ツイッターの規制はGDPRの影響にもよるだろうか

No Comments
ijmaki / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

 

Twitter がアカウントを停止してきたということはご存知かもしれませんが最近は Twitter 自身も かなりアカウントを規制してきましたね。 これは言うまでもなく複数アカウントの所持を禁止しているということは言うまでもありませんか ヨーロッパデータ保護規則= GDPRに 準拠していなければいけないということは間違いないでしょう。 おそらくこのヨーロッパデータ保護規則が Twitter の規制をさらに厳しくしているのではないかと私は思いますが日本ではほとんどこのことに関しては触れられていません。

13歳以下のアカウント停止というのは当然ながら親の同意がなければ Twitter ができないということです。 つまり親権者の 同意がなければできないということなのでこれは非常に厳しいと家が厳しいですネットビジネスをやっている人間から見れば 別にこの辺りは問題はないですがただ私が言いたいのは twitter自身もかなり厳しくなっているということです。
Twitter そのものがもともと厳しくなったのは昨年あたりからですが私自身もその 規制の厳しさというのはよく知っています。

やはりヘイトスピーチなどこのようなものを夜中からなくしたいというソーシャルメディアというのはどこでも多いですが 特に Twitter などはメディアがよく使うので 規制を強化しているということは間違いないでしょう。 アカウントを作ってしまえばいいやこのような甘い考えが あったのかどうかわからないですがさすがに 日本人は twitter の利用規約プライバシーポリシーなどをもう一度見直す必要がありますね。

 

アカウント停止を食らったのは自業自得

 

 

Twitter のアカウントは一回アカウント停止を食らうと複数アカウントを作れないはずですが現在は複数アカウントを作っている人間を調査して発覚した場合はそのアカウントを永久凍結するということを安いですが私はこの意見には大賛成ですね。 なぜかと言えば複数アカウントを作って同じことをするような輩を少しでも減らすということは Twitter も健全化に走っているということです。 もちろんフェイクニュースやヘイトスピーチなど そのような物が無くなって欲しいのは当然ですがアカウント停止を食らった人間などはっきり言って自業自得だとしか私は思っていません。

言うならば その人がアカウントをきちんと管理していなければいけないのにルール違反をやっているだけの話であって 悪い言い方をすれば単なるアホでしか思えないでしょう。 ルール違反を犯した人間に Twitterが「 どうぞこれからも使ってください」 なんて大盤振る舞いを 古いようなことは絶対にありえませんしね。 これくらいの規制をしなければもはや世界中でヘイトスピーチがなくならないというのは言うまでもないと思います。

 

ヨーロッパデータ保護規則の対象になる調査も行っているのではないか

 

 

先ほども話したようにヨーロッパデータ保護規則=GDPRの 調査も同時に行っているのではないかと私は見ていますが正直 今のところは分からない部分もあります。 13歳以下の twitter のアカウントが不正に作られていないかどうかが分かったら おそらくこのアカウントも凍結されるでしょう。 こういうことすら知らないのかという風に私は言いたいぐらいですが 利用規約をもう一度見直すべきだというふうに私は思います。

もちろん間違ってアカウントを止められたというのであれば異議申し立てをすることはできますが ただ今の現状を考えるのであればかなり難しいのではないかなという風に思います。 ですので私自身が言えることがある twitter の規制どころかもはや SNS そのものが厳しくなっているということは事実です。 今後は SNS との付き合い方を考えなければいけない時期に来ているのではないかと思います。

 

下手なことはツイートできない

 

 

当然の話ですが下手なことはツイートできませんね。 twitter がアカウント凍結をする基準というのは正直わからないですが下手なことをツイートすれば誰に通報されるかわかりません。 いろいろ言いたいことはありますが特に Twitter はネットビジネスをする人間にとっては欠かせないツールとなっています。 その Twitter のアカウントを停止されてしまうということはかなり痛いということは言うまでもありません。

ヘイトスピーチや その他 性的なコンテンツなどこのようなものは当然許されないことですがもはやこういったものを twitter がどんどん 規制しようとしていることは間違いありません。 そうなれば 迂闊なことは喋れないということは言うまでもないでしょう。 あなたがツイートすることが全て悪いとはいませんかまかり間違っても変なことはツイートしない方がいいです。 恣意的な判断で削除されたりすれば それでアカウント停止にならなくてもアカウント停止回避になってしまうと永久凍結になってしまいますので注意しましょう。

 

まとめです

 

 

今回の要点をまとめて見るとこのような感じがします

ヨーロッパデータ保護規則=GDPRによる アカウント規制または削除
過去にアカウント削除された人間または回復した者

このいずれかに該当する人間が調査されているのではないかと思われます。 いずれにしてもヨーロッパデータ保護規則などは特に厳しくなっていますのでこれは言うまでもなく twitter に限らずどの SNS でも 言えることなので私自身は 今後は SNS との付き合い方を考えなければいけないなということは言うまでもないと思います。 アカウント停止は自分の責任であるということを自覚しなければいけないと思います

 

 

