりませんが日本人はレシートを捨てたりしていますがまさに自殺行為としか思えません。俺が仇となって犯罪に走る傾向があるというのは言うまでもないでしょう。

レシートからあなたの個人情報が特定されあなたの電話番号までは分かる時代、つまりあなたのレシート1枚で財産を奪われてしまう可能性というのは十分あるのです。多くの日本人はレシートを軽々しくただの紙切れと思っていますが全くこれは違います。きちんと管理することをお勧めします。

 

レシート1枚からわかる個人情報

 

 

レシートにはだいたいどのような支払い履歴はどのような購入履歴などが書いてあるのが一目瞭然です。つまりあなたの行動パターンがすぐ分かってしまうということなので本当に怖いものです。私自身はこのレシート1枚を大事にするということで持って帰るようにはしています。もちろん入らない場合は店側が厳重に管理しないといけないというのが法律で定められていますが、それでも悪用するケースがないとは言い切れません。

私ですね基本的にレシートをきちんと運用しているところがあれば問題はありませんがやはり大事なことはきちんとしたレシートは持って帰るべきだと思います。これだけ個人情報が簡単にわかるような時代あなたはおそらく個人情報が狙われる可能性があるでしょう。

 

多様な支払い方法から犯罪に巻き込まれるケースも

 

 

スーパーとは言えたような支払い方法がありますが大抵はそのスーパーが発行したポイントカードでの支払いはクレジットカードでの支払いもちろん現金払いもあるでしょう。ですが日本人は現金払いというのは基本原則でありクレジットカード払いというのは稀にあるかもしれません。しかしレシートをなくしてしまうということは事実上の犯罪に巻き込まれたのと同じぐらいたちが悪いです。

ですからあなたは本当の意味で犯罪に巻き込まれる危険性というのがないとは言えません。それは犯人にとってあなたの個人情報がばれているのと同じぐらいです。つまりあなたの行く店の行動パターンがある程度は理解できるということなのではないでしょうか。このような墓穴を掘ってしまうと危機管理の薄さがどうしても出てしまうというのがありますね。

 

レシートは持って帰りましょう

 

 

レシートは基本的に持って帰るのが原則です。当たり前の話ですがレシートを持って帰らないが冒頭でお話ししたように自殺行為に等しいです。そんなことをする家庭がいたならばこれは問題でしょう。だからこそ大事なのは自分の個人情報は自分で守ると言った自責思考の念です。決して他責思考に流されないようにしていただきたいと思います。

誰もあなたの個人情報なんて守ってくれません。自分の個人情報が漏洩した時役所は手続きはしてくれますか財産を何とかしてくれと言っても何もしてくれませんのでたかがレシートされどレシートというぐらいな感じでいればいいのではないでしょうか

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です