コピーライティング

記事ネタの探し方教えます

Alexas_Fotos / Pixabay

 

あなたは記事ネタをどのようにして探していますか。私は記事ネタを自分で考えて書いています
が 初心者の方でもなき子ネタを探すということはとても大変なことだと思いますが、記事ネタは
いろいろあります。 ニュースサイトやブログなど 色々な記事ネタがありますが基本的には自分で
考えて書くのが一番いいでしょう。

でも初心者の方はさすがに気づいたを探すことができないのでどのようにすればいいのかってい
うことを今回はシェアしていきたいと思います。

 

 

キーワードで書く記事を決める

 

 

アフィリエイターなら当然ですがキーワードを極めるということは当たり前のようになってい
ますねこのことはやっていると思いますが貴方が書きたいネタがあったとしてもライバルが多い
のでキーワードである程度需要があるかどうかを調べます。この方法は骨が折れる方法かもしれ
ませんが確実にやっておかなければ稼げません。ですからキーワードを調べるということはまず
記事ネタを探す第一歩なのです。

私はグッドキーワードというツールを使って色々なキーワードを調べていますが、どんなにキー
ワードがあったとしてもライバルが外見多ければそのキーワードは諦めるしかありません。です
からしっかりとしたキーワードであなたが書くためには記事ネタを探す内にキーワードを選定
するということがまず作業と第一歩として挙げられます。

 

 

記事ネタをさがす。

 

 

キーワード選定が終わったら次は記事ネタを探す作業です。この記事ネタを探すという作業は
色々なやり方がありますが あなたが書きたいことをまず顧客の視点に立って考えてみましょう。
あなたは顧客にとって有益な情報を書かなければいけませんので何が有益なのかということを常
に顧客の視点に立って考えなければいけません。

顧客は見ず知らずの人間からいきなり商品を買うということはありえません。私が行っている
記事ネタの探し方はニュースサイトを一番参考にしていることです。 ニュースサイトであれば
ネットニュースなどはリアルタイムに更新されますのでもちろん検索需要があるものなどを調
べてからきちんと記事に書きますが ないものに関しては記事は一切書きません。後は Google
トレンドなどを調べてみると良いでしょう。 グーグルトレンドなども色々なキーワードで調べて
みればその記事が検索の需要があるかどうかはわかります。

 

 

文字数はいくらぐらいがいいか

 

 

ブログで記事を書くときの文字数ですが、私は理想的なのは1500文字から2000文字ぐらいが
一番いいと思います。 もちろんそれ以上書いてもいいのですが、読みやすいように書いたほ
うが私はいいと思います。この辺りについてはコピーライティングなどを学べばいいと思います。
ライティング系の情報商材はたくさんありますが残念ながら私はライティング系の情報商材は持
っていません。 しかしはっきり言えることは記事ネタは無限に転がっているということです。
以前もブログで書きましたが貴方の普段の生活の中でも記事ネタは見つかりますのでそれなり
にトレーニングをしてみてはいかがでしょうか。

記事ネタになりそうなもの関してはメモをするなりすればいいでしょう。私はメモをしてい
ますいし個人的には何度も読み直して います。便利なアプリとしては Google Keep などを使う
といいですね。 現在の検索エンジンは本当に文字数が多いほど良いかもしれませんがとにか
くコンテンツにこだわっていただきたいと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です