その他

ルール原理主義そんなものはもはやない

更新日

 

(2018年10月20日更新)

こんばんは植田雅俊です。

世の中どんな世界でもルールがありますよね。ネットビジネスをやっている人ならば稼いだお金はきちんと納税をする、これは極めて当たり前の話ですが実はほとんどの企業というのはほとんどの場合が脱税をしているかタックスヘイブンをやっている可能性というのは十分にあります。どんな世界でもルールがあるとはいえこのようなルール違反を犯す奴に対してはきちんとした罰則規定というのはあって当然ですか日本は甘すぎます。

なぜでしょうか。ルールを作るのも人間裁くのも人間だからです。つまりルールというのは裁く側が甘ければ甘いルールを作ってしまうということになってしまいますので結局のところはろくなことはありません。ネットビジネスで稼いだお金をきちんと納税をするというのは当たり前なんですがそれでも納税していない人が日本中にどれくらいいるか知りませんがこの国はきちんと納税をしなければいけないというのは誰でもご存知でしょう。

 

ルールは守らなければいけないが権力者は大抵守っていない

 

YouTube を例えてみましょう。 YouTube で最近は規制が厳しくなっていてルールを守っていない人間のアカウントは当然ですが停止されていますが YouTube はいち企業なので国家ではありません。つまり YouTube 側の裁量によって利用規約違反だと思われるものも実はセーフだったりアウトだったりというふうにするので必ずしも全てがアウトという風になるということではありません。

確かにルールは守らなければいけません。ルール原理主義というのは私は一部間違ってはいないですが諸刃の剣だと思っています。つまりルールを悪用すればいくらでもルールというのは改正できますしそしてそれを守れという風に言うこともできるのです。ですからルール原理主義というのは基本的に私は間違っていると思ってますし使い方を間違えれば当然ながら 権力者を擁護するようなことに使われる可能性だってあるのです。

 

ルールを悪用してはいけません

 

ルールというのは基本的に悪用してはいけないというのは誰だって知っています。しかし立場が逆になれば悪用する人間は必ず出てきます。人間は善と悪というものを持っていますから悪の心を持つ人間がいるならば必ずルールを恣意的に利用して悪いことに使おうとしていることは間違いないでしょう。しかしそのようなことをしたところで何のメリットもないということは言うまでもありません。

例えばあなたが低評価を付けられるということを考える時悪意のある低評価であればそれは本当に迷惑な話ですが私にとってはどうでもいいことですかルールを逆手にとってこのようなことをするのであればその人の人格というものはもはや腐っているとしか思えません。どんなに良い人間でも必ず腐っている部分というのはあります。この世の中ルールを完璧に守れる人なんているでしょうか。私はそんなことはまずないと思います。

 

YouTube だって腐ってるじゃないか

 

YouTube のトップコントリビューターごときがそんなことを言うべきではないというのは言うまでもありませんが私自身は基本的にルール原理主義というのは間違ってはいません。しかし今回 YouTube の問題点は Google プラスが個人情報を漏洩したということで閉鎖するというのはまさに隠蔽ではないですか。あれはどのように説明してくれるのか本当におかしな話です。あれがもしルール原理主義であれば確実にヨーロッパデータ保護規則違反になりますし当然消費者に対して納得いくような説明をしなければなりません。

しかしルール原理主義を主張するのであればこういうおかしなことを言うなという風に私はいます。当然ルールは守らなければいけないのは当たり前の話ですがどんな人間も腐っているのは言うまでもありませんし YouTube つまり Google だって Google プラスを閉鎖すると言った背景に50万人の個人情報が漏洩したということがあるということは YouTube も腐っているじゃないかっていう風に言われてもおかしくないです。

 

なぜルールを守らない人間を排除しないのか

 

ルール至上主義または原理主義と言うのであればルールを守らない人間は排除するべきでしょう。しかしルールを守らない人間に限ってなぜか YouTube に媚を売ってるような人間が非常に多いですし私はこのような人間が一番嫌いです。それは自分が不利益になったが何とかしてくれるだろうというような甘い考えを持っている人間はルール原理主義から逆算すればお菓子の話であり他のユーチューバーが例えばルール違反をすれば罵倒するくせに自分が罵倒される立場になれば守ってくださいというような人間が多いとなるとこれは困りますね。やはり私自身はこのようなことにはなりたくないので基本的にはルールを守る人間が YouTube などを使うほうがいいと思います。

今のユーチューバーは果たしてきちんとルールを守って使っているでしょうか。私はそう思っていませんし YouTube のあり方に関しても非常に疑問視している部分があるのでルール原理主義というのはいかに間違っているかという部分を指摘したいと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です