電子書籍

アマゾンのレビュー低評価が消えない理由はアルゴリズムにある

更新日

 

おはようございます植田雅俊です。

Amazon の低評価レビューといえばやはり悪いイメージ以外はありませんがなぜ低評価レビューを Amazon 側に連絡しても消してくれないのでしょうか。最初の頃は電子書籍を出した私自身も低評価をめちゃくちゃつけられまくったので Amazon に削除要請を出しましたが3件ぐらいは削除されました。しかしほとんどの場合は削除されずにそのまま残っているというのでなぜかというふうに考えました。悪意のある誹謗中傷レビューというのが Amazon は非常に多くてたまったもんじゃありませんが個人的にはそういった人間ばかりが鬱憤ばらしになっているのかどうかわからないにしてもやられた人間はかなりダメージを受けたり売上に結構影響が出たと思いますがネットで検索しているとあることが言われていました。

「 Amazon が低評価レビューを削除しないのはアルゴリズムにあるのか」

などです。これはよく意味が分かりませんが正直言うと Amazon が広告費をかけないで Google の検索上位表示させるための言うならば低評価レビューをたくさんもらっても高評価をもらっても大して変わらないよという風なことでしょうか。逆に言うならば Amazon のアルゴリズムは正直気まぐれみたいなものです。

低評価も高評価もあまり気にしないでいい

 

先ほども話したように Amazon の低評価レビューや向評価レビューなど結局のところは Amazon の検索エンジン対策のようなものだったという風になればそれらは消してくれない理由というのがよくわかります。 Amazon が広告費をかけないで上位表示をしたくなるというような理由の一つがやはりレビューでしょう。そうなるとレビューが消えないのはおそらくこうような定期的なアルゴリズムによるものだと考えればなかなかレビューが消えてくれないということは言うまでもないという風に思います。

はっきりと言うならばどちらをつけられようとも結局のところ上位表示して商品が売れたのであればあまり高評価や低評価というのはある程度の影響するかもしれませんが私にとってはそれほど影響しないというふうに考えています。ですので過敏に気にしない方がいいというふうに考えた方がいいでしょう

 

低評価をつけられた方が逆に折れやすいという風に考える

 

なぜアマゾンで低評価がつくのでしょうか。私の場合を経験すると電子書籍を書いている人間から見れば同じ人間が同じように低評価をつけるこれはまあ一種の嫌がらせかもしれませんがその嫌がらせこそがアマゾンのアルゴリズムの変動で上位表示させてくれて結局のところは売上につながっているのではないかというふうに考えますがこういう風な現象があるということは結局のところレビューというのは何のためにあるのかというふうに考えますね。

アマゾンのレビューを削除しない理由の一つが広告費をかけないで SEO 対策をするという方法があるのであればこの方法は一番手っ取り早いといえば確かに手っ取り早いという風に考えればいいと思います。しかしこのやり方だとやはり私自身も納得できないことも多いので基本的にはきちんとした SEO 対策をやった方が良いのではないかというふうに考えています。

 

結論から言うと低評価も高評価も関係ないということ

 

結論から言えば低評価も高評価もあまり関係ないということですね。確かに付けられるとはあまりに気持ちはなりませんがそれであれば改善すればいいだけですので私自身はそんなに低評価高評価とこだわる必要はないと思います。人間の価値観だけで色々と振り回されるのはあまり好きではありませんし自分のペースでネットビジネスをやりたい人間なので結局のところはこういう振り回されるようなやり方というのはあまりおすすめしませんね。

アマゾンのアルゴリズムが絡んでいるという風に分かればどこか気が楽になります。全てが本当かどうかはわかりませんがそのような仕組みになっているのであれば結局のところは Amazon に削除依頼をしてもらったとしてもまれなことがない限りは削除しないでしょう。あまり期待しないでも検索エンジン経由で購入してくれる人がいればそれでいいのではないかと思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です