電子書籍

アマゾンのレビューに思うただの評論家気取りでは失敗するだけ

更新日

Javier-Rodriguez / Pixabay

 

私はよく Amazon のレビューで思うことが多いのですが、アマゾンのレビューで色々な
意見が聞けるというのは非常にありがたいことなんですが、なぜかデビューだけで満足し
てしまう人が非常に多いということも事実です。 Amazon Kindle を書いていると自分自身
の作品がどのようにレビューされたかというのを非常にしますが、私自身は色々なレビュ
ーを読む中で単なる評論家気取りのようなレビューというのが一番大嫌いです。

それはその人が全く稼げないのか電子書籍をかけないのか分かりませんが、内容云々かん
ぬんよりももはやその人を低評価に貶めること以外考えていないということで何の意味も
ないことばかり覚えている要するにお金を出して悪口を書くような人間がいました。こう
いった人は全く稼げず結局何をしたいのか分かりませんがはっきり言って営業妨害です

 

 

アマゾン側に通報した。

 

 

アマゾンのレビューが低評価がついたからといって何も落ち込むことはないんです。確かに
低評価がつけば改善を求められるということなのですがいくら改善したいのは低評価をつけ
たがる人間というのは悪意に満ちたレビューをただ単につけたがる人間ばかりです。悪意に
満ちたレビューとは何でしょうか。それはその人を貶めるためにどんなに改善したとしても
低評価ばかりをつける人間です。低評価ですよ本当に許せない気持ちがあると思います。

私はその人に対してのアマゾン側に通報しました。アマゾンがレビューを100%消してくれ
るかどうかはわかりません。しかし私の意見が一致を通ったのかレビューは消えましたが
また書いてくるといった悪質なことをやるこういったレビューをする人間を許してはいけま
せん。こういった人間は中身を読まずにあなたを叩くことばかりしかないのです。

 

 

一冊二冊では電子書籍は稼げない

 

 

私の体験上電子書籍というのは少なく見積もっても50冊以上は出さなければいけないとい
うことはこの5年間で色々と経験しました。しかし多くの人は完璧を求めすぎそして区何もか
けないというところが問題だったと思います。未完成でも出せないというのが非常に問題だ
ったと思いますしたとえ未完成だとしても電子書籍のいいところは何度でも改訂版が出せ
るというところがメリットではないでしょうか。それを知らないなんてまずありえないこ
とです。

1回出したからといってそれで終わりという考え方は紙の本の文化の考え方ではないかと
思います。私たちがやっているのは紙の本ではありません。電子書籍なのです。その電子
書籍に対して本当にろくでもないレビューをつけられたらたまったもんじゃないです。こ
の電子書籍大丈夫かっていう風に言われてしまうのも仕方がないでしょう。

 

 

現在進行系の努力

 

 

私は電子書籍をバンバン出していますが,完璧なものを出そうなんて思っていません。少し
ずつ少しずつ成長させればいいだけの話なので先ほども話したように未完成のまま出したと
しても少しずつ改訂版をつけさせていけばいいだけのことですから改正版が増えれば増える
ほど成功するのではないかと思います。一冊の電子書籍にかける時間をは2週間もあれば十分
です。私はそんなに完璧を求めていないので定期的に見直してメンテナンスをしていきます。

売れないという根拠はどこにもありませんし今までやってきた中でもきちんと結果を出して
いる電子書籍もあります。現在進行形できちんとした作業をして細い意味があるのではない
かと思います。完璧を求めすぎることはまずやめたほうがいいです。それで行き詰まってし
まうぐらいだったら未完成のままでもいいので電子書籍を出すそこから先をやればいいだけ
だと思います。評論家気取りの人間はそれができないので嫉妬ばかりしてるのでしょう。あ
なたはどう思いますか。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

4 thoughts on “アマゾンのレビューに思うただの評論家気取りでは失敗するだけ”

  1. ランキングから来ました。
    ばやしです。
    電子書籍を出す努力が、実る日が必ずくると思います。
    頑張ってください

    1. ばやしさん

      電子書籍出すって大変ですよ。 とにかく言えることはあなた自身も電子書籍を出してみては
      いかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です