情報商材のレビューに騙されるな

 

最近情報商材のレビューというものに関して色々思うのですが、情報商材のレビューに騙され
る人が結構多いので今回この動画を作りましたが、情報商材のレビューをまともにしているア
フィリエイターはなかなかいません。仮にいたとしても報酬目的の人間が大抵ではないかと思
いますがそう言った人間に自分の情報商材をレビューしてもらうということはどこかおかしな
話だと思いますね。

アフィリエイトで基本大事なことは信用関係ではないですか。しかしアフィリエイターは自分
たちの報酬を必ず言います。私はアフィリエイターとしても活躍していますがどちらかと言う
と情報販売に力を入れています。ですので個人的な意見と言うのであればアフィリエイトをや
るのは本当に大変かもしれませんがリセールライト商品を売っている以上はレビューをしっか
りしてほしいと思います。

 

 

レビューというのはどういう意味なのか

 

 

レビューとは文字通り見直すという意味の英語ではないでしょうか。しかし多くのアフィリエイ
ターが勘違いしているのはレビューと言うと読み直すということよりもどちらかといえば詐欺ま
がいなことだと言っている連中がほぼ多いですね。これではレビューと言うでしょうか。私は詐
欺商材を売っているような人間と罵るようなアフィリエイターでは絶対に自分の商品をアフィリ
エイトさせないというふうに決めています。

レビューをさせるということは自分の商品に対してしっかりとアフィリエイトをしてくれるとい
うことですから当然ながらインチキなレビューをしている奴がいるのであればブランドに傷つけ
るようなものだという風に考えるべきでしょう。ですからきちんとレビューをできる人間に対し
て自分の商品をアフィリエイトしてくれるのであれば問題はありませんが個人的な意見としては
このようなアホな奴にアフィリエイトをやってもらうのは良くないなという風に思っています。

 

 

騙されてはいけないタイプのレビュー

 

 

通常販売者のことをボロクソに書くようなレビューはありえません。なぜならばその人の情報
商材をレビューしているのはアフィリエイターですから当然ながらボロクソに書いた人から報酬
をもらうわけなのになぜかアフィリエイターは詐欺師だの何だのと言っていますね。このような
タイプのアフィリエイターは特に気をつけた方がいいです。

私自身は変なレビューはしませんが、販売者として最低限の責任を果たすということは常に心に
持っていますので当たり前ですけどもこのようなインチキなレビューをしている人間が空いたら
絶対にアフィリエイトはさせません。それはですねアフィリエイトさせるということは自分の商
品を他の人に任せて売るということですからもしとんでもないインチキが出たとしたら最終的に
責任をとらなければいけないのは販売者です。いい加減な販売者だと思わせられないようにす
るのにはアフィリエイターを選ばなければいけないということですね。

 

 

大切なことは何かと言うと自分でアフィリエイトをすること

 

大切なことはアフィリエイトを自分でするということです。 もちろん販売者が自分でやるとい
うことも大切ですか最終的にアフィリエイターに頼らないといけませんが、情報商材のレビュー
には騙されないことです。本当の意味を言うならばあなたは購入者ですからまともなレビュー
をしているアフィリエイターから購入することをお勧めします。今後私も購入者やアフィリエイ
ターをしっかりとサポートするシステムを作っていますので是非一緒に頑張りましょう

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です