レビュー

アマゾンの低評価レビューはむしろ売れるチャンスかもしれない

更新日

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

Amazon の低評価レビュー嫌ですよね。私だって低評価レビューをつけられていますか本当に嫌なものです。しかし人間は完璧なものではありません。低評価レビューをつけられたところで痛くも痒くもありませんが個人的に言うのであれば悪意を持ったレビューをつけている人間は規約違反にあたるということを知っててやってるのでしょうか。

人間ですから色々な考え方を持った人がいます。だからこそ大事なことは何かどんなレビューを書かれてもそれに負けないぐらいの良い書籍を出すということではなかろうかと思います。レビューをつけるのは簡単ですが物を作るのは非常にしんどいです。人は人を裁けないとよく言いますが私は簡単にレビューをつけることはできないと思っています。低評価レビューに対してどう思うのかあなたはどのように対処したいのかは色々考え方がありますか基本的に一つの意見として聞いておけばいいと思います。

 

評価オタクの言い訳

 

 

評価オタクの言い訳はだいたいが中身を読んでいないというケースが多いです。実践していないというパターンが多くただ電子書籍を読んで誤字脱字が多いものと言うかもしれませんかそれは後で編集すれば問題はありません。どんな人間でも完璧はこの世にいません。いたらそこで進化は止まるのです。ですがこの世にはそのような人間がいたとしたらあなたはどのような教育を受けたんですかと逆に質問したくなるくらいです。

ものづくりをしているのではなく評価オタクは評価をしているだけに過ぎません。つまり人をさばいているのと同じではないでしょうか。私が言わせてもらえれば少し悪い言い方ですが裁判官ごっこをしているようなものです。そんな評価オタクの言い分をあなたは真に受けるのですか。私は少なくともに行けないと思いますよ。そんなものは全然役に立ちませんしむしろ失敗しながら人間は成長していくものだと思います。

 

本当の低評価レビューとは何か

 

 

本当の低評価レビューとはその商品をきちんと実践して少し改善してほしいなどの要望があるということが私は本当の低評価レビューだと思っています。ただ低評価ばかりをつけるのはネットクレーマーとしか思えません。熱湯クレーマーというのは初めから低評価つけるためにお金で悪口を書いてるような連中です。言わばテロリストよりたちが悪いと思います。

例えばあなたの WordPress のブログの使い方に関して色々と電子書籍で書いた場合低評価をつけられた時その購入者がワードプレスを実践していたかどうかはまったくわかりませんよね。実践しないままレビューを書いた場合まさしくこれはネットクレーマーに欲しいのです。このような人をまともに低評価しているなんて思えばとんでもない話です。こういう人は基本的に相手にしないことが重要です。どんな人間も完璧なことはありません。しかし体をかけたがる人間はマウンティングタイプに多いと言います。だからこそ改善を求めることをしっかりしとするべきでしょう

人の評価はあまり気にしない

 

 

基本的にデビューに振り回される人っていうのは良い商品が書けないと思います。良い商品を書こうと思えば低評価が出たとしてもあくまでも人は人を裁けないと言ったように所詮は知らない者同士が低評価をつけたりつけなかったりというものですからいきなり裁判所でした途端に死刑判決を出すようなおかしな裁判官がいるような世界になっているのと同じくらいたちの悪いです。

私は基本的にこのような評価っていうのを気にしすぎる人はあまり進歩がないなと思います。またこのような評価オタクのコミュニティにいれば間違いなくあなたの価値は下がるでしょう。常に進歩のあるコミュニティにあなたが移動することをおすすめしたいと思います。

 

理解してくれる人は必ず出てくる

 

 

どんな社会でも理解してくれる人は必ず出てきます。私もそうですが理解してくれる人が必ず出てこない社会なんてありえません。だからこそあなたが Amazon で低評価レビューをもらった時ほどショックなことは確かにあるかもしれませんがそれにめげずにどんどんと良い商品を作るということを心がけてほしいと思います。商品を作るということは常に日進月歩であなたが前に進んでいるという証拠ではないかと思います。人間は完璧な動物ではありません。

人間は少しずつ少しずつ成長します。だからこそあなた自身も頑張って良い商品を作っていくということをこれからも心がけてほしいと思います

 

 

気をつけよう!情報モラル(6) 誹謗中傷・炎上編 [ 原克彦 ]

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です