YouTube

パチンコ動画は著作権の公衆送信権の侵害にあたる

更新日

geralt / Pixabay

 

YouTubeでパチンコ動画を私はよく観ますがあれきちんと店側の許可取った
のかということを考えますが無断でやれば犯罪行為です。なぜならばそれは
著作権法の公衆送信権の侵害です。

これは知的財産に詳しい弁護士などが指摘すると思いますがYouTubeは著作権
侵害をしていると思われる動画はもはや削除していっているようです。特に私
はパチンコなどは行きませんが店を撮影するというのはあまり好きではありま
せん。

パチンコ台にはそれぞれの版権がある。

 

パチンコ店にはどれぐらいの芸能人の台があるのかは知りませんがパチンコ
チェーンは莫大なライセンス料を払っているのです。当然ながらこれらは
警察だってしっています。例えば美空ひばりのパチンコ台ならば最終的には
著作権を持っているのはひばりプロダクションなのです。

こういうふうにパチンコ店は莫大なライセンス料を払っているのですから
当然ながら芸能人がパチンコ台になるのはライセンス料で飯が食えるからで
しょう。

しかしこれをユーチューバーがやる行為は逆に言えばライセンス契約をした
人間から言えば死活問題です。勿論パチンコ店は黙っていたらいいかもしれ
ないですがそんなわけには行きません。

 

パチンコ店の規制とYouTuberの風当たり

 

いまパチンコ店は非常にあれやこれやで規制が厳しくなっています。かつては
30兆円産業と言われた今は半分ぐらいまで下がりました。あのマルハンぐらい
か残っていないでしょう。

YouTuberとのトラブルを嫌うパチンコ店も増えてきています。先程書いたように
権利をしているのであればその責任はやった本人に返ってきます。ですが勿論
パチンコ店も規制はどんどん強化されるでしょう。

少し話はそれましたがパチンコ動画を作るのはあまりおすすめしません。
著作権侵害の公衆送信権や他の侵害で訴えられると怖いので作らない事をおすす
めします。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

2 thoughts on “パチンコ動画は著作権の公衆送信権の侵害にあたる”

  1. パチンコ業界がそんな大変なことになってるなんて知りませんでした!
    昔は、ほんと儲かるビジネスとして挙げられてましたよね。
    Youtubeで使われてることも初めて知りましたが、たしかに打ち方とか撮る人が居てもおかしくないですよね。
    良い使われ方ばかりではないことは分かりますが、新しく便利なものには必ず問題点も出てくるもんですね。

    1. yukoさんコメントありがとうございます。

      厳密に言えば許可を取ったのならばいいのですがパチンコ動画はいろいろな問題
      があります。パチンコ台の版権など権利関係が複雑なのであとで問題になるのは
      当然です。あまりおすすめしません。ユーチューバーは今すぐやめるべきでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です