プライベートラベルライトライセンスの活用方法

プライベートラベルライトライセンスはリセールライトビジネスの中でもかなり難しいライセンスになりますがどのように活用するのかということはあまり書かれていません。プライベートラベルライトは販売元によっても違いますがおおまかに以下のようなことができます。

原盤を編集することが出来る
ブログやメルマガのコンテンツとして使える
著者として名乗る事ができる
別のプライベートラベルライトに書き換えることも出来る
アマゾンキンドルなどの電子書籍に足りない部分に補う事ができる(ここはあなたのオリジナル文章にしてください)

などいろいろなやり方がありますが原則著作権は名乗れません。しかし活用方法は色々模索すればあるものです。また譲渡禁止プライベートラベルと譲渡OKプライベートラベルとありますがこれは元の原版を渡してもいいのかどうかの問題なので大抵は譲渡禁止プライベートラベル多いでしょう。ですのでプライベートラベルライトの使い方は様々です。

ブログやメルマガのコンテンツとして使う

ブログやメルマガのコンテンツとして使うということが基本的に多いかも知れませんが、コンテンツの足りない部分を記事単位で補うというのは個人的にはいいのではないかなと思います。

電子書籍のコンテンツの一部として使う

これも先程話したようにあなたがアマゾンキンドルなどで電子書籍を作っているのであればあなたの完全オリジナルコンテンツに足りない部分を更にリライトしたものを足すというのがいいでしょう。そうすれば電子書籍の量産になりますし個人的にはいいかも知れません。

元の原盤を編集してPDFで自己利用限定で販売する

プライベートラベルライトの大半はライセンス証には元の原盤を加工してPDF化して自己利用限定で販売できるというふうに書いてありますのでこの方法もいいかも知れません。

別のプライベートラベルライトのコンテンツに付け足す

別のプライベートラベルライトにコンテンツを付け足す事もできます。Aというプライベートラベル商品のコンテンツにBというプライベートラベルライト商品を付け足すことは簡単です。この方法もおすすめです。

完全オリジナル商材にコンテンツを付け足す

あなたが1から作成した完全オリジナル商品についてそこに付け足すということが大事でしょう。それはそれでいいと思いますが、かなり私としてはオリジナル商品が出来上がると思います。

動画作成などにも使える

プライベートラベルライト商材をパワーポイントなどを使って要点を紹介するなどやっていけばかなりいいのではないかなと思います。文章を読んでもわからない人はこの方法がいいのではないかなと思います。