リセールライト商品のGDPR対策について

当サイトが扱っているリセールライト商品に関してはGDPR=ヨーロッパデータ保護規則の対象にはなりません。国内で販売しているので日本円で販売して、日本国内の情報商材ASP(インフォカート、サブライムストア)などで販売してますので特に対策は取る必要がありませんがあなたがWordPress等で紹介するときはWordPressでのGDPR対策はきちんと行ってください。これは現在義務化されていますのでしっかりと行いましょう。

どのような場合がGDPRの対象になるのか

基本的にショッピングサイトを構築してあなたがペイパルなどで支払いをした場合やその他のアマゾンペイやGoogleペイなどを行った場合などは対象になります。簡単に言えば国際決済代行を使わないで日本国内の決済を使えばいいのです。もちろん銀行振込がいいですが日本国内の情報商材ASPを経由しない場合は対象になります。

逆に対象になるケースはイーベイなどを使ったり、ペイオニアなどを使ったりする場合です。これはGDPRの対象になりますので注意しましょう。ここでは断言できない部分があるので専門家に相談されることをおすすめします。少なくとも当リセールライトは日本国内でしか販売されていませんのでGDPR対策はブログだけで十分だと思います。