Twitterツイッター基本&便利技改訂4版 (今すぐ使えるかんたんmini) [ リンクアップ ]

本当にYouTuber楽しいですか

No Comments
jill111 / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

あなたはユーチューバーとして本当に楽しいですか。 楽しく YouTube をしていますか。 それならばいいのですが楽しくないことを楽しいと言う人は本当に最悪ですね。 youTube で稼ぐことが苦しいという人は楽しくないことを無理やり強要されているのにすぎません。 いろんなから楽しいことをして稼ぐこのようなことをよく私も含めていますが本当に楽しいことをやらなければいけないっていうのは 自分が本当に心から楽しめることを情報発信していくということですが楽しくないことを情報発信して それをあたかも楽しいと言っている輩もいます。

YouTube の世界は本当にわからないことばかりですがつまらない動画だという風に言ったりしている輩もいますね。 私はユーチューバーとしては底辺かもしれません。 チャンネル登録者一万人以上のあなたから見たら クズかもしれません。 しかし新たに申し上げたいことは あなたはユーチューブを楽しくやっているかどうかということです。 勝ち負けの論理ただ単に動画をアップロードしているのであればあなたははっきり言ってつまらないことをやっているとしか思えません。 私はどちらでもないですか楽しい動画をアップしてこそ YouTube というのは 成り立つのではないかなという風に思います。

 

規則やルールももちろん大事だが縛られすぎないこと

 

 

ユーチューバーにとって規則やルールというのは非常に大事なことですが回らない人間がいるからこそ誰かに迷惑がかかると言ったことは当たり前です。 私は楽しいことをすることは何も悪いと言っていませんが 最近の動画を観て思ったのは ものすごく反吐が出ます。

「 アカウントが停止になりました」
「 アカウント停止おめでとうございます」

このような動画を稀に観ますが、 だからなんだよっていう風に 思ってしまいますね。 本当に品性の悪いユーチューバーが出てきたということは確かですし私もこのようなことを言われると 名誉毀損で訴えてやろうかっていう風に思います。 自分は楽しく YouTube を動画投稿しているはずなのに 味噌糞扱いされるというのはいかがなものかという風に感じてしまいます。 ただ私はそれほど有名ではないのでコツコツとやっていきますがこのような動画を投稿しているといかにも楽しくないなっていうことが分かってきます。

 

ユーチューバーが仕事であれば最低限の常識を守れ

 

 

ユーチューバーが仕事ですという人間が異常に多い中で最低限の常識を守れというのが当たり前な事なのに守っていない人間が非常に多いではないですか。 これってどういうことでしょうか。 私から見ればユーチューバーというのが仕事よりも 人を罵るための場所にしか思えないのです。 こういう人間がいるからこそ YouTube 側も規制をかけてきたりするのではないかと思いますがこういった場所にしないためにはどのようにすればいいのかといえば 一番手っ取り早いのはこのような人間を排除するというのが一番いいでしょう。

これは仕事というよりも嫌がらせという方が正しいっていう言い方が普通の人間から見ればわかります。 仕事ならば最低限のルールを守るまたは常識を守るというのが当たり前の話です。 アカウント停止をされたことをいちいち動画にする人間もいますがそんなものは誰が見たって関係ないことです。 こういうことを自業自得って言うんですけども私自身から見ればそれがどうしたっていう風にしか答えられません。 ですのでこのような品性の悪い動画に出会った場合は無視をすることが一番いいのではないかと思います。

 

観たくないチャンネルは即刻解除を

 

 

あなたが視聴したくないチャンネルは即刻解除することが一番大事でしょう。 私も視聴したくないチャンネルというのはたくさんありますし正直その人と考え方は全く違いますが本当にそんな観たくないようなチャンネルをいつまでも覚えておくというのは鬱陶しいですね。
だからこそそのようなチャンネルに関しては即刻解除することが一番大事ではないかと私は思っています。

チャンネルを解除すること自体はその人の自由なので私自身は気に食わないチャンネルがひとつでもあればさっさと解除します。 そんなものを見たところで不愉快になるのは自分だけなのでやはり気に入ったチャンネルだけを観ることにしています。 ですからあなた自身が何を考えなければいけないのかといえば そのチャンネルから得られることを しっかりと自分に落とし込むということが大事ですし 観たくもないチャンネルをずっとにいるということは絶対に避けた方がいいと思います。

 

まとめ

 

 

YouTubeは本来楽しめる場所でないといけないはずなのに楽しくない場所になっては行けないのです。YouTuberはくだらない動画のオンパレードになってはいけません。私は日々そうおもいますが、個人的にはどこか 本当に YouTube という場所がもっと健全化してほしいということは誰でもいうことです。 まともな動画投稿サイトになるためには 誰もが楽しく ユーチューバーで収益化をできるようにしてほしいということはもちろんのこと アホなユーチューバーが少しでも入ってくれることが私の願いです。

YouTube の収益化 が厳しい昨今ですがそれでも頑張って ユーチューバーになるという道をあきらめないというのは私は別にいいのではないかと思います