Pinterest

PinterestはSNSではなくディスカバリーエンジン

更新日

こんばんは植田雅俊です。

ピンタレストに関しては私のブログでも書いていますように最初の頃は SNS として紹介していましたが現在はピンタレストのことを過度検索エンジンと思っています。なぜそう思うのかといえば日本では検索エンジン対策としては Google を使っていますがアメリカなどではピンタレスト SEO というのがあります。早い話ピンタレストを使った検索エンジン対策といったところでしょうか。

つまりどういうことかといえばピンタレストを使って検索エンジン対策をやるということですが、日本では聞きなれない言葉にあなたも何を言ってんのかわからないかもしれません。私自身もピンタレストを使っていますが全世界で2億に使っていると言われるインタレストですか私はビジネスアカウントに移行しています。ではどのようにしてピンタレストの SEO 対策をしていくのかを話していきたいと思います。

 

ピンタレストビジネスアカウントに切り替える

 

ピンタレストビジネスアカウントに切り替えるということは商用利用ができますしアクセス解析もついてきます。 ベーシックアカウントではアクセス解析は付いてきませんし商用利用禁止とは書いてありますがピンタレスト側はそこまで文句は言いません。また検索エンジン対策としてもアメリカなどでは非常にピンタレストを使った検索エンジン対策は進んでいます。日本ではまだまだこのような検索エンジン対策をしているマニュアルもなければノウハウもありません。

私自身もどのようにすればいいのか手探り状態でやっていますが YouTube を観ているとピンタレストからのトラフィック生成というのは非常に多くなっているということが分かってきています。Pinterestはアイデアを集めるだけではなくトラフィック生成のためのツールでもあるのです。

 

アクセス解析が見られる

 

ビジネスアカウントに移行すればアクセス解析が気になりますがビジネスアカウントの移行は別に会社を持っていなくてもブロガーの人でもできます。私自身もビジネスアカウントを取得しているのでピンタレストでビジネスをやる場合はこのアカウントを持っていた方がいいのかもしれません。Instagram とピンタレストよく比較されますが、どちらも同じぐらいというわけではありません。

Instagram を最近動画共有サイトIGTVを発表しましたがなかなか使いにくいというのもあるかもしれませんね。逆にピンタレストは画像や動画もピンできるのでメリットはたくさんあります。また立地ピンなどを私はつけているのでリッチピンをつけるということはピンタレストにシェアした場合私の肘がピンタレストに反映されるということなので検索エンジンでインデックスされる可能性が非常に強いということです。

 

あなたの作った商品画像をアップロードする

 

ピンタレスト画像検索エンジンですので、あなたの作った電子書籍のカバーなどをアップロードするといいかもしれません。これ地震は私も色々とやろうと思っていますがその画像が他のピナーの方にピンされた時かなりトラフィック生成も上がるのではないかと思います。日本ではほとんどやられていないピンタレストの SEO 対策ですが私自身はまだまだ駆け出しの段階なのでどのようになるかは分かりません。

しかし Google や YouTube の SEO だけではどうしようもないので自分自身はいろいろな SEO 対策をやってみようと思っています。大切なことはチャレンジをすることです。チャレンジをして結果がどちらに走ろうとも私自身は頑張っていきたいと思っています。

 

基本的な使い方はアイデアを探す

 

ピンタレストのことに関してはこれまでお話ししてきたよ基本的な使い方としてはアイディアを探したりすることがピンタレストの主な使い方ですが、私は最近このピンタレストに関してはビジネスアカウントを取得したのでネットビジネスに関する情報や英語圏のマーケッターのブログを見たりして参考になるものはどんどんピンをしていくということにしています。ピンタレスト別の言い方をすればインターネットにある図書館といってもいいかもしれませんし博物館のようなところだと言ってもいいかもしれません。だからこそ英語圏のマーケットはどのようなブログを作りどのようなテンプレートを使っているのかなど色々とピンタですが中では見ることができます。

またデザイナーなどが自分のデザインを作る時のアイデアなどでも使えますのでそのピンタレストは非常に強力なツールになることは言うまでもありません。基本的な使い方はアイデアを探すという方法ですが他にも色々な使い方があります。

お気に入りに使う
旅行のアイディアなどを立てる
デザインするもののアイデアなど

様々な使い方ができるのかピンタレストの非常に良いところです。このピンタレストを活用しない手はないでしょう

 

まとめです

 

ピンタレストの使い方はいろいろありますが私自身は毎日いろいろなアイデアをしていて自分に役に立つ情報があるのであればピンタレストにピンした情報を元に様々なブログ記事やどのようなアイデアがあるかということを探したりします。ですから本当に楽しいことばかりがあるのはピンタレストです。新しい発見があるピンタレストは非常に楽しいです夢中になってしまいますね。

時間を忘れていつもはまってしまうというところがピンタレスト楽しいところではないでしょうか。日本でもっとピンタレストが適用すればその活用方法はどんどんと増えてきますので私自身は非常に楽しみだというふうに思っています。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です