YouTube

YouTube利用規約4条H項対策

更新日

 

こんばんは植田雅俊です。

YouTube アカウント停止が多い理由の一つとして考えられるのか利用規約4条 H 項です。動画に作りましたがどのようなルール違反なのかということを簡単に書くと以下の通りです

1 スパム投稿
2 リスト取りをした
3 予約投稿の感覚が短い

仮にこれらのことをやってしまうと YouTube のアカウント停止をやってしまう可能性もあるので気をつけていただきたいと思います。

 

 

突然やってくるアカウント停止予告

 

 

YouTube のアカウント停止はネトウヨのアカウント停止ではなくこの YouTube の利用規約違反になってしまった場合考えられるケースとしては利用規約4条 H 項が一番考えられると思います。これは先ほども話したようにスパム行為をやっているということだけではありませんがどのように YouTube 側が判断するのかというのも難しいところです。

もちろん色々な方法でスパムと判定されるケースがありますが私自身はこのような経験はまだありませんので何とも言えないですが、対策を講じる方法はあります。

 

 

たくさんの投稿は避ける

 

 

多くのユーチューバーはこのようなたくさんの投稿をしているパターンがありますがこれらは確実に引っかかるケースがあります。私自身も一時期スパム投稿をやってた時期がありましたがやはり YouTube 側に見つかってしまい、それからは投稿間隔をよく考えてやっています。しかしたくさんの投稿をやるということは本当の意味で個人的な意見としてはあまり好きではないです。

たくさんの投稿をするのはもちろん大事かもしれませんが、コンテンツある YouTube を作るということを心がけましょう。中身のないような動画をいくら作ったところで誰も観てくれませんし逆に言うならは迷惑と言うが迷惑ですね。

 

 

リスト取りはやめる。

 

 

YouTube の利用規約4条 H 項によればリスト取りのようなこともやめるべきだという風に解釈できます。遠回しに書いてあるんですが要するに YouTube 上でリスト取りのようなことはやめたほうが私はいいと思います。これらは今後厳しくなるでしょう。GDPRが施行されてから5日が経過しますがYouTube の利用規約を大きく変えてくるのは間違いないです。

しかしこれをチャンスととるかピンチと取るかはあなた次第です。私はチャンスと取る方にかけますね。やはりピンチはチャンスと言いますから リスト取り以外にも活用シーンというのは他にもあると思います。

 

 

一発アカウント停止はあるのか

 

 

基本的にはあると思います。一発アカウント停止というのはやはりあくどいやり方をやっていれば当然のことながら YouTube から警告はあると思いますがそれを無視すればアカウント停止もやむを得ないことでしょう。しかし最近のユーチューバーは本当にアカウント停止になったとしてもまたアカウントを作りたくなるぐらいジャンキーなんですね。本当に恐ろしいものですよ

とにかくはっきり言えることは YouTube の利用規約4条 H 項に引っかからないことを心がけることです。これに引っかかってしまえばアカウント停止どころか重いペナルティを食らうだけなので是非あなたも注意していただきたいと思います。最近の YouTube は厳しいので続けたければルールを守ることが大事ですね

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です