電子書籍

電子書籍をするならアマゾンキンドルより楽天KWLです

更新日

StockSnap / Pixabay

 

電子書籍=アマゾンキンドルというイメージがありますが私は断然あなたには
楽天KWLをおすすめします。勿論アマゾンキンドルはそれなりにいいですが
国内だけならばアマゾンキンドルと楽天KWLを併用してもいいでしょう。

しかし私は電子書籍は別々に出すことをおすすめしています。それはKDPの
壁です。KDPとは簡単に言えばロイヤリティー70%になる代わりにキンドル
に独占販売権を渡さないといけないということです。つまり他店舗展開ができ
ないデメリットがあるのです。

 

楽天KWLをおすすめする理由

 

楽天KWLは日本のアカウントで税金面でもかなりらくですが審査は厳しいです。
この私でさえ一度落ちてしまうので修正をして再提出してします。つまりは品性
の悪い電子書籍は置かないよということです。私は楽天KWLは売れないかどうか
はその人の電子書籍の内容ではないかなと思います。

たしかにアマゾンキンドルはグローバル企業ですし多くの人はキンドルからはじめ
ましょうというのはいいですが逆の方向から攻めればブルーオーシャンです。つまり
だれもいない所で稼げる可能性は高いのです。

 

楽天KWLの電子書籍には一切リンクが貼れない

 

アマゾンキンドルはリンクが貼る事ができますが楽天KWLはリンクを貼ることができ
ません。これが痛い所ですが手直しで何度も返ってくるのは楽天KWLとアマゾンキンドル
は別物だということを知らないからです。私は何度もいいますがやはり楽天KWLのほうが
だせば売れるかもしれないですしキンドルと楽天KWLの電子書籍は分けて考えるべきでは
ないかなと思います。

この考え方は多くの人はやっていません。勿論楽天KWLに出していますが放置している
でしょう。しかしアマゾンキンドルはハードルは高いとはいえやはり審査は甘いです
内容次第ですが楽天KWLの方がやはり厳しいです。

 

プロモーション活動をしっかりすれば売れる

 

楽天で稼ぐためにはあなたがしっかりとしたプロモーションをやれば売れるのは
間違いないでしょう。ですので私自身はしっかりと楽天アフィリエイトをする
ことでしっかりと稼げるのは間違いありません。楽天KWLから今後電子書籍を出したい
という人はぜひ出してみてはいかがでしょうか。当方も動画やブログなので情報発信を
しますのでぜひアクセスしてください。

 

情報商材のレビューは下記ブログへどうぞ

Masatoshi Factory

https://lifework.tokyo 

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です