社会問題

著作権問題あなたはどう思いますか

更新日

 

こんにちは植田雅俊です。

最近では著作権侵害が非常に問題になっていますが著作権侵害は権利の泥棒と言われていますがあなたはどう思いますか。特に YouTube とかでは権利の侵害と言われてもおかしくない著作権侵害が非常に多く違法動画のアップロードが取り締まれるとはいえ未だにこのような違法動画が放置している状態というのは尋常ではないという風に思います。かつて私が使っていたデイリーモーションでも同じようなことが言えるのではないかと思いますが 今の著作権侵害はもはや放置できないレベルにまで来ているということは確かですね。

こんな時あなたはどうするでしょうか。おそらく YouTube 側に通報するのは間違いありませんがしかしあなたが著作権を持っているものではない限り無理です。私もかつて著作権を侵害されたことがある人間として言えるのですが自分の動画が他人に転載されて収益化されたということもありました。それは偶然に他のユーチューバーに発覚されたということが衝撃でした。本当に馬鹿じゃねえのかっていう風に思ったぐらい通報してさっさと削除しましたが警察に言ったところでとんちんかんな回答ばかり返って来て未だに覚えています。

「日本の著作権侵害は警察に言っても無駄なのか」

無駄なんですよね実は日本の警察は親告罪ですから当然ながら権利を持った人間が何も言わないままだと放置されるようなこんなおかしな国ってないんですよ。だからこそ私は声をあげて自分の権利を持った動画のを親告罪したのになぜ何も言わなかったのでしょうか未だに不思議です。

 

著作権侵害は毎日起きている

 

どんなにあなたが著作権侵害を起こさないと言っても毎日起きているのが現実です。これは言うまでもなく悪質なユーチューバーによる著作権侵害というのはどこでどのように起きているのかわかりませんが一つだけ言えるのは故意的に起こしているのであればこれは犯罪レベルでしょう。もはやそう言ったユーチューバーが減ってくれることを私は願っていますし YouTube で不労所得なんて言っているアホもいるぐらいですからね。

どのようにすれば不労所得になるのかという以前にこのような著作権侵害の問題を解決してくれという風に私は言いたいです。しかし悪質な人間を放置している YouTube 側にもものすごく問題があります。色々事情があるとは思いますが YouTube 側は規制を厳しくしたとはいっても私の目から見ると大して規制を厳しいとは思いません。

 

コンテンツ ID システムの欠如

 

著作権侵害かどうかわからないですがこのコンテンツ ID システムというのは現在は人工知能でやっていると言われていますが完全に私はこれを信用していないです。私自身もコンテンツ ID システムで色々な動画が引っかかったことがありますが現在はそれはありません。しかし YouTube 側のこのコンテンツ ID システムが全く機能しないなんていうことになってしまうとデイリーモーションの二の舞になってしまうのではないでしょうか。

まさにデイリーモーションは二の舞どころか違法動画のデルタ地帯とっても言っておいてもいいでしょう。今日本ではこのような馬鹿みたいな動画をなんとかしなければいけないという動きはありますが漫画村のようにブロッキング機能を使うという問題は物議を醸しました。表現の自由の問題ですね。私は基本的にこのブロッキング機能が悪いというよりも表現の自由が侵害されてしまうという部分が問題ではないかと思いますがだからといって漫画村のようなところを許してはいけないというのもありです。しかし YouTube のようにコンテンツ ID の欠如というのはめちゃめちゃ問題じゃないでしょうかね

 

平気で違法動画をアップロードするクズ

 

平気で違法動画をアップロードするクズはどうしようもないですしどういう教育を受けてるんだっていうふうに私は思います。著作権法違反ということを知っておきながらこのようなばれないだろうと言っているような連中はユーチューバーの中にも本当に多いです。中にはユーチューバーで不労所得何て言っているどあほなやつもいますがまず無理です。 YouTube で不労所得が入れたいのであれば仕組みを作らなければいけないです。しかしその仕組みすら作っていない段階で YouTube に投稿した=所得が得られるこのような馬鹿な奴は本当にやめてくれと言いたいですね。

平気で違法動画をアップロードするくずは多いですがとにかくこのようなクズがどんどん増えすぎると YouTube も対応しきれないということがありサポーターも良くない言い方をしないでしょう。ですから大事なことは何かと言えばこのような違法動画を許してはいけないというような意識で戦わなければいけないということではないでしょうか。もう本当に最悪ですねこの YouTube というところは。

 

非親告化になるかどうか

 

現在のところ著作権侵害は親告罪ですので親告しない限りはまず無理でしょうし正直言うと 親告罪が成立しなければ著作権法違反として捜査されないということも事実です。つまり権利を持っている人間が何も言わなければ何をしてもいいというわけではなりません。ですから大事なことは何かと言えばまずは 著作権侵害しているユーチューバーを排除することが一番重要ではないかというふうに私は思うのです。

このようなユーチューバーがいる限り悪影響が出るのは必ず真面目なユーチューバーではないでしょうか。真面目なユーチューバーがこんな馬鹿を見るようなことになったらどうしますか。せっかく真面目にコツコツ頑張ってきたのにバカを見て誰が得をするんだっていうようなことになってしまえば私は基本的に今のユーチューバーが可哀想だなっていう風に思ってなりません。一刻も早く著作権侵害の動画を全て削除していただきたいと思いますね

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です